海鷹丸 第51次航海   東京海洋大学  海洋科学部

08月10日(木)
08月09日(水)
08月08日(火)
08月07日(月)
08月06日(日)
08月03日(木)
08月02日(水)
08月01日(火)
07月31日(月)
07月29日(土)
07月28日(金)
07月27日(木)
07月26日(水)
07月25日(火)
07月22日(土)
07月21日(金)
07月20日(木)
07月19日(水)
07月18日(火)
07月17日(月)
07月16日(日)
07月15日(土)
07月14日(金)
07月13日(木)
07月12日(水)


[最新の10件]


海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月28日(金)
正午位置:37゜47.98´N 138゜40.08´E
         (日本海 佐渡海峡)

天候:曇り   風:WSW 2.5 m/sec
波高:0.1 m  気温:27.2℃ 水温:26.8℃
針路:056°  速力:12.6Kt

現在、風弱く静かな佐渡海峡を次の寄港地、新潟港へ向け航行しています。

今朝、佐渡島の西側でニューストンネットの曳網を行った後、最後の観測点でCTD観測、二スキン採水を実施し、午前中で海洋微生物グループの海洋観測を全て終了しました。本日は漂流ごみ調査を行いながら午後、新潟港の西側の錨地に到着、錨泊し、明日の入港に備えます。 

本日も学生は航海当直実習と並行し機関当直実習を行っています。

乗船者
 実習生:(男子32名・女子22名)     54名
 乗組員:               26名
研究員:                5名
             計 85名 
2017年7月28日(金)

海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月27日(木)
正午位置:37゜25.10´N 137゜24.82´E
        (能登半島 珠洲市沖)

天候:晴れ    風:NNE 2.1 m/sec
波高:0.8 m  気温:27.0℃ 水温:27.1℃
針路:250°  速力:7.3Kt

今朝、能登半島の東側、珠洲岬沖に到着し、ニューストンネットの曳網を行った後、海洋微生物グループの海洋観測を開始しました。

スミス・マッキンタイヤ―採泥器による採泥とCTD観測、二スキン採水を実施しています。
午後も引き続き能登半島の東側沿岸で観測を行い、終了後、東方沖の観測点へ移動する予定です。

昨日は午後から北風が強まり、波浪も大きくなって今航海一番の揺れとなりました。
そのため船酔いの学生が何名か出ましたが、現在は風が弱まり海上はだいぶ穏やかになりました。 

本日から学生は航海当直実習と並行して機関当直実習を始めています。
2017年7月27日(木)

海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月26日(水)
正午位置: 35゜58.64´N 134゜54.70´E
          (日本海 京都府沖)

天候:晴れ   風: NNE 7.3 m/sec
波高:1.0 m 気温:25.6℃ 水温:26.5℃
針路:108° 速力:11.9Kt

現在、京都府丹後半島沖合を海洋ごみ調査を実施しながら航行しています。

昨晩から北東の風が強まり静かな日本海とはいきませんが、波浪は小さく船体の揺れも僅かです。
航海も半分が過ぎ、学生は船上での生活にすっかり慣れてきましたが、学生がだらけないよう、また怪我や事故が起きないよう、後半も気を緩めずに実習を続けて行きます。

明日の朝には能登半島の東側の観測点に到着し、観測を開始する予定です。
2017年7月26日(水)

海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)博多出港報告 7月25日(火)
本日7月25日08時54分 博多港中央埠頭を離岸出港しました。
梅雨明け後の博多入港でしたが、停泊中は曇りが多く時々雨が降ったり晴れ
たりと不安定な天気でした。入出港作業時は晴れていたのが、何よりも助か
りました。暑い日が続いていますが、学生は元気に実習を続けており、また
博多での上陸時間を有意義に過ごしたようです。

博多では清水の積み込み、塵芥の陸揚げを行い、海洋ごみ調査の研究員が下
船、新たに海洋微生物調査のグループが乗船しました。 
現在、穏やかな響灘を針路を北東へ向け航行していますが、明後日には最初
の観測点に到着し観測を開始する予定です。
なお海洋ごみ調査も引き続き実施していきます。

正午位置: 34゜00.30´N  130゜25.30´E (響灘)
             
天候:曇り  風:SW 5.1 m/sec 、
波高:0.2 m  気温:29.7℃ 水温:28.1℃
針路:037° 速力:12.4Kt

乗船者
 実習生:(男子32名・女子22名)     54名
 乗組員:               26名
研究員:                5名
             計 85名 
2017年7月25日(火)

海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)博多入港報告 7月22日(土)
昨日18時36分に福江島玉之浦を抜錨し、ニューストンネットの曳網を行いながら五島列島の西側を北上しました。今朝、壱岐島の東で漂泊し、時間調整、漂流ごみ調査を実施しながら福岡湾へ入り本日7月22日09時15分 博多港中央埠頭3号岸壁に入港接岸しました。

今日、学生は午後、イカ釣り実習の準備を終えたのち、夕方には博多の街へ
両舷上陸の予定です。博多では清水の補給と研究員の入れ替えがあります。

台風5号と6号の動向が気になりますが、出港は7月25日(火)の9時を予定しています。

乗船者

実習生:(男子32名・女子22名)    54名
乗組員:              26名
研究員:               2名

           計 82名 
2017年7月22日(土)

海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月21日(木)
正午位置:32゜40.07N 128゜39.32E
            (福江島 玉之浦湾)
天候:晴れ   風:WSW 2.1 m/sec 、
波高:0.0 m  気温:33.8℃ 水温:27.0℃
(錨泊中)

現在、福江島玉之浦湾で錨泊中です。本日夕食後に抜錨し博多へ向け航走を
開始する予定です。
今日でトロール操業で使用した漁具の片付けを終え、入港前の準備等を行います。
東京を出てから、時化知らずで穏やかな航海が続いていますので、学生は皆、元気です。

明日は漂流ごみ調査を行いながら、博多湾に入り、朝9時頃、博多港に入港
する予定です。
2017年7月21日(金)

海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月20日(木)
正午位置: 32゜40.07N 128゜39.32E
                  (福江島 玉之浦湾)
天候:晴れ   風:NW 2.3 m/sec
波高:0.1 m 気温:29.7℃ 水温:27.4℃
(錨泊中)

昨日、夕方2回目の揚網が終了し、今航海2日間のトロール操業実習を終えました。
今朝は長崎県の福江島沖でニューストンネットを曳網した後、漂流ごみ目視観測を行いながら、福江島へ向かい、本日08時35分、玉之浦湾の荒川沖に投錨しました。

錨泊中は穏やかな湾内で漁具の手入れや後片付け、学生の授業などを行います。

明日の夕方には抜錨し福岡県博多港へ向け航行を開始する予定です。

2017年7月20日(木)

海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月19日(水)





正午位置: 29゜54.61N 127゜40.500E
                  (東シナ海)
天候:曇り    風: WSW 6.6 m/sec
波高:1.9 m  気温:29.9℃ 水温:29.3℃
針路:260°  速力:3.0Kt(操業中)

昨日、夕方に3回目のトロール操業を終了し、本日は南の水深が深い漁場へ
移動しました。
今朝、漂流ごみ調査を実施しながら8時に漁場に到着、トロール操業実習2日目を開始しました。午前中1回目の操業を終え、現在2回目の操業(曳網)を行っています。
今朝まで西寄りの風が強く、海上のうねりが高くなっていますが、徐々に風は弱まり海況も回復しつつあります。今日は水深300m〜400m付近での操業なので、昨日とは全く違う種類の魚が揚がって来ており、学生たちは興味深く選別や魚体処理などの作業を行っています。
本日2回目の操業を終了後、漁場を離脱し東シナ海を北上する予定です。
2017年7月19日(水)

海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月18日(火)




正午位置: 30゜46.05N  127゜37.82E
           (東シナ海)
天候:晴れ  風:SSW 7.4 m/sec
波高:1.1 m 気温:30.3℃ 水温:29.9℃
針路:210° 速力:3.0Kt(操業中)

今朝、漂流ごみ調査を実施しながら8時過ぎに漁場に到着、トロール操業実習
を開始しました。 午前中1回目の操業を終え、現在2回目の操業(曳網)を行
っています。本日は風弱く、海上も穏やかで絶好のトロール実習日和となって
います。学生達はデッキに揚がってきた様々な魚に喜び、魚の選別や魚体処理
に一生懸命取り組んでいます。暑い中での作業となっていますが、安全操業に
努めたいと思います。今日は夕方まで3回の操業を行う予定です。
2017年7月18日(火)

海鷹丸第51次航海(乗船漁業実習)宮之浦(屋久島)出港報告 7月17日(月)




本日7月17日18時30分 屋久島宮之浦港を出港しました。1泊のみの滞在では
ありましたが、天候にも恵まれ、学生達は屋久島で久し振りの陸地を楽しんだ様子です。
明日から始まるトロール実習へ向け良いリフレッシュが出来たのではないしょうか。東京から乗船中の漂流ごみ調査グループ2名は引き続き博多まで乗船し観測に当たります。
出港後、屋久島沖合でニューストンネットを曳網した後、現在は東シナ海の漁場へ向け航行中です。明日の朝には予定の漁場に到着、トロール操業実習を開始する予定です。

乗船者
 実習生:(男子32名・女子22名)   54名
 乗組員:             26名
研究員:              2名
           計 82名 
2017年7月17日(月)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka