海鷹丸 第50次航海 東京海洋大学  海洋科学部

02月27日(月)
02月26日(日)
02月25日(土)
02月24日(金)
02月23日(木)
02月22日(水)
02月21日(火)
02月20日(月)
02月19日(日)
02月18日(土)
02月17日(金)
02月16日(木)
02月15日(水)
02月14日(火)
02月13日(月)
02月12日(日)
02月07日(火)
02月06日(月)
02月05日(日)
02月04日(土)
02月03日(金)
02月02日(木)
02月01日(水)
01月27日(金)
01月26日(木)
01月25日(水)
01月25日(水)
01月24日(火)
01月24日(火)
01月23日(月)
01月23日(月)
01月22日(日)
01月22日(日)
01月21日(土)
01月21日(土)
01月20日(金)
01月20日(金)
01月19日(木)
01月19日(木)
01月18日(水)
01月18日(水)
01月17日(火)
01月17日(火)
01月16日(月)
01月16日(月)
01月15日(日)
01月15日(日)
01月14日(土)
01月14日(土)
01月13日(金)
01月13日(金)
01月12日(木)
01月12日(木)
01月11日(水)
01月11日(水)
01月10日(火)
01月10日(火)
01月09日(月)
01月09日(月)
01月08日(日)


[最新の10件]


海鷹丸第50次航海(遠洋航海)東京帰港報告 2月27日(月)
 本日2月27 日08時08分 東京4区の錨地を抜錨し09時06分 東京豊海水産埠頭F4 に入港着岸しました。

 着岸後はすぐに検疫・税関検査他の入港手続きが行われ、午前中に滞りなく終了しました。また南極海研究員チームが来船し、今回の調査で使用した観測機材の陸揚げも行っています。

 午後には竹内学長をはじめ本学教職員の方々が来船し14時から海鷹丸の学生教室において帰港式が執り行われました。

 本日にて第50次航海は無事終了となります。航海中、多くの皆様方の陸からのご支援、ご協力、誠にありがとうございました。なお、学生の実習は3月14日の下船日まで続きます。
2017年2月27日(月)

海鷹丸第50次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月26日(日)
正午位置: 35゜34.19´N 139゜49.98´E (京浜港東京4区)
天候: 晴れ、 風: SE 2.9 m/sec 、
波高: 0.1 m、 気温:8.7℃、水温:10.4℃(錨泊中)

 今朝06時に東京湾に入域し、風弱く穏やかな浦賀水道航路、中ノ瀬航路を北上後 09時00分に京浜港東京区第4区の錨地に投錨しました。

 本日も朝から良い天気で、日出後の東京湾を北上中には、美しい富士山を眺めることが出来ました。今日は船内外の清掃と片付けを行い、東京入港着岸に備えたいと思います。明日は08時過ぎに抜錨し、東京西航路を経由後09時頃には豊海水産埠頭F4バースに入港着岸予定です。
2017年2月26日(日)

海鷹丸第50次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月25日(土)
正午位置: 32゜34.23´N 140゜00.31´E (伊豆諸島 青ヶ島沖)
天候: 晴れ、 風: NW 8.8 m/sec 、
波高: 4.5 m、 気温:11.6、水温:20.1℃
針路:355° 速力:9.6kt
船内時間:UTC+09h00m(日本時間)

 現在、青ヶ島の東方沖を東京へ向け北上しています。昨日から北西の風が強く、左舷前方からの大きなうねりで船体はピッチングを繰り返しており、デッキには波が打ちあがるようになりました。かなり揺れていますが、100日以上の航海を乗り越えてきた学生は、船酔いすることもなく、昨年の乗船時に比べるととても逞しくなりました。

 ニューストンネットと目視観測による漂流ごみ調査は可能な範囲で朝から実施しています。本日はこのまま北上を続け、明日の朝、東京湾に入域し、午前中には東京4区に投錨する予定です。
2017年2月25日(土)

海鷹丸第50次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月24日(金)
正午位置: 28゜58.83´N 140゜27.80´E (小笠原諸島近海)
天候: 曇り、 風: WNW 8.8 m/sec 、
波高: 3.9 m、 気温:17.8、水温:18.7℃
針路:351° 速力:11.0kt
船内時間:UTC+09h00m(日本時間)
 
 本日もニューストンネットと目視観測による漂流ごみ調査を実施しながら小笠原諸島近海を北上しています。今朝は前線の通過で雨が降っていましたが、現在は止み、風向は北西に変わって風を左舷前方から受けるようになりました。ピッチングが始まり船速は落ちていますが、波の打ち込みはなく、船体の揺れも大したことはありません。航海は残りわずかとなってきましたが、最近は学生教室で3月の口述試験へ向け、勉強をしている学生の姿が増えてきました。
2017年2月24日(金)

海鷹丸第50次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月23日(木)
正午位置: 24゜21.59´N 141゜22.75´E (火山列島近海)
天候: 晴れ、 風: SSE 5.3 m/sec 、
波高: 2.7 m、 気温:24.3、水温:24.0℃
針路:339° 速力:12.4kt
船内時間:UTC+09h00m(日本時間)

 昨晩、日本のEEZ(200海里)に入域し、久し振りに日本に戻って来ました。昼前に火山列島の南端にある南硫黄島の近くを通り、現在、火山列島の西側を北上しています。昨年の11月以来、久し振りに日本の陸地を視認し、学生や乗組員の表情も明るくなっています。

 今朝からニューストンネットによるマイクロプラスチックの調査と学生による漂流ごみの目視観測を実施しています。今日もうねりが大きいですが、風は追い手になり船体の揺れも小さくなってきて、航行や実習には影響ありません。
2017年2月23日(木)

海鷹丸第50次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月22日(水)
正午位置: 20゜00.67´N 143゜09.13´E(太平洋 マリアナ諸島西方)
天候: 晴れ、 風: ENE 9.6 m/sec 、
波高: 1.9 m、 気温:24.5、水温:26.2℃
針路:339° 速力:12.1kt
船内時間:UTC+09h00m(日本時間)

 本日も北マリアナ諸島の西側の海域を北上しています。海上には北からのうねりがあり船体は多少揺れていますが、航行には支障なく順調な航海です。今晩には日本のEEZ(排他的経済水域 200海里)に入り 明日の昼前には火山列島の南端に到達する見込みです。使用する海図も日本版となり、日本に近づいて来ているという実感が湧いてきます。今朝、船内時計を30分遅らせ、日本時間に合わせました。
2017年2月22日(水)

海鷹丸第50次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月21日(火)
正午位置: 15゜26.91´N 144゜57.66´E(太平洋 マリアナ諸島)
天候: 晴れ、 風: ENE 5.6 m/sec 、
波高: 2.9 m、 気温:27.1、水温:27.4℃
針路:339° 速力:11.8kt
船内時間:UTC+09h30m(日本時間+00h30m)

 今朝、ロタ島とテニアン島の間を抜け、現在、マリアナ諸島の西側を北上しています。風は弱まり波浪も小さくなってきましたので、昨日までの揺れが無くなり航行がだいぶ楽になりました。船速も出始めています。

 実習の方は、無線講習や衛生管理者講習などの各種修了試験が用意されていて、学生は東京に着くまで気を抜けません。今日から時間改正を再開し、今朝、船内時計を30分遅らせました。明日も30分遅らせて日本時間に合わせます。
2017年2月21日(火)

海鷹丸第50次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月20日(月)
正午位置: 10゜35.77´N 146゜05.35´E(太平洋 カロリン諸島北部)
天候: 晴れ、 風: ENE 12.7 m/sec 、
波高: 4.2 m、 気温:28.4、水温:29.0℃
針路:349° 速力:11.3kt
船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)

 昨晩、カロリン諸島のWest Fayuという小さな島の近くを通過した後、進路をマリアナ諸島の南、グアム島方面へ向けて、北上しています。昨日から強まっている北東の風は少し向きを東に変え、今日も吹いていて海上も波が高まっていますが、明日までには風が弱まることを信じて辛抱強くこのまま北上を続けます。

 海況が悪化するにつれ船体の揺れも大きくなってきましたが、学生は皆元気です。
2017年2月20日(月)

海鷹丸第50次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月19日(日)
正午位置: 06゜11.83´N 147゜08.25´E(太平洋 カロリン諸島付近)
天候: 雨、 風: NNE 12.7 m/sec 、
波高: 4.7 m、 気温:25.8、水温:30.1℃
針路:343° 速力:11.4kt
船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)

 現在、ミクロネシアのカロリン諸島の島々や環礁が散在している海域を航行しています。

 今朝まで風は弱く海上は穏やかでしたが、昼前から雨と同時に北風が強まって海上には白波が目立ち始めています。まだ波浪は大きくありませんので船体の揺れはそれ程ではありません。船首方向からの風なので船速は落ち気味ですが、天気図による予想は悪くありませんので、様子を見ながら予定のコースで北上を続けていきたいと思っています。

 機関当直実習は昨日で終了しましたが、学生はこれから控えている試験に向け、試験勉強を開始しています。
2017年2月19日(日)

海鷹丸第50次航海(遠洋航海)正午位置報告 2月18日(土)
正午位置: 01゜23.20´N 148゜33.84´E (太平洋)
天候: 曇り、 風: N 2.5 m/sec 、
波高: 4.3 m、 気温:29.0、水温:30.3℃
針路:343° 速力:12.7kt
船内時間:UTC+10h00m(日本時間+01h00m)

 今朝05時05分に赤道を通過し北半球に入りました。

 昨年の12月以来、久し振りの北半球ですが、海上には周期の長い大きなうねりがあり船体はピッチングを始めています。風は弱くひどい揺れではありませんので、現在の針路と速力で出来るだけ北へ上っておこうと思っています。

 機関当直実習は今日が最終日ですが、学生は皆元気に実習を続けています。
2017年2月18日(土)

Page/ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
copyright (c) 2005Umitaka