Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第41次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月03日(月)
03月02日(日)
03月01日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月21日(金)
02月20日(木)
02月19日(水)
02月18日(火)
02月17日(月)
02月16日(日)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月05日(水)
02月05日(水)
02月04日(火)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月02日(日)
02月01日(土)
02月01日(土)
01月31日(金)
01月31日(金)
01月30日(木)
01月30日(木)
01月29日(水)
01月29日(水)
01月28日(火)
01月28日(火)
01月27日(月)
01月26日(日)
01月26日(日)
01月25日(土)
01月25日(土)
01月24日(金)
01月24日(金)
01月23日(木)
01月22日(水)
01月22日(水)
01月21日(火)
01月21日(火)
01月20日(月)
01月20日(月)
01月19日(日)
01月19日(日)
01月18日(土)
01月18日(土)
01月17日(金)
01月17日(金)
01月16日(木)
01月16日(木)
01月15日(水)
01月15日(水)
01月14日(火)
01月14日(火)
01月13日(月)
01月13日(月)
01月12日(日)
01月12日(日)
01月11日(土)
01月10日(金)
01月07日(火)
01月06日(月)
01月06日(月)
01月05日(日)
01月04日(土)
01月03日(金)
01月02日(木)
01月01日(水)
12月31日(火)
12月30日(月)
12月29日(日)
12月28日(土)
12月27日(金)
12月26日(木)
12月23日(月)
12月22日(日)
12月21日(土)
12月20日(金)
12月19日(木)
12月18日(水)
12月17日(火)
12月16日(月)
12月15日(日)
12月14日(土)
12月13日(金)


[最新の10件]


「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−におい−
 どこの土地でもそうかもしれませんが、タスマニアの島の緑が見えるころになってくると、風向きによっては森のにおいのようなものが漂ってきます。とても良いにおいです。たくさん生えているユーカリの香りなのでしょうか。このような土地独特の香りはいつも嗅いでいる地元のひとは気づかないもので、遠い海から来た人だけが感じることができるのかもしれません。だとしたら少しだけ得した気分です。

 本日、海鷹丸はホバートに入港し、26日間のKARE17航海は幕を閉じます。とはいっても、KARE隊員は明日とあさって、市民との交流イベントがあったり、ホバートの研究者との学術交流集会に出席したりと、まだ任務は続きます。

 ホバートはオーストラリアのなかでもシドニーについで2番目に古い町です。大きな町としてはオーストラリアでもっとも南に位置し、捕鯨の基地として発展してきた歴史があります。捕鯨と同時に南極への窓口ともなっており、多くの南極探検家がここから出発しています。アムンセンも南極点到達後このホバートにもどり、本国ノルウェーに打電したのだそうです。今でもホバートは南極研究の拠点であり、Australian Antarctic Division(AAD)という大きな研究所があります。また、砕氷船Aurora Australisやd’Astrolabe(こちらはフランスの砕氷船)の基地でもあります。海鷹丸犬7回目の入港で、もはや我々にとっても馴染みの港です。ホバートはタスマニア州の州都にもかかわらず、ここに観光で遊びに来る日本人はひじょうに少ないようです。しかし、南極に携わる多くの日本人研究者にとっては有名なところで、かくいう私もAADで研究するために1年ほど滞在したことがあります。

 オーストラリは南極にいくつか基地を持っていますが、地元紙にはその基地の天気予報が出ます。役立てているひとがどれくらいいるのかは定かではありませんが、市民にとっても南極が身近な存在です。なので、酒場で南極海から戻ってきたところといってもあまり驚かれません。

 この「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」は船内にも掲示していましたが、この日をもって掲示を最後といたします。いつもそうですが、船長をはじめ海鷹丸の皆さんには、なんとお礼をいってよいのか分かりません。今回得られたデータでよい仕事をしていくことだけが、研究者がその恩に報いる方法のすべてです。専攻科の皆さんも悔いのないよう勉強し、残りの実習を楽しんでください。どうぞ東京までご安航を。

 なお、海洋大ホームページとFacebookページでお楽しみの方はもう数日間つづきます。どうぞ、もうしばらくご辛抱ください。
2014年2月5日(水)

copyright (c) 2005Umitaka