神鷹丸 第16次航海 東京海洋大学

09月08日(水)
09月07日(火)
09月06日(月)
09月05日(日)
09月04日(土)
09月03日(金)
09月02日(木)
09月01日(水)
08月31日(火)
08月28日(土)
08月27日(金)
08月26日(木)
08月25日(水)
08月24日(火)
08月22日(日)
08月21日(土)
08月20日(金)
08月19日(木)
08月18日(水)


[最新の10件]


神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)東京帰港報告(2021年9月8日)
昨日(9月8日)の13:09に浦安沖に投錨しました。
手入れのためデッキに置かれたオッターボード(トロール漁具構成一つで、網を広げるための大きな盾のようなもの)をクレーンで吊り、定位置に取り付けました。
実習生は、念願の修了試験を受けました。

本日(9月9日)08:35に浦安沖を抜錨し、東京西航路より入航後、10:02に月島F-4岸壁に帰港しました。

この航海で実習生は、トロール操業、関門海峡航路及び瀬戸内海の各海上交通安全法適用の航路の航法等を学ぶことができたと思います。
途中、数名の体調不良者がいましたが、大事に至らず、無事に東京に帰港することができました。
乗組員、実習生の協力と理解のおかげだと思います。
航海は本日で終了ですが、実習は9月15日の下船日まで行います。
2021年9月8日(水)

神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)正午位置報告(2021年9月7日)
昨日(9月6日)は遠州灘から駿河湾沖を航行し、今朝(9月7日)の早朝には伊豆大島の元町沖を通過しました。
現在は、東京湾の浦賀水道航路、中ノ瀬航路を経由して木更津沖を航行しています。

この後、13時過ぎに浦安沖に到着し、錨泊する予定です。

明日は、08:30に抜錨し、東京西航路を経由して、10時ごろに月島F-4岸壁に入港着岸する予定です。

針路:045° 速力:9.4kt
天候:曇り 風:NE/E - 6.5m/s 波高:0.3m
気温:24.1℃ 水温:23.4℃ 気圧:1016.8hPa
2021年9月7日(火)

神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)正午位置報告(2021年9月6日)
昨日はは尾鷲湾に錨泊し、船体整備作業等をしました。

本日(9月6日)10:07に尾鷲湾を抜錨し、現在、熊野灘を航行中です。
夜中に日本の南方を低気圧が通過したせいか、うねりが残っています。
海ごみ調査のための目視観測とニューストンネットによるサンプリングを開始しました。
うねりのため船速が出ていませんが、明日(9月7日)の午前に東京湾に入り、午後には浦安沖に投錨予定です。

正午位置:34-05.664N 136-26.798E(熊野灘尾鷲沖)
針路:080° 速力:8.8kt
天候:晴れ 風:E/S - 7.0m/s 波高:1.6m
気温:27.5℃ 水温:27.8℃ 気圧:1014.0hPa
2021年9月6日(月)

神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)正午位置報告(2021年9月5日)
昨夜は紀伊水道から、深夜に潮岬を通過しました。本日早朝には那智勝浦の沖を通過し、09:59に尾鷲湾に投錨しました。

午後から甲板機器のグリスアップ等の作業を行います。
実習も終盤に入り、課業も全て終え、2日後の修了試験にむけ船内がざわついてきました。

今夜は錨泊し、明日(9月6日)の10時に抜錨し東京湾を目指します。

正午位置:34-04.708N 136-13.9993E(尾鷲湾:錨泊中)
天候:曇り 風:ESE - 2.0m/s 波高:0.4m
気温:29.0℃ 水温:27.3℃ 気圧:1014.9hPa
2021年9月5日(日)

神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)大阪出港報告(2021年9月4日)
本日の午前中に、給水、ゴミの陸揚げと食料の積み込みを行い、13:53に天保山岸壁を出港しました。
現在は、大阪湾を南下し、尾鷲湾を目指しています。
尾鷲湾には明日(9月5日)の9時ごろに到着し錨泊する予定です。

大阪では1日だけの短い入港でしたが、乗組員、学生共に天保山界隈のみの上陸とし、外食禁止としました。
また、本学卒業生で海遊館の職員の方からたくさんの差し入れをいただきました。

9月4日(土)
13:53 天保山3号岸壁 出港

乗船者:実習生18名(男子15名、女子3名)
    乗組員21名
2021年9月4日(土)

神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)大阪入港報告(2021年9月3日)
昨日(9月2日)は明石海峡航路を通過し、14:05に大阪5区の指定錨地に投錨しました。

本日(9月3日)の09:22に抜錨し、大阪航路より港内に入り、10:03に天保山3号岸壁に入港着岸しました。
当港では明日(9月4日)の午前中に、給水、ゴミの陸揚げと食料の積み込みを予定しています。
また、当初の予定では9月6日出港予定でしたが、大阪府も緊急事態宣下で、さらに感染者も減少していないため予定を変更し、9月4日14時に出港します。
2021年9月3日(金)

神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)正午位置報告(2021年9月2日)
昨日(9月1日)の午後は備讃瀬戸南航路から備讃瀬戸東航路を経由して、16:19に小豆島の内海湾に投錨しました。
備讃瀬戸各航路ではコマセ網漁の漁船は皆無で、支障なく航行することができました。
また、実習生は水島航路との航路交差部等の見学をしました。

本日(9月2日)の07:05に内海湾を抜錨し、播磨灘から明石海峡航路を経由して大阪5区の錨地に向かっています。
明石海峡航路でも実習生は海図を見ながら航法等の確認をしました。

正午位置:34-37.059N 135-00.875E(明石海峡)
針路:085° 速力:10.0kt
天候:雨 風:NW - 4.0m/s 波高:1.4m
気温:25.5℃ 水温:26.3℃ 気圧:1007.1hPa
2021年9月2日(木)

神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)正午位置報告(2021年9月1日)
昨日(8月31日)の17:40に小部湾に投錨しました。

今朝の07:05に抜錨し、8時過ぎに来島海峡航路に入りました。
向かい潮1.6kt程度で西水道より通過しました。
本日は大型船は少なく、西水道には漁船がいましたが、通行に支障はありませんでした。
実習生はコンパスデッキで海図を広げながら一等航海士から説明を受け航法の確認をしました。

現在は備讃瀬戸南航路に入り丸亀市の沖を航行中です。
本日の16時過ぎには小豆島に到着し錨泊する予定です。
また、明日(9月2日)の7時に抜錨し大阪港外に向かう予定です。

正午位置:34-17.445N 133-36.297E(丸亀沖)
針路:059° 速力:8.9kt
天候:曇り 風:SW/S - 2.3m/s 波高:0.6m
気温:32.0℃ 水温:29.0℃ 気圧:1011.2hPa
2021年9月1日(水)

神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)正午位置報告(2021年8月31日)
別府港入港中は感染症対策、熱中症対策を行なった上での上陸でしたが、久しぶりの陸地で実習生もリフレッシュできたのではないでしょうか。
また、昨日は給水を、今朝はゴミの陸揚げを行い、本日08:53に別府港を出港しました。
出港時、隣の岸壁に着岸中の大成丸(海技教育機構)の皆様にお見送りしていただきました。

現在は佐多岬の北方の伊予灘を、来島海峡の手前の小部湾を目指して航行中です。
小部湾には本日18時ごろに到着し、錨泊する予定です。

なお、明日(9月1日)の7時に抜錨し、来島海峡航路、備讃瀬戸南と東航路を経由して小豆島に向かう予定です。

正午位置:33-31.701N 132-01.632E(伊予灘)
天候:晴れ 風:NE - 1.8m/s 波高:0.2m
気温:30.7℃ 水温:26.2℃ 気圧:1014.5hPa

乗船者:実習生18名(男子15名、女子3名)
    乗組員22名
2021年8月31日(火)

神鷹丸SY-21-08(乗船実習3)別府港入港報告(2021年8月28日)
昨日(8月27日)の夕方に国東半島から別府湾に入り、17:42に別府国際観光泊地に投錨しました。
代理店よりサワラの流し網漁に注意するよう連絡がありましたが、18時から操業開始のようで、開始前に到着でき特に問題はありませんでした。

今朝(8月28日)の09:35に抜錨し、10:02に別府港石垣第3 岸壁に入港着岸しました。

当港では、給水とゴミの陸揚げを予定しています。
出港は8月31日9時を予定しています。

8月27日(金)
17:42 別府国際観光泊地 投錨
8月28日(土)
09:36 別府国際観光泊地 抜錨
10:02 別府港石垣第3 岸壁 入港
2021年8月28日(土)

Page/ [1] [2]
copyright (c) 2005Umitaka