Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第47次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月04日(金)
03月03日(木)
03月02日(水)
03月01日(火)
02月29日(月)
02月28日(日)
02月27日(土)
02月26日(金)
02月25日(木)
02月24日(水)
02月23日(火)
02月22日(月)
02月21日(日)
02月20日(土)
02月19日(金)
02月18日(木)
02月17日(水)
02月16日(火)
02月15日(月)
02月14日(日)
02月13日(土)
02月12日(金)
02月11日(木)
02月06日(土)
02月06日(土)
02月05日(金)
02月05日(金)
02月04日(木)
02月04日(木)
02月03日(水)


[最新の10件]


2月4日 「船の食事あれこれ」
 天気予報の通り3日は大時化。09:00現在、西の風、16m/s、気温6.9℃。暴風圏らしい天気となる。揺れて大変だが、各グループとも機材の片付けやデータの整理、航海報告書の作成に追われている。夜は船をあげての節分の豆まきで、大いに盛り上がる。

 観測がないと書くこともないので、今回は船の食事について紹介したい。よく、「船の中の食事はどうなってるの?、毎日釣りして、釣った魚を食べてるの?」と聞かれることが多い。しかし、そんな自給自足のような生活はしていないので、心配無用。船の中には専任のコックさん達がおり、1日3食、毎回違ったメニューで美味しいご飯が供される。写真はある日の昼食のメニューだが、どうです?、美味しそうでしょう。ある意味、陸上にいるより贅沢で、下船後に体重が増えていることもしばしば。学生時代には乗船のたびに栄養補給していた。長い航海では、食事が一番の楽しみである。


 陸上とちょっと違うのは、夕食の時間が17:00と少し早目であること。これは後片付けや翌日の朝食の準備などがあるためで、賄いに負担をかけないよう、決められた時間に食事をとることになっている。夜中の仕事ではお腹がへるので、夜食が出ることもある。

 九大には船がないので、私自身はいろいろな大学、研究所の船にお世話になって仕事をしている。当然のことだが、ロシアの観測船に乗ればロシア料理が、韓国船に乗れば韓国料理が、台湾船に乗れば中華料理が出てくる。日本でも船によって食事に特色があり、例えば長崎大の船では、郷土料理の皿うどんやちゃんぽんが定番メニューとして出てくる(本船でも皿うどんが出ましたが)。また鹿児島大の船では、昼食時に必ずデザートがつくので、女子学生には人気だった。逆にどの船でも必ず出てくるのが、カレーライス。船によってレシピは違うが、どれも美味しいこと、この上ない。(千手)
2016年2月4日(木)

copyright (c) 2005Umitaka