神鷹丸 第12次航海        

東京海洋大学  海洋生命科学部・海洋資源環境


03月13日(金)
03月12日(木)
03月07日(土)
03月06日(金)
03月05日(木)
03月04日(水)
03月03日(火)
03月02日(月)
03月01日(日)
02月29日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月08日(土)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月01日(土)
01月31日(金)


[最新の10件]


神鷹丸長期航海(乗船漁業実習検帽匈す堝以鷙陝[疣2年3月13日(金曜日)東京帰港 月島F5
3月12日午前中に浦安沖に到着し、錨泊して船内外の大掃除を行いました。
3月13日も船内の整理を行っています。

15時05分に浦安沖を抜錨し、東京西航路を通過して、16時37分東京豊海水産ふ頭(月島F5)に帰港・着岸しました。

本日学生は上陸となり、久々に東京の大地を踏みしめます。
なお乗船漁業実習犬蓮引き続き3月19日まで乗船によって、3か月間(12月乗船)の乗船実習期間が終了となり、下船となります。

東京を出港し、この時期の日本近海では一日おきの時化がつきものでしたが、瀬戸内海の航法や広島港港則法、関門海峡から東シナ海、奄美大島寄港から那覇港での海技試験、那覇からマグロ延縄操業を実施して、伊良湖水道航路や名古屋港則法や水揚げ、各寄港地での救助艇訓練や非常操舵操練、各航路での天文航法や地文航法、BRMの実施など8割以上の実習訓練が実施できました。

コロナウイルスの対応で卒業式は無くなりましたが、学生達18名全員が専攻科進学予定のため、また新年度から元気な姿を見ることができると思います。
学生達はこれより国家試験はもとより、就職活動のための書類や説明会参加など専攻科での授業と並行して忙しくなりますが、この航海で積み上げた経験や学んだことを糧に、大きく羽ばたいてもらえるものと期待しています。

長期航海の実施に当たり、大学関係及び寄港地でのいろいろな方々にご尽力いただきました。
無事航海が終えることができるのも皆様のおかげです。
乗組員一同感謝しております。

東京入港位置 
35-33.56N 139-52.56E 東京豊海水産ふ頭F5
停泊中 天候:晴れ
気温 11.6℃、水温13.2℃ 気圧1018.3hPa
風向:南東 風速:2.4m/s、有義波高:0.1m

航海日数45日、航走時間420時間、航走マイル数2892.2マイル、漂泊時間80時間19分、操業6回10日間
2020年3月13日(金)

copyright (c) 2005Umitaka