神鷹丸 第12次航海        

東京海洋大学  海洋生命科学部・海洋資源環境


03月13日(金)
03月12日(木)
03月07日(土)
03月06日(金)
03月05日(木)
03月04日(水)
03月03日(火)
03月02日(月)
03月01日(日)
02月29日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月08日(土)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月01日(土)
01月31日(金)


[最新の10件]


神鷹丸長期航海(乗船漁業実習検帽匈す堝以鷙陝[疣2年2月27日(木曜日)中西部太平洋
2月26日は、12時30分から18時30分まで揚縄を実施し、深度計の結果からも計画した水深に餌を設定できましたが、釣果はビンナガマグロ2本でした。

2月27日も、4時からニューストンネットを行い、5時30分から7時30分まで雨のぱらつく中、投縄(55鉢)で660本の針を設置しました。
投縄後はCTD観測を水深500mまで行い、水温・塩分での躍層の深さは130mでした。

午後から揚縄をおこないますが、北寄りの風が強く・うねりも大きくなってきたため、揚げるのにかなり時間がかかるかもしれません。
十分注意して操業実習を行いたいと思います。

学生達は、延縄操業の手順を理解し、漁具構成に合わせた対応ができつつあります。
マグロの漁獲は少ないですが、細かな注意事項を遵守して、縄の絡みなど針に気を付けるときなど声を掛け合ってチーム作業ができています。

昨日は、ヨシキリザメやミズウオ・カラスエイなど調査用の生物サンプルをデッキに揚げ、生殖腺・胃の内容物など規定の調査を行いました。

明日の漁場を移動し、マグロはえ縄実習及び漁場環境調査を行う予定です。

正午位置 
29-05.34N 134-07.67E 
船速:2.0ノット 針路:355度 天候:晴れ
気温 18.7℃、水温20.6℃ 気圧1020.4hPa
風向:北北西、風速:11.0m/s、有義波高:2.5m
2020年2月27日(木)

copyright (c) 2005Umitaka