1月30日(木)

正午位置:63°20.3′S、116°00.4′E(南極洋インド洋区)
天気:曇り、 風:N、1.7m/s、 気温:4.6℃、 水温:3.3℃
RMT海洋観測中


Sea WIFS衛星画像の解析によると、予定のB観測線(110°E)南部は本船の能力では入れないことが判明しました。
急遽観測線を氷の開けた132°Eに変更しました。現在針路100度方向に航走しながら観測を続けております。
周りには氷山、フロー等が沢山ありますので、安全のためやや暗くなる2〜3時間は観測時間に当てております。
いろいろ小さなトラブルは多いですが、解決しながら調査活動を行っています。

海鷹丸船長:小池義夫


1/30 正午位置
航跡図