神鷹丸 第12次航海        

東京海洋大学  海洋生命科学部・海洋資源環境


03月13日(金)
03月12日(木)
03月07日(土)
03月06日(金)
03月05日(木)
03月04日(水)
03月03日(火)
03月02日(月)
03月01日(日)
02月29日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月08日(土)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月01日(土)
01月31日(金)


[最新の10件]


神鷹丸訓練航海(乗船漁業実習検帽匈す堝以鷙 令和2年2月3日 広島湾
 2月2日14時40分に来島海峡航路を通過して、16時40分に安芸灘の上蒲刈島南沖に錨泊しました。

 来島海峡は向かい潮流3.8ノットで四国寄りの西水道を通過しました。通常船の航路は右側航行ですが、来島海峡では潮流の南北の方向によって航路針路が逆になり、左側航行となります。

 全員で配置について、周囲の船舶状況や馬島・中渡島の地形や航路、小島―波止浜間でのフェリー往来、来島海峡海上交通センターへの通報内容を確認しました。学生達は航海士としての体験を積めたと思います。

 安芸灘錨泊中は潮流変化が大きく、船はぐるっと2周回りましたが、錨泊自体には影響はありませんでした。

 2月3日9時12分に抜錨して広島湾に入り、宮島を左舷に見ながら、広島湾広島港第2区に錨泊する予定です。天候は曇り、わずかな太陽の光に水面はキラキラとしているものの、モヤで折角の瀬戸内海の島々をはっきり見ることはできません。気温は10℃を越えてますが、風強く肌寒く感じます。

 学生達は、航海当直を実施しながら、寒さに負けず延縄漁具(枝縄目標700本:現在150本)づくりを行っています。
 
 明日は、広島港2区を抜錨し、9時に広島宇品港外貿埠頭1号岸壁に右舷着岸する予定です。


正午位置 
34-11.60N 132-20.50E 広島湾
船速:359ノット 針路:8.5ノット 天候:晴れ
気温 9.4℃、水温13.2℃ 気圧1023.1hPa
風向:北西、風速:3.3m/s、有義波高:0.3m
2020年2月3日(月)

copyright (c) 2005Umitaka