神鷹丸 第12次航海        

東京海洋大学  海洋生命科学部・海洋資源環境


03月13日(金)
03月12日(木)
03月07日(土)
03月06日(金)
03月05日(木)
03月04日(水)
03月03日(火)
03月02日(月)
03月01日(日)
02月29日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月08日(土)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月01日(土)
01月31日(金)


[最新の10件]


神鷹丸長期航海(乗船漁業実習検帽匈す堝以鷙陝[疣2年2月28日(金曜日)中西部太平洋 マグロはえ縄実習4回目
2月27日も12時30分から18時30分まで揚縄を実施し、釣果はカマスサワラ・カツオ各1本とビンナガマグロ2本でした。
連日、大量のミズウオとエイがデッキに上がっています。
エイは毒のある尻尾を切り取ってから、ヨシキリザメは必要部位での資料保存をしています。
波高2mのうねりによって本船はピッチング(縦揺れ)を繰り返し、おもて(船首)から波をあげての操業でしたが、全体的に手順が浸透し支障なく作業が実施できました。

2月28日は漁場を北に移動して4時からニューストンネット(今回”レプトケファルス”がたくさん入りました)を行ったあと、投縄(55鉢・660本の針)を4時40分から6時40分まで行い、延縄漁具を設置しました。
投縄後、水深1000mまでCTD観測及び採水を行った結果、昨日までより約1℃低い水温表層19.5℃、混合層の深さは190mでした。

午後から揚縄を行います。
天気は良いのですが、昨日のうねりが残っており、船は大きなローリング(横揺れ)を繰り返しています。

昨日も幹縄が大絡みしましたが、学生達は手際よく対応して最短で対応できました。
北上して北風が吹いているためか気温は6℃近く低く13℃となり、寒さを感じます。
那覇を出てから久々に学生たちには防寒して作業に出ています。

明日もマグロはえ縄実習及び漁場環境調査を行う予定です。

正午位置 
30-10.65N 134-06.17E 
船速:2.0ノット 針路:355度 天候:晴れ
気温 13.8℃、水温19.8℃ 気圧1024.3hPa
風向:北東、風速:5.0m/s、有義波高:2.5m
2020年2月28日(金)

copyright (c) 2005Umitaka