Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第41次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月03日(月)
03月02日(日)
03月01日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月21日(金)
02月20日(木)
02月19日(水)
02月18日(火)
02月17日(月)
02月16日(日)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月05日(水)
02月05日(水)
02月04日(火)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月02日(日)
02月01日(土)
02月01日(土)
01月31日(金)
01月31日(金)
01月30日(木)
01月30日(木)
01月29日(水)
01月29日(水)
01月28日(火)
01月28日(火)
01月27日(月)
01月26日(日)
01月26日(日)
01月25日(土)
01月25日(土)
01月24日(金)
01月24日(金)
01月23日(木)
01月22日(水)
01月22日(水)
01月21日(火)
01月21日(火)
01月20日(月)
01月20日(月)
01月19日(日)
01月19日(日)
01月18日(土)
01月18日(土)
01月17日(金)
01月17日(金)
01月16日(木)
01月16日(木)
01月15日(水)
01月15日(水)
01月14日(火)
01月14日(火)
01月13日(月)
01月13日(月)
01月12日(日)
01月12日(日)
01月11日(土)
01月10日(金)
01月07日(火)
01月06日(月)
01月06日(月)
01月05日(日)
01月04日(土)
01月03日(金)
01月02日(木)
01月01日(水)
12月31日(火)
12月30日(月)
12月29日(日)
12月28日(土)
12月27日(金)
12月26日(木)
12月23日(月)
12月22日(日)
12月21日(土)
12月20日(金)
12月19日(木)
12月18日(水)
12月17日(火)
12月16日(月)
12月15日(日)
12月14日(土)
12月13日(金)


[最新の10件]


「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」 1月12日「採水講習会」
 海鷹丸はすっかり外洋に出て、これからしばらくの間は船すら見ることのない日が続きます。人工物の無い世界です。水温20℃前後、まだ亜熱帯の海です。海鷹丸は順調に最初の観測点に向かっています。

 今日は、採水講習会を研究者で行いました。採水器の使い方や、さらに得られた海水を採水器からサンプルびんに回収する作法を学びました。採水には簡単そうで難しい様々な作法が目的別にあります。我々が観測を行う南極海のオーストラリアの南側の海域は、まだまだ観測データが少ない未知の領域です。そのため海鷹丸の取得するデータはきわめて貴重なもので、世界から注目されています。温暖化は地球上の様々なところで現れ南極海もその例外ではありません。しかし、その変質を捉えるためには非常に精度の高い観測機器と技術が求められます。そこで、我々のチームは佐藤さん(写真中央)と豊田さんという優れた技
術者をマリンワークジャパンから迎え、技術支援を得ています。研究者の中には経験豊富なひとも多いですが、採水講習会で高い技術を彼らから得ようと真剣です。

 明日の朝から本格的な観測が始まります。
2014年1月12日(日)

copyright (c) 2005Umitaka