海鷹丸 第53次航海        東京海洋大学 海洋科学部

01月19日(金)
01月18日(木)
01月17日(水)
01月16日(火)
01月15日(月)
01月14日(日)
01月13日(土)
01月12日(金)
01月11日(木)
01月10日(水)
01月09日(火)
01月08日(月)
01月07日(日)
01月06日(土)
01月05日(金)
01月04日(木)
01月03日(水)
01月02日(火)
01月01日(月)
12月31日(日)
12月26日(火)
12月25日(月)
12月24日(日)
12月23日(土)
12月22日(金)
12月21日(木)
12月20日(水)
12月19日(火)
12月18日(月)
12月17日(日)


[最新の10件]


海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月20日(水)
正午位置:20゜22.66´S 100゜16.22´E(インド洋)

 天候:晴れ  風:SSE 6.9 m/sec 、
 波高:2.2 m 気温:22.9℃ 水温:23.7℃
 針路:Var. 速力:Var. (システム操船中) 
船内時間:UTC+07h00m(日本時間−02h00m)


昨日、午後には天気が回復し学生の餅つき大会は無事に行われ、デッキに学生たちの元気な掛け声が響き渡りました。

インド洋でのイベントはこれで終了となります。

本日はインド洋の水深5000m以深の地点でシステム操船(定点維持操船)に切り替え、CTD観測ウインチのアーマードケーブルの撚り取りを実施しています。

この作業はケーブルの先端に錘を付け5000m以上を海中へ繰り出し、撚りを取ることにより南大洋調査の主力となるCTD観測をより安全かつ確実にするため行っています。

終了後は再び航走を開始し、漂流物調査を行いながらオーストラリア西岸へ向かう予定です。うねりは昨日より小さくなり、航行がだいぶ楽になりました。
2017年12月20日(水)

copyright (c) 2005Umitaka