Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第43次航海        東京海洋大学  海洋科学部

10月15日(水)
10月14日(火)
10月13日(月)
10月12日(日)
10月11日(土)
10月10日(金)
10月09日(木)
10月08日(水)
10月07日(火)
10月06日(月)
10月05日(日)
10月04日(土)
10月03日(金)


[最新の10件]


海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)清水入出港報告 10月15日(水)
 本日08時40分、清水港の日の出3号岸壁に入港着岸しました。昨日の熊野灘沖合は北西の風が強く海上は大時化で船体はかなり揺れ、船酔いをした学生もいましたが、駿河湾に入りやっと静かになり、皆、元気を取り戻しています。台風19号の影響で清水港には1日遅れの入港でしたので、入港後、大学院生の閉講式を行った後、院生、乗船教員はすぐに下船、研究員の乗下船を終えたのち、清水港を09時30分に出港しました。

 現在、本日の予定地点へ向けて駿河湾を南下中です。今朝の清水入港までで大学院特別実習の日程は全て終了し、今日からは遠洋航海の南極海調査で使用する観測機器の試験、調整を伊豆の南海上付近で実施する予定です。

正午位置: 34゜37.24´N 138゜33.51´E(駿河湾)
天候: 雨、 風: E 7.0 m/sec 、
波高: 1.9 m、気温:16.0℃、水温:22.1℃
針路:181°、速力:11.2Kt
2014年10月15日(水)

海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)正午位置報告 10月14日(火)
正午位置: 33゜30.22´N 136゜04.71´E (潮岬沖)
天候: 晴れ、 風: NW 9.0 m/sec 、
波高: 1.0 m、気温:22.1℃、水温:22.8℃
針路:060°、速力:11.9Kt

昨日、香川県三豊市の西岸沖に錨泊し、台風19号の接近を待ちましたが、15時頃から雨風がだんだん強くなり始め、北東の風が25m/secを越えるようになりました。17時頃には北東の風、最大31m/secを記録し、その後、風向が北から北西に変わり始め台風が東へ遠ざかり始めた後、18時半過ぎに抜錨、速度が速くなった台風を追うように東へ向け航行を開始しました。錨泊地では台風が近づく前に海洋観測機器の調整試験をデッキで実施した他、学生達は船内での実習を継続して行っています。

今日は台風一過の晴天の中、北西の風が強いものの追手で順調に清水港へ向け航行しています。明日の9時前には清水に入港着岸し、実習院生や乗船教員の下船や研究員の乗下船を終えたのち、すぐに出港する予定でいます。
2014年10月14日(火)

海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)正午位置報告 10月13日(月)
正午位置: 34゜11.44´N 133゜35.83´E(香川県三豊市西岸沖 錨泊)
天候: 雨、 風: NE 15.0 m/sec 、
波高: 0.2 m、気温:20.4℃、水温:23.9℃
針路:、速力: (錨泊中)

 昨日17時過ぎから関門海峡を通過し18時半には瀬戸内海の周防灘に入りました。夜間から北東の風が強く吹き始め、風速20 m/sec以上に達しましたが、波浪はそれ程ではなく、そのまま内海を東へ向け航行し今朝7時過ぎには来島海峡を抜けました。北東の風が30 m/sec前後と強くなってきた中、海上もかなり荒れてきましたので、備讃瀬戸の手前、香川県三豊市の西岸沖に10時07分、投錨しました。この辺りは大型船が台風避航のため多数錨泊しています。

 今日はここで台風の通過を待ち、様子を見て抜錨、清水へ向け航走を開始するつもりです。明日14日に入港予定だった清水港には残念ながら間に合わず、翌日の15日入港に変更となります。明日下船予定だった院生には申し訳ありませんが自然には勝てません。得をしたと思って延長の1日を頑張ってもらえればと思います。
2014年10月13日(月)

海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)正午位置報告 10月12日(日)
正午位置: 33゜39.27´N 129゜47.39´E(壱岐水道)
天候: 曇り、 風: NE 18.0 m/sec 、
波高: 3.3 m、気温:22.9℃、水温:22.5℃
針路:068°、速力:12.5Kt

 昨晩、鹿児島湾を抜け針路を西へ向けました。風は強かったのですが、波高はそれ程ではなく枕崎沖合の水深300m付近でCTD観測と採水を実施しました。その後、九州の西岸を北上してきましたが、波高は1mぐらいで、船体の揺れは、ほとんどありませんでしたが、長崎県の平戸から針路を徐々に東方面へ向けた頃から前からのうねりでピッチングが始まりました。

 現在、風速18 m/sec波高3m以上の壱岐島の南海上を東へ航行しています。今日の夕方には関門海峡の入り口に到達し、そのまま海峡を抜け瀬戸内海へ入る予定です。今後は台風の進路やスピードを見ながら出来るだけ東へ向かいたいと思います。
2014年10月12日(日)

海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)鹿児島出港報告 10月11日(土)
 本日10月11日(土)16時07分 鹿児島港本港北埠頭1号岸壁を離岸、出港しました。現在、昨日から吹き始めた北東からの強風を受けながら鹿児島湾を南下中です。

 鹿児島港では水の補給や学生の見学上陸、研究員など乗船者の乗下船が行われました。清水港までの航海では、学生は調査結果の取りまとめや講義等が組まれており、また研究員による各種海洋観測機器の調整や試験などを実施する予定ですが、台風19号の影響で海上は大時化のため実施は難しい状況です。

 今日は鹿児島湾を出たのち、九州の西岸側を北上し、関門経由で瀬戸内海へ入るコースを取る予定です。

乗船者
専攻科学生: 男子18名・女子11名 29名
大学院実習生:男子8名・女子15名  23名
実習教員:             4名
TA・実習補員:         6名
研究員:              9名
乗組員:             27名        
               計 98名
2014年10月11日(土)

鹿児島入港
海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)鹿児島入港報告 10月10日(金)

 昨日18時05分 甑島列島の中甑島中甑浦を抜錨し、本日早朝に鹿児島湾に入りました。午前中は鹿児島湾北部の桜島の北東側にある若尊カルデラにおいて採泥観測を実施し、終了後、12時52分 鹿児島港本港北埠頭1号岸壁に入港着岸しました。鹿児島港では清水の補給や乗船者の乗下船が予定されています。

 今日は入港作業終了後、学生達にとっては東京出港以来、久し振りの上陸が待っています。

 鹿児島出港は予定を早めて、明日11 日(土)の16時を予定しています。

正午位置: 31゜38.97N 130゜40.45E(鹿児島湾)
天候: 曇り、 風: NE 6.0 m/sec 、
波高: 0.1 m、気温:25.6℃、水温:24.3℃
針路:256°、速力:10.0Kt
2014年10月10日(金)

海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)正午位置報告 10月9日(木)
正午位置: 31°48.87´N 129°50.83´E (甑島列島 中甑島)
天候: 晴れ、 風: NE 6.5 m/sec 、
波高: 0.5 m、気温:24.4℃、水温:25.7℃
針路:、速力: (錨泊中)

 昨日18時頃、トロール実習を終了し漁場を離れた後、今朝06時53分、鹿児島県甑島列島の中甑島中甑浦に投錨しました。ここでは操業で使用したトロール網やオッタ―ボードなど漁具の整備片づけや計量魚群探知機の較正などを行っています。
 抜錨は本日の18時頃を予定しており時間調整をしながら鹿児島湾へ向かいます。明日は午前中に湾北部で採泥を実施後、昼過ぎに鹿児島港へ入港します。台風19号が九州方面に近づいて来ている為、出港日を早めるつもりです。
 
2014年10月9日(木)

海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)正午位置報告 10月8日(水)
正午位置: 30°57.99´N 127°25.33´E(東シナ海 漁場)
天候: 晴れ、 風: NE 10.6 m/sec 、
波高: 1.8 m、気温:23.3℃、水温:26.0℃
針路:030°、速力:3.5Kt(トロール操業中)

 昨日、13時に漁場に到着し、計量魚群探知機で海底探査を行った後、1回目のトロール操業を開始しました。 揚網後、採集物の分類、計測、処理等の実習を行った他、ドレッジによる底生生物採集やCTD観測による漁場の環境調査、NORPACによるプランクトン採集等を実施しました。ニューストンネットによる漂流物調査も行っています。

 本日は少し南の海域で今朝8時から実習を開始しています。昨日より海上は穏やかになり、天気も良い中、学生達は元気にトロール実習に励んでいます。夕方にはCTD観測などの調査を終えた後、漁場を離れる予定です。鹿児島港には予定通り10日に入港しますが、それ以降は台風19号が北上してきているため、日程を変更する可能性が出てきました。
2014年10月8日(水)

海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)正午位置報告 10月7日(火)
正午位置: 31°15.03´N 127°44.20´E(東シナ海)
天候: 晴れ、 風: NE 12.9 m/sec 、
波高: 1.6 m、気温:22.5℃、水温:26.8℃
針路:219°、速力:12.7Kt

 昨日14時50分、関門海峡に入り16時30分には日本海側へ抜け、西へコースを取り、東シナ海向けとしました。まだうねりが大きく北東の風も強かったため、初めのうちは多少、船体は揺れましたが、九州の北西岸辺りまで来るとうねりはだいぶ小さくなり揺れも治まりました。追手のため船速は出ましたので、昼過ぎには東シナ海の漁場に到着します。

 現在、風は強いのですが波浪はそれほど高くないので、トロール操業の準備を始めています。学生は朝から漂流物の目視観測を実施していますが、ほとんど船体は揺れてない為、皆元気な様子です。今日は準備出来次第、午後から第1回目のトロール操業を行う予定でいます。
2014年10月7日(火)

海鷹丸第43次航海(大学院特別実習航海)正午位置報告 10月6日(月)
正午位置: 33°47.07´N 131°39.55´E(周防灘)
天候: 晴れ、 風: NNW 15.0 m/sec 、
波高: 0.3 m、気温:20.4℃、水温:23.6℃
針路:282°、速力:11.0Kt

 本日06時53分、広島県呉市倉橋島の南錨地を抜錨し航走を開始しました。錨泊中は今朝3時頃に瞬間風速20mを越えましたが、長時間強風が吹くことはなく、無事に台風をやり過ごすことが出来ました。付近には本船と同様、18隻ほどの船舶が避泊していましたが、 広島大学の練習船「豊潮丸」も近くに錨泊していました。

 学生の方は停泊中の時間を使って1日、学生教室でたっぷりと授業を行うことが出来ました。今日は抜錨後、漂流物の目視観測を行いながら、瀬戸内海を西へ向かって航行していますが、夕方には関門海峡を抜け外側の海況を見て、可能であれば、東シナ海のトロール実習の漁場へ少しでも近づけたらと思っています。
2014年10月6日(月)

Page/ [1] [2]
copyright (c) 2005Umitaka