Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第42次航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月10日(日)
08月09日(土)
08月08日(金)
08月07日(木)
08月06日(水)
08月03日(日)
08月02日(土)
08月01日(金)
07月31日(木)
07月30日(水)
07月28日(月)
07月27日(日)
07月26日(土)
07月25日(金)
07月24日(木)
07月23日(水)
07月22日(火)
07月19日(土)
07月18日(金)
07月17日(木)
07月15日(火)
07月14日(月)
07月13日(日)
07月12日(土)


[最新の10件]


海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)金沢入港報告 7月28日(月)
 昨日、無事全ての観測を終了し、本日7月28日08時52分 金沢港無量寺埠頭3号岸壁に入港接岸しました。昨晩はうねりも小さくなり穏やかになった日本海を金沢へ向け航行し、今日は快晴で日差しが非常に強い中での入港となりました。金沢では海洋調査のため博多から乗船していた研究員24名全員が下船します。今日は午前中、観測機材の陸揚げ作業を行い、学生は午後から1週間振りの嬉しい上陸が待っています。明日は朝から給水を行い、金沢出港は7月30日の10時を予定しています。
2014年7月28日(月)

海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月27日(日)
正午位置: 36゜26.00´N 135゜21.71´E (日本海)
天候:晴れ、 風: NNW 5.4 m/sec 、
波高: 1.9 m、気温:24.2℃、水温:26.7℃
針路:Var.、速力:0.5Kt(観測中)

 昨日20時頃に観測を終了し、魚探による海底探査を行いながら南へ移動しました。本日も隠岐の島の東方海域で海洋観測を実施していますが、今日が観測最終日となります。昨晩から低気圧の通過のため南西の風が強まり、朝まで海上は荒れていましたが、通過後、風は弱まり海況は回復してきて、今現在、予定の観測を実施しています。久し振りの時化で船酔いをした学生もいましたが、明日の朝、金沢へ入港予定ですので、もう少しの辛抱です。
2014年7月27日(日)

海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月26日(土)
正午位置: 36゜37.36´N 135゜13.52´E (日本海)
天候:晴れ、 風: SSW 8.3 m/sec 、
波高: 0.3 m、気温:29.0℃、水温:26.9℃
針路:Var.、速力:1.3Kt(観測移動中)

 昨日19時過ぎに観測を終了し、北東へ50マイルほど移動、本日も隠岐の島の東方海域で、海洋観測を実施しています。未明から明け方までは魚探による海底探査も実施しています。今日も海上は非常に穏やかです。実習航海も半分が終了し、学生達は船上での生活にすっかり慣れた様子です。
2014年7月26日(土)

海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月25日(金)
正午位置: 36゜26.44´N 134゜09.97´E (日本海)
天候:晴れ、 風: SW 6.8 m/sec 、
波高: 0.3 m、気温:27.5℃、水温:26.5℃
針路:172°、速力:7.5Kt(観測移動中)

本日も島根県隠岐の島の東方海域で、朝から海洋観測を実施しています。強かった西寄りの風は弱まり、海上はだいぶ静かになってきました。夜間は魚探による海底探査を行いながら昨日よりも北の地点に移動してきています。西から低気圧が近づいて来ていますので、明日以降の天気を見ながら残りの観測を行っていきたいと思います。今日は博多を出港以来、一番の晴天となりました。
2014年7月25日(金)

海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月24日(木)
正午位置: 36゜04.23´N 134゜10.64´E (日本海)
天候:曇り、 風: W 9.7 m/sec 、
波高: 0.5 m、気温:25.9℃、水温:26.3℃
針路:283°.、速力:6.6Kt(観測中)

 昨日は19時頃、島根県隠岐諸島西方海域での観測を終了後、100マイル程東へ移動、本日は隠岐の島の東方海域で朝から観測を開始しています。今日も西寄りの風が強く吹いていますが、海況は昨日と変わらず波高が低いため、観測には影響なく予定通り実施しています。

 本日も学生は航海当直実習と並行し,機関当直実習を行っています。観測もあり船速はそれほど出していませんので船体の揺れはほとんどなく、学生は皆、元気に実習に取り組んでいます。
2014年7月24日(木)

海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月23日(水)
正午位置: 36゜06.78´N 132゜07.71´E (日本海)
天候:曇り、 風: SW 12.1 m/sec 、
波高: 1.4 m、気温:26.5℃、水温:26.0℃
針路:Var.、速力:1.1Kt(観測中)

 昨晩、最初の観測海域に到着、今朝まで魚探による海底探査を実施しました。現在、同付近においてCTD等の海洋観測を開始しています。昨日の夜から南西の風が強く吹いていましたが、波浪はそれほどではないので、観測には支障なく、予定どおりの作業が進められています。今日から学生は航海当直実習と並行し,機関当直実習が始まりました。
2014年7月23日(水)

海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)博多出港報告 7月22日(火)
 本日7月22日08時54分 博多港箱崎埠頭を離岸出港しました。入港中は北九州も梅雨明けをし、幸いほとんど雨もなく、学生達は上陸の自由時間を使い、各自様々な場所へ行き、見聞を広めてきたようです。

 博多では研究員24名が乗船し、博多〜金沢間の日本海での海洋調査のため、観測機材の積込み、機材の組み立てや準備を行ないました。現在穏やかな日本海を針路を北東へ向け航行していますが、明朝には最初の観測点で観測を開始する予定です。

正午位置: 34゜05.23´N 130゜28.55´E(響灘)
天候:晴れ、 風: SW 6.0 m/sec 、
波高: 0.2 m、気温:26.0℃、水温:26.5℃
針路:034°、速力:12.2Kt

乗船者
 実習生:(男子21名・女子16名)            37名
 乗組員:                       27名
 研究員:(明治大4名・海洋大3名・家政学院大1名
     千葉大3名・秋田大1名・大阪大2名・
鳥取大2名・鳥取水試2名・信州大1名
九州大2名・東大2名・神奈川県立博物館1名) 24名
                 計 88名
2014年7月22日(火)

海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)博多入港報告 7月19日(土)
 本日7月19日09時頃、博多湾に入り湾内の航路を通過した後、09時55分博多港箱崎埠頭1号岸壁に入港接岸しました。本日、学生は午後から漂流ごみ調査関係の講義を受ける予定ですが、高知から2日間の調査に携わり海上には、いかにたくさんのごみ等の漂流物があるかということを痛切に実感したようです。講義終了後、夕方には博多の街へ両舷上陸を予定しています。 

 博多では漂流ごみ調査のため乗船中の2名が下船し、新たに博多〜金沢間の日本海での海洋調査のため研究員24名が乗船の予定です。

 出港は7月22日(火)の09時を予定しています。
2014年7月19日(土)

海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月18日(金)
正午位置: 31゜07.97´N 130゜22.43´E(鹿児島県枕崎沖)
天候:晴れ、 風: SSE 1.5 m/sec 、
波高: 0.7 m、気温:26.6℃、水温:25.3℃
針路:305°、速力:12.3Kt

 現在、鹿児島県枕崎沖を漂流ごみの目視観測を実施しながら航行しています。昨日から始まった調査ですが、目視観測の他に朝、昼、夕の1日3回、ニューストンネットを曳き、表層のマイクロプラスチックなどの採集も行っています。様々な漂流物がネットにかかり、その多さ、多種さに驚かされます。 調査は博多まで日中のみ続けていきます。

 今日は航海が始まって以来、一番の凪となり海上は非常に静かで、学生は元気に航海当直などの実習に取り組んでいます。船内生活にもだいぶ慣れてきたようです。明日は今日入港の神鷹丸に続き、博多港へ午前中、到着の予定です。
2014年7月18日(金)

海鷹丸第42次航海(乗船漁業実習)高知出港報告 7月17日(木)
本日7月17日10時00分、高知港第1埠頭を離岸出港しました。現在、穏やかな土佐湾を南下しながら、学生達による漂流ごみの目視観測を開始しています。

高知では今回、環境省から委託された「漂流ごみ実態調査」実施のため、内田先生と朝日新聞の記者が乗船し、博多まで調査を担当、取材も行います。高知から博多までは大隅海峡を通り九州西岸を北上して行きますが、この間、日中を「漂流ごみ実態調査」にあて、目視観測やネット採集を実施していく予定です。

海鷹丸の高知港入港は久し振り(現在の海鷹丸4世は初めて)でしたが、学生は入港中、坂本龍馬など歴史上の偉人たちが生まれ育った土佐の風土や歴史、文化に触れることができ、楽しく過ごせたようです。

正午位置: 33゜14.63´N 133゜33.99´E (土佐湾)
天候:晴れ、 風: S 1.5 m/sec 、
波高: 0.6 m、気温:27.6℃、水温:26.7℃
針路:177°、速力:12.1Kt

乗船者
 実習生:(男子21名・女子16名)     37名
 乗組員:               27名
 研究員:(海洋大)           1名
 新聞社:                1名
            計 66名
2014年7月17日(木)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka