神鷹丸 第12次航海        

東京海洋大学  海洋生命科学部・海洋資源環境


03月13日(金)
03月12日(木)
03月07日(土)
03月06日(金)
03月05日(木)
03月04日(水)
03月03日(火)
03月02日(月)
03月01日(日)
02月29日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月08日(土)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月01日(土)
01月31日(金)


[最新の10件]


神鷹丸長期航海(乗船漁業実習検帽匈す堝以鷙陝[疣2年3月2日(月曜日)中西部太平洋 マグロはえ縄実習
3月1日は、揚縄作業を行い、ミズウオ・カラスエイのサンプル資料の他、ビンナガ・マカジキ・キハダが漁獲されました。

VHFでAIS情報をもとに、本船の延縄に接近する船舶に、注意と避航を呼びかけまていましたが、大型船通過によって、途中で縄が切断しました。
延縄両端に設置したGPSブイからの位置情報のおかげで、切れて見えなくなった縄を逆から回収することができ、損失は浮子1個で済みました。

昨日の内に漁場を北に移動し、3月2日5時からニューストンネット、5時30分から7時30分まで投縄(50鉢:15マイル)作業を行いました。
海況は、波高2m以下で風も弱く、順調に作業ができています。
天気は雨でしたが、午後には前線が通過し、晴れてくる予報です。
風が西から北風にかわることから、少し寒くなるかもしれません。
学生らの体調にも注意して実習を行います。

投縄作業後のCTD観測では、混合層はもっと深く210mまで水温・塩分の変化はありませんでした。

昨日の体長165cmのマカジキに学生達は大いに盛り上がり、作業の理解も深まり、大きな声で状況報告などの意思疎通ができるようになりました。

午後から一部漁労機器を整備しながら揚縄作業を行い、一連の作業がやっと慣れたところですが、今回の操業を終了します。
操業後は、漂泊して漁労機器整備作業を実施して午後から伊勢湾に向けて航走を開始します。
また機関長の講義の後、明日から学生達は体験的に機関当直実習に入直します。

正午位置 
30-19.28N 134-36.44E 
船速:1.4ノット 針路:350度 天候:晴れ
気温 19.9℃、水温20.2℃ 気圧1014.5hPa
風向:北、風速:8.1m/s、有義波高:1.5m
2020年3月2日(月)

copyright (c) 2005Umitaka