海鷹丸 第53次航海        東京海洋大学 海洋科学部

01月18日(木)
01月17日(水)
01月16日(火)
01月15日(月)
01月14日(日)
01月13日(土)
01月12日(金)
01月11日(木)
01月10日(水)
01月09日(火)
01月08日(月)
01月07日(日)
01月06日(土)
01月05日(金)
01月04日(木)
01月03日(水)
01月02日(火)
01月01日(月)
12月31日(日)
12月26日(火)
12月25日(月)
12月24日(日)
12月23日(土)
12月22日(金)
12月21日(木)
12月20日(水)
12月19日(火)
12月18日(月)
12月17日(日)
12月16日(土)


[最新の10件]


海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月25日(月)
正午位置: 30゜29.76´S 113゜38.09´E(インド洋)

 天候:晴れ  風:SSW 9.0 m/sec
 波高:3.2 m 気温:21.3℃ 水温:22.8℃
 針路:130° 速力:11.2 Kt
船内時間:UTC+08h00m(日本時間−01h00m)


次の寄港地フリーマントルが近づいてきました。学生は午前から入港前の、大掃除を行っています。

明日は久し振りの入港ということで学生達は皆、大変楽しみにしているようです。

うねりは相変わらず大きいですが、昨晩から風向きが変わり風速も弱まったため、航行がだいぶ楽になりました。

今後は明朝の9時パイロットステーション到着を目指し時間調整を行いながら、オーストラリア西岸沖合を航行する予定です。

今朝、船内時計を30分進め、フリーマントル(西オーストラリア州)の時間に合わせました。日本から1時間遅れとなります。
2017年12月25日(月)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月24日(日)
正午位置:27゜53.47´S 110゜04.81´E(インド洋)

 天候:晴れ  風:SSE 12.0 m/sec
 波高:4.2 m 気温:20.8℃ 水温:22.7℃
 針路:130° 速力:8.8 Kt
船内時間:UTC+07h30m(日本時間-01h30m)

本日午前中にオーストラリアのEEZ(200海里・排他的経済水域)に入りました。

漂流ごみ調査の方は目視観測のみ行いニューストンネットの曳網はEEZの中ですので暫くお休みです。

天気は良いのですが海上はうねりが大きくなりピッチングを繰り返しながらオーストラリア西岸へ向かっています。

しばしば波が船首を叩くようになりましたが、学生は皆元気です。
今朝、船内時計を30分進めました。 

次の寄港地フリーマントルまではあと+30分の時間改正が残っています。

2017年12月24日(日)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月23日(土)
正午位置: 23゜22.48´S 104゜04.49´E(インド洋)

 天候:晴れ  風:SE 8.3 m/sec
 波高:2.5 m 気温:22.2℃ 水温:23.4℃
 針路:130° 速力:10.5 Kt
船内時間:UTC+07h00m(日本時間-02h00m)


今日もインド洋は穏やかで、針路をオーストラリアのフリーマントルへ向け順調に航行中です。

現在、南回帰線の近くにおり、冬至の今日、太陽はこの場所の真上(高度90度)を通過します。

そして明日からは正中時の太陽は南ではなく北に見えるようになります。
また今日は日本では昼が一番短い日なのですが、南半球のこちらは逆に一番長い日で、日本からの遠さを実感します。

昨日から今航海2度目の安全点検を実施しています。 
火災警報などのアラームテストや非常用消防ポンプ、非常用発電機、水密扉や防火ダンパーの開閉テストなど緊急時にすぐ対応できるよう、学生の実習も兼ねて2日間の日程で点検しています。

南方からのうねりがあり船体はピッチングを繰り返していますが、学生は船酔いもなく元気で実習に取り組んでいます。
2017年12月23日(土)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月22日(金)
正午位置:23゜22.48´S 104゜04.49´E(インド洋)

 天候:晴れ   風: SE 8.3 m/sec
 波高:2.5 m  気温:22.2℃、水温:23.4℃
 針路:130° 速力:10.5 Kt
船内時間:UTC+07h00m(日本時間-02h00m)


今日もインド洋は穏やかで、針路をオーストラリアのフリーマントルへ向け順調に航行中です。

現在、南回帰線の近くにおり、冬至の今日、太陽はこの場所の真上(高度90度)を通過します。そして明日からは正中時の太陽は南ではなく北に見えるようになります。また今日は日本では昼が一番短い日なのですが、南半球のこちらは逆に一番長い日で、日本からの遠さを実感します。

昨日から今航海2度目の安全点検を実施しています。 
火災警報などのアラームテストや非常用消防ポンプ、非常用発電機、水密扉や防火ダンパーの開閉テストなど緊急時にすぐ対応できるよう、学生の実習も兼ねて2日間の日程で点検しています。

南方からのうねりがあり船体はピッチングを繰り返していますが、学生は船酔いもなく元気で実習に取り組んでいます。
2017年12月22日(金)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月21日(木)
正午位置:22゜28.50´S 102゜54.90´E(インド洋)

 天候:曇り   風:S 7.1 m/sec
 波高:3.0 m  気温:21.9℃ 水温:23.7℃
 針路:130°  速力:10.6 Kt
船内時間:UTC+07h00m(日本時間−02h00m)


本日も漂流物調査を行いながら、穏やかなインド洋をオーストラリアのフリーマントルへ向け航行しています。

毎日南下を続けながら天測実習を行っていますが、今日の船の位置は緯度が太陽の赤緯と近いため、太陽は昼頃に本船の真上(太陽高度90°)近くを通過するので、六分儀で正中時の太陽高度を測るのが非常に難しい場所です。

学生にとっては少々厳しい天測実習になりますが、これも良い経験になるはずです。

残念ながら今日は雲が多く天測が大変ですが、学生は懸命に六分儀で太陽を追っています。
2017年12月21日(木)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月20日(水)
正午位置:20゜22.66´S 100゜16.22´E(インド洋)

 天候:晴れ  風:SSE 6.9 m/sec 、
 波高:2.2 m 気温:22.9℃ 水温:23.7℃
 針路:Var. 速力:Var. (システム操船中) 
船内時間:UTC+07h00m(日本時間−02h00m)


昨日、午後には天気が回復し学生の餅つき大会は無事に行われ、デッキに学生たちの元気な掛け声が響き渡りました。

インド洋でのイベントはこれで終了となります。

本日はインド洋の水深5000m以深の地点でシステム操船(定点維持操船)に切り替え、CTD観測ウインチのアーマードケーブルの撚り取りを実施しています。

この作業はケーブルの先端に錘を付け5000m以上を海中へ繰り出し、撚りを取ることにより南大洋調査の主力となるCTD観測をより安全かつ確実にするため行っています。

終了後は再び航走を開始し、漂流物調査を行いながらオーストラリア西岸へ向かう予定です。うねりは昨日より小さくなり、航行がだいぶ楽になりました。
2017年12月20日(水)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月19日(火)
正午位置:18゜51.78´S 098゜17.26´E (インド洋)

 天候:曇り    風:SE 6.6 m/sec
 波高:4.5 m  気温:24.2℃ 水温:25.1℃
 針路:130°  速力:9.3Kt  
船内時間:UTC+07h00m(日本時間−02h00m)


本日も風は弱いのですが、大きなうねりでピッチングをしながらの航行となっています。

昨日夕方より周囲に雨雲が増え始め、久し振りに雨が降りました。

現在も上空はほとんど厚い雲に覆われていて、今日は天則実習が大変難しくなっています。

ひまわりの気象画像を見ても南の方は雲が多く暫くは良い天気を望めそうもありません。

本日は午後、後部デッキで学生全員による餅つき大会を実施することになっていますので、天気が持つか心配です。
2017年12月19日(火)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月18日(月)
正午位置:16゜49.16´S 095゜43.73´E(インド洋)

 天候:晴れ    風:SE 6.5 m/sec
 波高:2.2 m  気温:25.4℃ 水温:25.9℃
 針路:130°  速力:10.6Kt  
船内時間:UTC+07h00m(日本時間−02h00m)

本日もニューストンネットの曳網と目視観測による漂流ごみ調査を実施しながら針路をオーストラリア西岸へ向け航行しています。

風は強くないのですが、海上には相変わらず南からの大きなうねりがあり船体はゆっくりピッチング(縦揺れ)を繰り返しています。

連日天気が良い日が続いており、天則実習が捗り助かっています。
今日の午後は、天則の他に自差測定の実習を予定しています。
2017年12月18日(月)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月17日(日)
正午位置: 14゜24.47´S 092゜40.21´E(インド洋)

 天候:晴れ    風:SE 5.5 m/sec
 波高:2.4 m  気温:26.3℃ 水温:27.6℃
 針路:130° 速力:10.8Kt  
船内時間:UTC+07h00m(日本時間-02h00m)


昨日は最高の天気に恵まれ、海上はうねりがあるものの穏やで、洋上祭を予定通り開催することが出来ました。

学生も乗組員も船尾デッキで行われた洋上祭で盛り上がり、まだこれから2ヵ月以上続く航海へ向けて、十分にリフレッシュが出来たと思います。

今日は、朝から再びオーストラリアへ向け航行を開始しています。
リフレッシュした学生達は、航海当直実習や天測自習など今日も元気で実習に取り組んでいます。

漂流ごみ調査も継続中です。
2017年12月17日(日)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 12月16日(土)
正午位置:14゜12.42´S 092゜23.72´E(インド洋)

 天候:晴れ   風:SE 6.4 m/sec
 波高:2.3 m  気温:27.2℃ 水温:27.7℃
 針路:  速力:   (漂泊中) 
船内時間:UTC+07h00m(日本時間-02h00m)


本日午後から洋上祭ということで、現在、インド洋東部にあるココス諸島の遥か西側の海上で漂泊しています。

今日も南東からの風が吹き、海上には大きなうねりもありますが、天気は良く予定通り後部デッキでの開催が出来そうです。

今年の洋上祭も例年通り、学生が中心となり催し物を考えて準備を進めてきました。
学生達にとって長い遠洋航海の中で一番楽しみなイベントであると同時に学生と乗組員との親睦を深める良い機会となっています。

今日は学生も乗組員も洋上祭でたっぷり英気を養って貰いたいと思っています。

2017年12月16日(土)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka