神鷹丸 第12次航海        

東京海洋大学  海洋生命科学部・海洋資源環境


03月13日(金)
03月12日(木)
03月07日(土)
03月06日(金)
03月05日(木)
03月04日(水)
03月03日(火)
03月02日(月)
03月01日(日)
02月29日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月08日(土)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月01日(土)
01月31日(金)


[最新の10件]


神鷹丸長期航海(乗船漁業実習検帽匈す堝以鷙陝[疣2年2月24日(月曜日)西部太平洋 
2月23日天文航法、漂流物観測(目視・ニューストンネット)を行い、漁場に移動しました。

2月24日4時30分からニューストンネット観測を行い、3隻の漁船の進路を避けて、5時40分から7時45分まで海鳥の混獲防止ラインを設置後、マグロ延縄の投縄作業を行いました。

660本の針にイワシを付けて、総延長35000mの幹縄を約12マイルに設置しました。
投縄終了後のCTDによる海洋観測結果は昨年同様、水温・塩分の値が、約水深100mまでほとんど変化のない均一した混合水となっていました。

本日は、風も収まり天候に恵まれ、良い実習日和となっています。操業は午後から縄を揚げはじめ約5時間かけて縄の回収作業を行います。

今回は、水産庁からのサメ(ヨシキリザメやアオザメ)などの生物調査や疑似餌実験、漁具運動実験、試作漁具試験などを行います。

漁業情報(操業位置・漁獲物・漁具構成や数量)は、随時水産庁へ報告することになっています。

学生達は、水産庁指定の操業旗流(白赤白の横じま)を掲げ、眠い眼をこすりながら、4時30分から操業準備を行い、2時間かけて投縄を行いました。

作業後の朝食時は、みな食欲旺盛で元気な声が食堂に響いています。

初日としては投縄や枝縄・餌付けには不慣れで縄の絡みなどもありましたが、明日以降徐々に理解が深まり、仕掛けの状態が良くなるものと思っています。

引き続き、近海マグロ漁船(AISのある漁船)と朝5時から始まる操業前打合せを漁業無線で情報を確認し、注意しながら実習を行っています。

明日も黒潮の南側の漁場で操業を行う予定です。

正午位置 
29-19.96N 132-18.33E 
船速:0.6ノット 針路:304度 天候:晴れ
気温 18.7℃、水温21.3℃ 気圧1026.8hPa
風向:西北西、風速:2.0m/s、有義波高:1.2m
2020年2月24日(月)

copyright (c) 2005Umitaka