Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第41次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月03日(月)
03月02日(日)
03月01日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月21日(金)
02月20日(木)
02月19日(水)
02月18日(火)
02月17日(月)
02月16日(日)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月05日(水)
02月05日(水)
02月04日(火)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月02日(日)
02月01日(土)
02月01日(土)
01月31日(金)
01月31日(金)
01月30日(木)
01月30日(木)
01月29日(水)
01月29日(水)
01月28日(火)
01月28日(火)
01月27日(月)
01月26日(日)
01月26日(日)
01月25日(土)
01月25日(土)
01月24日(金)
01月24日(金)
01月23日(木)
01月22日(水)
01月22日(水)
01月21日(火)
01月21日(火)
01月20日(月)
01月20日(月)
01月19日(日)
01月19日(日)
01月18日(土)
01月18日(土)
01月17日(金)
01月17日(金)
01月16日(木)
01月16日(木)
01月15日(水)
01月15日(水)
01月14日(火)
01月14日(火)
01月13日(月)
01月13日(月)
01月12日(日)
01月12日(日)
01月11日(土)
01月10日(金)
01月07日(火)
01月06日(月)
01月06日(月)
01月05日(日)
01月04日(土)
01月03日(金)
01月02日(木)
01月01日(水)
12月31日(火)
12月30日(月)
12月29日(日)
12月28日(土)
12月27日(金)
12月26日(木)
12月23日(月)
12月22日(日)
12月21日(土)
12月20日(金)
12月19日(木)
12月18日(水)
12月17日(火)
12月16日(月)
12月15日(日)
12月14日(土)
12月13日(金)


[最新の10件]


「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−A factor−
 Antarctic factorという言葉をご存知でしょうか。これはA factorと呼ばれることもあります。私はこの言葉をオーストラリア南極局のGraham Hosie博士から教わりました。「The Antarctic Dictionary, A Complete Guide to Antarctic English (by B. Hince)」というあまり売れなさそうな辞書によると、the unpredictability of life in Antarctica(抜粋)、南極での生活における予測不可能なこと、といった感じでしょうか。さらには「厳しい気候や極度の隔絶状態に起因する」ともあります。

 南極での生活経験があるひとでなければご存知なわけがないですね。我々はよくこの言葉を思い出します。10分単位の観測計画を立てても暴風圏を通れば、そんな計画すぐに崩壊です。船のスピードは読めないし、そもそも暴風圏では観測自体ままなりません。暴風圏を過ぎても観測を予定していた場所が氷に覆われていたり、予定した航路が巨大な氷山にふさがれていたりすることもあります。全部A factorです。その都度ミーティングを重ね、作戦を変更しながら旅をつづけます。予期せぬことがあることがもう想定されている航海なので、もはやA factorではないような気もしますが。

 今朝未明、IONESSアイオネス(多段開閉式ネット)による観測を行いましたが、動作不良によりその観測点での観測を取りやめました。国内でも動作確認をし、観測直前にもチェックしたうえでの本番での動作不良でした。次の観測点に入る前に改めて不良の原因を突き止めるべくテストを繰り返しましたが、機械的・電気的なトラブルの可能性は低いと考えられました。生物グループの甘糟リーダーや渡辺さんの頭に浮かんだのは、もしやこの寒さが原因!でした。著しく寒くなると、いろんなところが凍ったりゆがんだりして、観測機器が働くなることは時々あります。もはやそれしか原因が考えられません。典型的なA factorです。「厳しい低温と海中400 mの極度の隔絶状態」にやられたのです。甲板員の中養母さんらに相談すると、トラブルの箇所であるモーター部を防寒用にと古タオルでくるんでくれました。次はなんとか頑張ってほしいものです。(その後、なんとか動いてプランクトンや魚類を採ってきてくれました)
2014年1月20日(月)

copyright (c) 2005Umitaka