Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第41次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月03日(月)
03月02日(日)
03月01日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月21日(金)
02月20日(木)
02月19日(水)
02月18日(火)
02月17日(月)
02月16日(日)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月05日(水)
02月05日(水)
02月04日(火)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月02日(日)
02月01日(土)
02月01日(土)
01月31日(金)
01月31日(金)
01月30日(木)
01月30日(木)
01月29日(水)
01月29日(水)
01月28日(火)
01月28日(火)
01月27日(月)
01月26日(日)
01月26日(日)
01月25日(土)
01月25日(土)
01月24日(金)
01月24日(金)
01月23日(木)
01月22日(水)
01月22日(水)
01月21日(火)
01月21日(火)
01月20日(月)
01月20日(月)
01月19日(日)
01月19日(日)
01月18日(土)
01月18日(土)
01月17日(金)
01月17日(金)
01月16日(木)
01月16日(木)
01月15日(水)
01月15日(水)
01月14日(火)
01月14日(火)
01月13日(月)
01月13日(月)
01月12日(日)
01月12日(日)
01月11日(土)
01月10日(金)
01月07日(火)
01月06日(月)
01月06日(月)
01月05日(日)
01月04日(土)
01月03日(金)
01月02日(木)
01月01日(水)
12月31日(火)
12月30日(月)
12月29日(日)
12月28日(土)
12月27日(金)
12月26日(木)
12月23日(月)
12月22日(日)
12月21日(土)
12月20日(金)
12月19日(木)
12月18日(水)
12月17日(火)
12月16日(月)
12月15日(日)
12月14日(土)
12月13日(金)


[最新の10件]


「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−伝統芸能−
 船長「Dead slow ahead!」
 二等航海士「Dead slow ahead, Sir!」

 ウィングで海氷の位置を確認している船長から、操舵にあたっている二等航海士大きな声が飛び、それを復唱する二等航海士の声がブリッジから返します。すべての停船観測を終え帰路に着く前にIce operation(氷取り)が行われました。観測点の近くにあった氷山から崩れた大小の氷が帯状に流れているところを、船体に傷がつかないように慎重に船を寄せていきます。船尾では、ロープで編んだ網をクレーンで操作し、流れてくる氷を次々にすくい上げています。デッキでは大きなバールで専攻科学生が適当な大きさに砕いていき、土のう袋に入れて船倉に運び入れます。美しい氷の帯を眺めているのも好きですが、デッキでの喧噪と裏腹なブリッジでの凛と張った空気感に私はしびれます。

 この光景は、おそらく1956/57年の第一次南極観測隊に海鷹丸兇行った時から続いている伝統芸能といってもよいでしょう。だとしたら今回が海鷹丸にとって17回目、私にとっては7回目の氷取りです。今日で停船しての観測は終了しました。皆さんおつかれさまでした。今夜は船内で一気にウィスキーが消費され、明日は船が少し軽くなっているはずです。
2014年1月29日(水)

copyright (c) 2005Umitaka