青鷹丸セイヨウ航海実施表コウカイジッシヒョウ
11ガツ定期テイキコウカイ航海コウカイ
平成ヘイセイ19ネン11ガツ25ニチ〜12ガツニチ
港 名ミナトメイ 浬 数カイリスウ 累 計ルイケイ 着月日時チャクゲツニチジ 発月日時ハツゲツニチジ 備 考ビコウ
東 京トウキョウ       11ガツ25ニチ(ニチ) 東京湾トウキョウワン北部ホクブ5テン観測カンソク
海洋大カイヨウダイ科学部カガクブ繋船場ケイセンジョウ 32.6   09:00
横須賀ヨコスカ4 32.6 11ガツ25ニチ(ニチ) 11ガツ26ニチ(ゲツ) 東京湾トウキョウワンクチ7テン観測カンソク   
錨 泊ビョウハク 32.1 14:40 06:40
三 崎ミサキ 64.7 11ガツ26ニチ(ゲツ) 11ガツ27ニチ() 相模湾サガミワンS4,S3観測カンソク     
花暮出漁岸壁ミサキ 38.3 14:10 07:15
三 崎ミサキ 103.0 11ガツ27ニチ() 11ガツ28ニチ(スイ) 相模湾サガミワンS3      IONESSエイモウアミ2カイ  
花暮出漁岸壁ミサキ 43.4 16:50 07:15
三 崎ミサキ 146.4 11ガツ28ニチ(スイ) 11ガツ29ニチ(モク) St.相模川サガミガワシマ
花暮出漁岸壁ミサキ 31.6 15:55 08:25
三 崎ミサキ 178.0 11ガツ29ニチ(モク) 11ガツ30ニチ(キン) 大島オオシマ東水道ヒガシスイドウ係留系ケイリュウケイ2ケイ回収カイシュウ 三崎ミサキ西方セイホウ係留系ケイリュウケイセッチ回収カイシュウ
花暮出漁岸壁ミサキ 75.2 14:05 06:45
横須賀ヨコスカ4 253.2 11ガツ30ニチ(キン) 12ガツ  1ニチ()  
錨 泊ビョウハク 24.8 17:10 07:15
東 京トウキョウ 278.0 12ガツ  1ニチ()    
海洋大カイヨウダイ科学部カガクブ繋船場ケイセンジョウ   10:00  
  乗船者ジョウセンシャ        
田中タナカ 祐志ユウジ (ジュン教授キョウジュ) 浮遊フユウ生物セイブツ
根本ネモト 雅生マサオ (ジュン教授キョウジュ) 漁業ギョギョウ情報ジョウホウ
茂木モテギ 正人マサト (ジョキョウ) 魚類ギョルイ
堀本ホリモト  (ジョキョウ) 生物セイブツ海洋カイヨウ
川村カワムラ 有二ユウジ (ジョキョウ) 海洋カイヨウ物理ブツリ
Subir Mandal (PD) 浮遊フユウ生物セイブツ
江本エモト 温子アツコ (D3) 浮遊フユウ生物セイブツ
松本マツモト 裕子ユウコ (D3) 浮遊フユウ生物セイブツ
ホカ学生ガクセイのべ 51メイ
(写真シャシン1)
11ガツ30ニチ 東京トウキョウ湾口ワンコウにて                                    係留系ケイリュウケイ(全長ゼンチョウヤク410m)回収カイシュウ作業サギョウ様子ヨウス 写真シャシンは、ロープにつけられたブイ(き)の回収カイシュウ。このホカ流速リュウソクケイや、圧力アツリョク水温スイオン電気デンキ伝導デンドウなどのセンサーと、回収カイシュウ必要ヒツヨウになるハナ装置ソウチけられています。この係留ケイリュウケイ水深スイシン1000mに数ヶ月スウカゲツ設置セッチされていました。このは、荒天コウテンナカ環境カンキョウシステム科学カガク研究室ケンキュウシツによって設置セッチされたケイ3つの係留ケイリュウケイ回収カイシュウ作業サギョウ実施ジッシし、スベての回収カイシュウ成功セイコウしました。
11ガツ25ニチ 八景島ハッケイジマオキにてビョウハク
今後コンゴ、このビョウにて停泊テイハクするコト予想ヨソウされるため
本船ホンセン交通コウツウテイにより調査員の乗り降り等に使える
ミナトがあるか偵察テイサツへ。
(写真シャシン2)
11ガツ27ニチ相模サガミワンにて
KITTY HAWKとすれチガ
(写真シャシン3)