海鷹丸 第53次航海        東京海洋大学 海洋科学部

02月19日(月)
02月18日(日)
02月17日(土)
02月16日(金)
02月15日(木)
02月14日(水)
02月13日(火)
02月12日(月)
02月11日(日)
02月10日(土)
02月09日(金)
02月08日(木)
02月07日(水)
02月06日(火)
02月05日(月)
02月04日(日)
02月03日(土)
02月02日(金)
02月01日(木)
01月31日(水)
01月30日(火)
01月29日(月)
01月28日(日)
01月27日(土)
01月22日(月)
01月21日(日)
01月20日(土)
01月19日(金)
01月18日(木)
01月17日(水)


[最新の10件]


海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 1月17日(水)
正午位置:59゜41.07´S 125゜20.74´E (南大洋)
 
天候:曇り    風:NW 11.5 m/sec
 波高:3.2 m  気温:2.8℃ 水温:3.4℃
 針路:039°  速力: 14.0Kt
 船内時間:UTC+08h30m(日本時間−00h30m)


本日もCPR(連続プランクトン採集器)を曳航しながら北上を続けています。

また、ニューストンネットの曳網と目視観測による漂流ごみ調査も実施しています。 

連続観測が終わり変則だった当直体制も通常に戻って船内もだいぶ落ち着いて来たところです。

昨晩まで多数存在した氷山や氷は徐々に少なくなり、現在、全く周囲に見かけなくなりました。
やっと氷の世界から抜け出せたようです。

また昨日まで、たくさん見ることが出来た鯨や海鳥は、今日は姿を消しています。

今朝、船内時計を30分進めました。
ホバートまでの時間差が+3時間あるため、今日から毎日、船内時間を進めて行くことになります。

2018年1月17日(水)

copyright (c) 2005Umitaka