Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第41次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月03日(月)
03月02日(日)
03月01日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月21日(金)
02月20日(木)
02月19日(水)
02月18日(火)
02月17日(月)
02月16日(日)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月05日(水)
02月05日(水)
02月04日(火)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月02日(日)
02月01日(土)
02月01日(土)
01月31日(金)
01月31日(金)
01月30日(木)
01月30日(木)
01月29日(水)
01月29日(水)
01月28日(火)
01月28日(火)
01月27日(月)
01月26日(日)
01月26日(日)
01月25日(土)
01月25日(土)
01月24日(金)
01月24日(金)
01月23日(木)
01月22日(水)
01月22日(水)
01月21日(火)
01月21日(火)
01月20日(月)
01月20日(月)
01月19日(日)
01月19日(日)
01月18日(土)
01月18日(土)
01月17日(金)
01月17日(金)
01月16日(木)
01月16日(木)
01月15日(水)
01月15日(水)
01月14日(火)
01月14日(火)
01月13日(月)
01月13日(月)
01月12日(日)
01月12日(日)
01月11日(土)
01月10日(金)
01月07日(火)
01月06日(月)
01月06日(月)
01月05日(日)
01月04日(土)
01月03日(金)
01月02日(木)
01月01日(水)
12月31日(火)
12月30日(月)
12月29日(日)
12月28日(土)
12月27日(金)
12月26日(木)
12月23日(月)
12月22日(日)
12月21日(土)
12月20日(金)
12月19日(木)
12月18日(水)
12月17日(火)
12月16日(月)
12月15日(日)
12月14日(土)
12月13日(金)


[最新の10件]


「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−またここにやって来ました−
 夜明け前4時から観測が始まっています。南緯55度まで南下しました。この辺りまで来るとAntarctic Polar Front南極前線を超え、南極海に来たという感じです。

 今朝未明にはこの航海で最初の氷山がレーダーで確認されています。水温もぐっと下がり4度台になりました。この南極前線の南側には大陸をとりまく南極周極流という大規模な東向の流れがあり、南極周辺をきわめて寒冷な環境にしています。ある意味でここからが南極海というわけです。この周極流が発達するようになったのはおよそ3000万年前で、そのころから南極の寒冷化が進んだと考えられています。つまり、南極特有の生物の進化も3000万年の歴史をもっているわけです。その結果、現在では南極海のきわめて寒冷な環境に適応した生物のみが南極海に生息することができ、この前線の南側では固有の生態系が確立しています。

 我々の研究もここからが本番です。海鷹丸は今年もまた南極海にやってきました。写真は水産専攻科の学生 今井さんが撮影しました。
2014年1月17日(金)

copyright (c) 2005Umitaka