海鷹丸 第53次航海        東京海洋大学 海洋科学部

02月19日(月)
02月18日(日)
02月17日(土)
02月16日(金)
02月15日(木)
02月14日(水)
02月13日(火)
02月12日(月)
02月11日(日)
02月10日(土)
02月09日(金)
02月08日(木)
02月07日(水)
02月06日(火)
02月05日(月)
02月04日(日)
02月03日(土)
02月02日(金)
02月01日(木)
01月31日(水)
01月30日(火)
01月29日(月)
01月28日(日)
01月27日(土)
01月22日(月)
01月21日(日)
01月20日(土)
01月19日(金)
01月18日(木)
01月17日(水)


[最新の10件]


海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月9日(金)
正午位置: 11゜05.45´N 142゜21.84´E (北太平洋)

天候: 晴れ、 風: NE 11.2 m/sec 、
波高: 4.1 m、 気温:28.6℃、水温:29.0℃
針路:334° 速力:11.3kt
船内時間:UTC+09h00m(日本時間)

 本日も漂流ごみの目視観測を続けながら北太平洋を北上しています。

 本船の東に低気圧があるため、今朝から北東の風が強まってきており、波浪も徐々に大きくなってきましたが、まだ揺れは大したことなく、航行や実習には影響出ていません。

 このまま北上すると、明日の朝にはミクロネシアのEEZを抜けますので、ニューストンネットによるマイクロプラスチック調査を再開する予定です。

 今朝、船内時計を30分遅らせ、日本時間に合わせました。
2018年2月9日(金)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月8日(木)
正午位置: 06゜59.78´N 144゜23.67´E 太平洋 カロリン諸島西部)

天候: 晴れ、 風: NNE 7.4 m/sec 、
波高: 2.5 m、 気温:28.3℃、水温:29.6℃
針路:330° 速力:10.8kt
船内時間:UTC+09h30m(日本時間+00h30m)


 カロリン諸島の小さな島や環礁などが多数散在する海域を北上中です。

 現在、ニューストンネットによるマイクロプラスチック調査は、ミクロネシアのEEZを抜けるまで中断していますが、このまま北上し明後日の朝には公海へ出て、調査を再開する予定です。

 今まで天候に恵まれていて、学生は皆元気に実習を続けており、航海も観測も順調です。今朝、船内時計を30分、遅らせました。

 日本との時間差は+30分となっています。
2018年2月8日(木)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月7日(水)
正午位置: 03゜03.35´N 146゜39.72´E(南太平洋)

 天候:晴れ    風:NW 3.3 m/sec
 波高:3.0 m  気温:29.8℃ 水温:29.8℃
 針路:330°  速力:12.6kt
 船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)


昨日、13時30分に赤道を通過し、長い間、航海していた南半球に別れを告げ北半球に入りました。

久し振りの北半球ですが、昨日から曇っていた空も昼前にはすっかり晴れ、快晴となりました。

風弱く海上も穏やかです。

今朝、パプアニューギニアのEEZを出ましたのでニューストンネット曳網によるマイクロプラスチック調査を再開しています。

今日の夕方には、再びミクロネシアのEEZに入るため、わずかな隙間の海域で目視観測を行いながらニューストンネットの曳網を実施します。
2018年2月7日(水)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月6日(火)
正午位置:00゜18.33´S 148゜33.89´E(南太平洋)

 天候:曇り  風:NW 4.1 m/sec
 波高:3.0 m 気温:29.2℃ 水温:29.5℃
 針路:330° 速力:12.8kt
 船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)


本日早朝にパプアニューギニアの最後の島から離れ、うねりはありますが、穏やかな南太平洋を北上しています。

昨日から幾たびか風速20 m/sec以上の突風を伴うスコールに出会ってきましたが、現在、晴れ間も見えてきて、天気はだいぶ落ち着いてきました。

静かな航海が続いていますので、学生は皆元気で、毎日、天測実習やストーン摺りなどの実習に励んでいます。

今日の午後には赤道を通過し北半球へ入る見込みです。

航海も残り2週間を切りました。

2018年2月6日(火)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月5日(土)
正午位置: 03゜54.47´S 151゜55.58´E(ビスマーク海)

 天候:曇り  風:NW 8.1 m/sec 、
 波高:3.1 m 気温:27.5℃ 水温:30.0℃
 針路:303° 速力:12.2kt
 船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)

今朝、パプアニューギニアのニューブリテン島とニューアイルランド島の間のSt.GEORGES CHANNELを抜け ラバウル港の沖を通り、ビスマーク海へ抜けました。

近くで眺める陸地はタスマニアを離れて以来で、久し振りに島の景色と陸地の匂いを楽しみました。

水道通過途中から、突風を伴う大きなスコールに見舞われましたが、現在、風は弱まり雨も止んでいます。

今後、しばらくはニューアイルランド島に沿ってビスマーク海を北上していきます。
2018年2月5日(月)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月4日(日)
正午位置:08゜14.46´S 153゜34.63´E (ソロモン海)

 天候:晴れ  風:SW 2.5 m/sec 、
 波高:1.5 m  気温:29.2℃水温:29.5℃
 針路:344°  速力:12.5kt
 船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)


昨晩、パプアニューギニアの島の灯台を左舷に見ながら変針し、ソロモン海に入りました。

昨日の午後から曇り始め雨雲に覆われ断続的に雨が降り一時、風も強まりましたが、朝までには止み、また晴れ間が出て来ました。

海上の方は穏やかで、揺れをほとんど感じません。

現在、周囲に陸地は見えませんが、明日の朝にはパプアニューギニアの島に再接近する予定です。

昨日は節分という事で本船の年男・年女で恒例の豆撒きを執り行いました。

これで船内の全ての鬼を追い払い、残りの航海も安全に過ごすことが出来るはずです。
2018年2月4日(日)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月3日(土)
正午位置:13゜39.20´S 154゜38.26´E (珊瑚海)

 天候:晴れ   風:ESE 4.3 m/sec
 波高:3.9 m  気温:29.0℃ 水温:30.0℃
 針路:358°  速力:12.5kt
 船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)


本日も良い天気で、海上にはうねりが出てきましたが、穏やかな珊瑚海を北上しています。

今朝、オーストラリアのEEZ(排他的経済水域)から出域しました。

ホバートを出港して1週間、オーストラリアの大きさを感じますが、現在はパプアニューギニアのEEZに入っています。

まだ公海には出ていませんので、漂流ごみの目視観測のみを継続中です。このまま北上すると今晩にはソロモン海に入る見込みです。

機関当直実習は昨日で終了しましたが、普段では経験できない機関室での実習に学生は真剣に取り組んでいました。

今日は午後から安全点検実習の予定です。
2018年2月3日(土)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月2日(金)
正午位置:18゜45.74´S 154゜50.91´E (珊瑚海)
 
天候:晴れ    風:SE 7.0 m/sec
 波高:2.7 m  気温:28.9℃ 水温:28.6℃
 針路:358°  速力:12.5kt
 船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)
 

現在、世界最大のサンゴ礁であるグレートバリアリーフの東方海域を北上しています。

昨晩、南回帰線を通過し地理的には熱帯地域に入ったことになり、気温は日増しに上昇しています。
また良い天気が続いており、天測実習は連日、実施出来ています。

デッキでは昨日からストーン摺り(木甲板を石で擦る)を行っており、毎日、学生の元気な声が船上に響き渡っています。
木甲板がどれだけ綺麗になるか、とても楽しみです。

周囲には数羽のカツオドリ(外洋性の大型海鳥)が飛び回り、本船に付いてくるようになりました。
2018年2月2日(金)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月1日(木)
正午位置:29゜12.08´S 155゜42.76´E(珊瑚海)

 天候:晴れ    風:SSE 3.9 m/sec
 波高:1.9 m  気温:27.7℃ 水温:23.7℃
 針路:355°  速力:14.6kt
 船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)


本日も風弱く穏やかな珊瑚海を北上しています。オーストラリア大陸の東岸に近づくにつれ、時々、他の船舶と出会うようになりました。

観測は朝から漂流ごみの目視観測のみを実施しています。

学生は航海当直実習と並行して機関当直実習を継続中で、天測実習も再開しています。

静かな航海が続いていますので、学生はとても元気です。
2018年2月1日(木)

海鷹丸第53次航海(遠洋航海)正午位置報告 1月31日(水)
正午位置:29゜12.08´S 155゜42.76´E(珊瑚海)
 
天候:晴れ  風:SW 6.1 m/sec
 波高:3.3 m 気温:26.8℃ 水温:26.5℃
 針路:355° 速力:12.5kt
 船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)


昨日の午後、再びオーストラリアのEEZに入域しました。

暫くニューストンネットの観測はお休みで、漂流ごみの目視観測のみを実施していきます。

次回のニューストンネットは、北半球に入りパプアニューギニアのEEZを抜けてからとなります。

ニューカレドニア沖にあったサイクロンは本船の南に変わり、風は南風となり追い風となったため、今日はピッチングの揺れが無くなりました。

船速も出ており、穏やかな珊瑚海を順調に北上しています。
2018年1月31日(水)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka