Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第41次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月03日(月)
03月02日(日)
03月01日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月21日(金)
02月20日(木)
02月19日(水)
02月18日(火)
02月17日(月)
02月16日(日)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月05日(水)
02月05日(水)
02月04日(火)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月02日(日)
02月01日(土)
02月01日(土)
01月31日(金)
01月31日(金)
01月30日(木)
01月30日(木)
01月29日(水)
01月29日(水)
01月28日(火)
01月28日(火)
01月27日(月)
01月26日(日)
01月26日(日)
01月25日(土)
01月25日(土)
01月24日(金)
01月24日(金)
01月23日(木)
01月22日(水)
01月22日(水)
01月21日(火)
01月21日(火)
01月20日(月)
01月20日(月)
01月19日(日)
01月19日(日)
01月18日(土)
01月18日(土)
01月17日(金)
01月17日(金)
01月16日(木)
01月16日(木)
01月15日(水)
01月15日(水)
01月14日(火)
01月14日(火)
01月13日(月)
01月13日(月)
01月12日(日)
01月12日(日)
01月11日(土)
01月10日(金)
01月07日(火)
01月06日(月)
01月06日(月)
01月05日(日)
01月04日(土)
01月03日(金)
01月02日(木)
01月01日(水)
12月31日(火)
12月30日(月)
12月29日(日)
12月28日(土)
12月27日(金)
12月26日(木)
12月23日(月)
12月22日(日)
12月21日(土)
12月20日(金)
12月19日(木)
12月18日(水)
12月17日(火)
12月16日(月)
12月15日(日)
12月14日(土)
12月13日(金)


[最新の10件]


海鷹丸第41次航海(遠洋航海) 正午位置報告 1月13日(月)
正午位置: 39゜59.98´S 110゜00.05´E(インド洋 オーストラリア南西海域)
天候: 晴れ、 風: W 8.5 m/sec 、
波高: 4.5 m、 気温:14.1℃、水温:15.1℃
針路:Var. 速力:Var.(観測中)
船内時間:UTC+08h00m

 本日、10時に最初の観測点(南緯40°,東経110°)に到着、今年も海鷹丸は昨年と同じ地点から南大洋調査を開始しました。海上は昨日からうねりが大きく、朝から風が強く吹いており、海況の悪化が心配されましたが、実施可能と判断し午前中から観測を開始しています。現在、風が弱まり海況もだいぶ落ち着いて来て、予定通りの観測項目を実施していますが、明日以降も無理をせず安全な観測と安全な運航を行っていきたいと思います。

 本船の周囲にはアホウドリやミズナギドリなど大型の海鳥の飛ぶ姿が増えてきました。
2014年1月13日(月)

海鷹丸第41次航海(遠洋航海) 正午位置報告 1月12日(日)
正午位置: 36゜02.91´S 112゜27.96´E(オーストラリア南西海域)
天候: 曇り、 風: WSW 10.8 m/sec 、
波高: 4.2 m、 気温:18.6℃、水温:19.2℃
針路:206° 速力:12.0kt
船内時間:UTC+08h00m

 現在、順調に最初の観測点(南緯40°,東経110°)へ向け南下しています。これより待ち受けている暴風圏に備え船上の様々な物が固定され、荒天準備は完了しています。南からの大きなうねりで昨日から船体は揺れ始めていますが、風はそれほど強く吹いておらず、まだ波が船上に打ち込むほどの揺れではありません。現在の船速で行くと、明日の午前中には観測点に到着し観測を開始できる見込みです。
2014年1月12日(日)

「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」 1月12日「採水講習会」
 海鷹丸はすっかり外洋に出て、これからしばらくの間は船すら見ることのない日が続きます。人工物の無い世界です。水温20℃前後、まだ亜熱帯の海です。海鷹丸は順調に最初の観測点に向かっています。

 今日は、採水講習会を研究者で行いました。採水器の使い方や、さらに得られた海水を採水器からサンプルびんに回収する作法を学びました。採水には簡単そうで難しい様々な作法が目的別にあります。我々が観測を行う南極海のオーストラリアの南側の海域は、まだまだ観測データが少ない未知の領域です。そのため海鷹丸の取得するデータはきわめて貴重なもので、世界から注目されています。温暖化は地球上の様々なところで現れ南極海もその例外ではありません。しかし、その変質を捉えるためには非常に精度の高い観測機器と技術が求められます。そこで、我々のチームは佐藤さん(写真中央)と豊田さんという優れた技
術者をマリンワークジャパンから迎え、技術支援を得ています。研究者の中には経験豊富なひとも多いですが、採水講習会で高い技術を彼らから得ようと真剣です。

 明日の朝から本格的な観測が始まります。
2014年1月12日(日)

海鷹丸第41次航海(遠洋航海) フリーマントル出港報告 1月11日(土)
正午位置: 31゜53.54´S 115゜21.29´E(オーストラリア西岸、ロットネスト島沖)
天候: 晴れ、 風: SSE 7.5 m/sec 、
波高: 2.0 m、 気温:26.3℃、水温:22.0℃
針路:281° 速力:13.9kt
船内時間:UTC+08h00m

 本日、09時58分 フリーマントル港ビクトリア埠頭を予定通り離岸出港しました。沖合でパイロットは下船し、現在、南大洋の調査海域へ向け航走を開始しています。

 入港中は燃料・水の補給、食糧の積込み、塵芥の陸揚げを行い、入港翌日の7日には南大洋調査のため、日本から首席研究員の茂木先生をはじめとする研究員21名がオーストラリアに到着、無事、フリーマントル港で停泊中の海鷹丸に乗船しました。新しいメンバーが増えホバートまで賑やかになりそうです。停泊中は連日天気が良く、またトラブル・事故もなく学生、乗組員とも、これから始まる23日間の南大洋調査航海の前に十分な充電ができたようです。

 研究員乗船後は、研究室など船内各所に様々な調査機器が配置され、甲板上にも多くの観測機器が準備されています。明後日には最初の観測点に到着し、観測を開始する予定です。


乗船者 専攻科学生:男子31名・女子13名   44名
    乗組員:              27名
    研究員:              21名        
                    計 92名
2014年1月11日(土)

「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」 1月10日「ビール」
 1月7日に海鷹丸に再会してから4日目の今日、なんとなく準備が終わりました。せっかくオーストラリアはフリマントルまでやってきて、研究者21名は観光どころか食事に出かける以外はほとんど外出もせず準備作業にかかりっきりでした。後部甲板も今はひっそりです(写真は夕方5時)。出港前からすでにぐったりですが、今夜はみな最後の陸でのビールを呑みに出かけます。余談ではありますが、オーストラリアでは小さなビールメーカが多く、各社しのぎを削っているためビールはたいへんおいしいです。では、私もこの辺で。明日出港です。
2014年1月10日(金)

「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」 「再会」
 シドニー経由で18時間以上の旅を終え、研究者21名、西オーストラリア州フリマントルで午後2時ごろぶじ海鷹丸と再会を果たしました。天気は快晴、気温は25度くらいでしょうか。研究者はさっそく荷物を解き約一か月におよぶ船内生活の準備に取り掛かりました。明日からは本格的な観測の準備が始まります。乗組員の皆さん、専攻科の皆さん、これから約一か月の間お世話になります。
2014年1月7日(火)

「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」 「行ってきま〜す」
 今年のM大学はどこまでいけるかな、意外にいいかも、いや、やっぱりここでダメか、でも復路にいい選手が残っている、あれ?あれ? 結局この順位か! もちろん箱根駅伝の話です。今年はゆっくり観戦してからの出発です。とはいうものの、スタッフは出発ギリギリまで各方面の調整に追われているのが現状です。海氷状況、表層係留系の位置(我々が回収しますが、現在漂流しながらデータを取っています)、燃料価格の相場(これも高くなる方向に漂流しています)、結局不確定要素や心配材料を抱えての出発はいつもと変わりません。とにかく研究者21名、元気に出発します。箱根駅伝のM大のように迷走しないよう、確実・安全にミッションをこなしたいと思います。明日の午後、海鷹丸に再会です。(一応言っておきますがわたしはM大のファンです)
2014年1月6日(月)

海鷹丸第41次航海(遠洋航海) フリーマントル入港報告 1月6日(月)
 本日08時53分、パイロットステーションにてパイロットが乗船、約4マイル航走後、09時28分 フリーマントル港ビクトリア埠頭に入港接舷しました。着岸後、午前中は税関、代理店が来船し、午後は検疫官が来船、船内検査の後無事、全ての入港手続きが終了しました。

 フリーマントルでは燃料、水、食糧の積込みを行う他、明日7日には南大洋調査のため日本から調査員21名が到着、海鷹丸に乗船してきます。出港は1月11日の10時を予定しており、いよいよ南大洋へ向かうことになります。

 学生は本日午後から、真夏のオーストラリア・フリーマントルに今年最初の上陸を予定しています。
2014年1月6日(月)

海鷹丸第41次航海(遠洋航海)正午位置報告 1月5日(日)
正午位置:30゜03.23´S 114゜02.61´E(インド洋)
天候: 晴れ、 風: SSE 12.7 m/sec 、
波高: 4.4 m、気温:21.4℃、水温:22.5℃
針路:144° 、速力: 8.0Kt
船内時間:UTC+08h00m

 昨日から南東よりの20m/sec近い風と大きなうねりでピッチングを繰り返しながら船速を落として航行してきましたが、今朝はやっと風が弱まってきてうねりも小さくなってきました。ただまだ波高が高いためにしばしば波が船体を叩きます。陸影はまだ見えてきませんが、外の空気の臭いで西オーストラリア州西岸に近づいて来ていることが分かります。また出会う船舶がだんだん増えてきました。

 明日は9時にパイロット乗船となっていますので、現在、その時間に合わせ船速を調整しています。今日、学生は明日のフリーマントル入港に備え、船内の片づけ整理などを行っています。
2014年1月5日(日)

海鷹丸第41次航海(遠洋航海)正午位置報告 1月4日(土)
正午位置:27゜30.59´S 112゜39.41´E(インド洋)
天候: 晴れ、 風: SE 12.0 m/sec 、
波高: 5.8 m、気温:22.8℃、水温:23.4℃
針路:156° 、速力: 8.1Kt
船内時間:UTC+08h00m

 昨日は波浪が大きく風も強かったのですが、デッキにしぶきが上がることなく天気も良かったので、何とか無事、洋上祭を開催することが出来ました。学生も乗組員も洋上祭を大変楽しんだ様子で、昨日で、これからまだまだ続く長い航海へ向けて、気持ちも体もリフレッシュできたと思います。

 今日は操船実習を予定していましたが、荒天のため中止としました。べノア出港以来、海況に恵まれず、予定していた実習がなかなか出来ないため、苦労しています。
2014年1月4日(土)

Page/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
copyright (c) 2005Umitaka