Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第41次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月03日(月)
03月02日(日)
03月01日(土)
02月28日(金)
02月27日(木)
02月26日(水)
02月25日(火)
02月24日(月)
02月23日(日)
02月22日(土)
02月21日(金)
02月20日(木)
02月19日(水)
02月18日(火)
02月17日(月)
02月16日(日)
02月15日(土)
02月14日(金)
02月13日(木)
02月12日(水)
02月11日(火)
02月11日(火)
02月10日(月)
02月10日(月)
02月09日(日)
02月05日(水)
02月05日(水)
02月04日(火)
02月04日(火)
02月03日(月)
02月03日(月)
02月02日(日)
02月02日(日)
02月01日(土)
02月01日(土)
01月31日(金)
01月31日(金)
01月30日(木)
01月30日(木)
01月29日(水)
01月29日(水)
01月28日(火)
01月28日(火)
01月27日(月)
01月26日(日)
01月26日(日)
01月25日(土)
01月25日(土)
01月24日(金)
01月24日(金)
01月23日(木)
01月22日(水)
01月22日(水)
01月21日(火)
01月21日(火)
01月20日(月)
01月20日(月)
01月19日(日)
01月19日(日)
01月18日(土)
01月18日(土)
01月17日(金)
01月17日(金)
01月16日(木)
01月16日(木)
01月15日(水)
01月15日(水)
01月14日(火)
01月14日(火)
01月13日(月)
01月13日(月)
01月12日(日)
01月12日(日)
01月11日(土)
01月10日(金)
01月07日(火)
01月06日(月)
01月06日(月)
01月05日(日)
01月04日(土)
01月03日(金)
01月02日(木)
01月01日(水)
12月31日(火)
12月30日(月)
12月29日(日)
12月28日(土)
12月27日(金)
12月26日(木)
12月23日(月)
12月22日(日)
12月21日(土)
12月20日(金)
12月19日(木)
12月18日(水)
12月17日(火)
12月16日(月)
12月15日(日)
12月14日(土)
12月13日(金)


[最新の10件]


海鷹丸第41次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月11日(火)
正午位置: 38゜57.92´S 149゜42.54´E(タスマン海 タスマニア島 北東沖)
天候: 曇り、 風: E 9.5 m/sec 、
波高: 1.1 m、 気温:19.9℃、水温:20.4℃
針路:014° 速力:11.8kt
船内時間:UTC+11h00m

 タスマニア島の北東沖を北上しています。昨日まであった南からの大きなうねりは無くなり、多少風はありますが、海上は穏やかです。島の沿岸を航行中は、多数のイルカが本船に寄ってきて一緒に併走したり、アホウドリやミズナギドリなどの海鳥が周囲を飛んでいて賑やかでしたが、現在は姿を消してしまい寂しくなっています。実習は航海当直実習の他、学生教室で衛生管理者講習などの課業を実施しています。学生はホバート停泊中に十分充電は出来ているはずですので、残りの長い航海も最後までしっかりやり遂げてもらいたいと思っています。

乗船者 専攻科学生:男子31名・女子13名   44名
    乗組員:               27名
                      計 71名
2014年2月11日(火)

ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−目の前のニンジン−
 早朝ひとり成田空港に到着しました。今朝も雪で鉄道が遅れています。いちおう動いているので気にはしません。

 今回は私にとって7シーズン目の「海鷹丸」南極観測航海でした。たぶん来年は8シーズン目があり、誰かが文句でも言わない限り私は4回目の首席研究員になるでしょう。首席の仕事はいろんな顔(仕事)があるかと思います。観測計画のとりまとめや準備の統括責任者、海鷹丸との各種調整責任者、「そこのけ通信」の執筆(広報官)、海氷分布や天気図にもとづく航海中の進路・速力の決定責任者、研究室とブリッジとの連絡係、航海中の燃油消費量の計算係、ホバートでの市民や研究者との交流窓口係、などなど。

 観測中はだいたいひとりで、ブリッジにつながるチャートルームの隅っこのテーブルで仕事をしています。初めて首席研究者をつとめた年はさらに生物グループのリーダーも兼任していましたが、どっちつかずの中途半端な仕事になってしまったため、次の航海から現在の甘糟生物Gリーダーにお願いするようになりました。研究者は担当研究課題のグループ(たとえば生物G)のほか、それとは関係なく時間で行動するワッチと呼ばれるグループに属します。つまりグループでの行動が基本となります。私はいちおう海洋大・極地研共同生物Gの構成員ではありますが、観測中はほとんどひとりでブリッジにいるので、他の研究者と行動することはふつうありません。

 私も誰よりも強いサイエンスに対する興味を持っているつもりですが、上述のようなサイエンスとあまり関わりのない仕事が首席の仕事の大半を占めることはたいへんつらいものです。実際には生物Gの観測のデザインにはわたしの要望をかなり取り入れてもらっているので、ほんとうはありがたいことです。今年はなんとか自分でも採集直後のサンプルを顕微鏡観察するなど、直接研究に関わる仕事を船に持ち込みましたが、どうしても片手間になりがちです。来年度はどうなるでしょうか。

 じつは、来年度航海の話は私たちがフリマントルを出発する前から始まっています。すでに大まかな航海計画や予算の話まで出ています。毎年このように、追われるように研究・航海が計画され実行されていくことは、いろんな意味でとても危険です。観測項目や内容の複雑化・高度化が進むことによって全体を把握することは難しくなってきて、常に勉強しついていかなくてはなりません。しかし、さらにたいへんなのは以前は海洋大だけで行っていた航海に、極地研ほか様々な研究機関から研究者が乗船するようになり(もちろんこれは喜ばしいことです)、組織としても複雑化し南極航海に関与する人間の数はどんどん拡大していきます。研究観測の実践的なスキルも多様で、経験の豊富なものからほとんど初心者まで乗船しますが、彼ら全員が満足するような航海にしなくてはなりません。これまでもそうでしたが、これからさらにオーストラリアとの連携強化も進み、観測計画や報告書も英語になっていくことでしょう。

 と、まあ心配事をならべるとずいぶんたくさんあります。しかし、これからデータの解析を進めていき、今までのデータも含めて研究者みんなから結果が出てきてそれについて議論し、論文が出来上がっていきます。たいていその論文に書かれているのは、分かったことよりこれから明らかにしなくてはならないことの方が多いのが常です。これは研究者にとってはわくわくすることで、目の前のニンジンを食べたらニンジンが増えていた状態なわけで、立ち止まってなんかいられないのです。

 成田空港から毎年この時期この時間に成田エクスプレスに乗車し、車窓に凍てつく田んぼを見ながらいろんなことを考えるのですが、ことしの景色はまた格別です。南極から戻ってきてまた真っ白な風景ですが、やっぱりほっとするものです。来年はどんな風景を見ながら何を考えているのでしょう。

 みなさんには長い間おつきあいいただきありがとうございます。では、またどこかでお会いしましょう。
2014年2月11日(火)

ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−ニュースの裏側−
 少し日本に近づき、シドニーです。

 おととい出発した私を除く研究者は、大雪のため成田空港でひどい目にあったようです。インターネットが言うには東京では45年ぶりの大雪とのこと。南極海で散々読めない気象状況に悩まされ、久しぶりに日本に帰ればこの混乱、気の毒な限りです。

 私たちはこのような混乱を、あのときは、昨日は、昨年は大変だったね、で終わらせてしまいがちです。せいぜい問題になるのは、防災対策やリスク・マネージメントは十分だったかということです。大雪や強大な台風が来るとテレビニュースが報じるのは、そのときの気圧配置などの気象条件、せいぜい踏み込んで海水温です。今回の大雪をどのように解釈するかはともかく、我々はこの50年、100年の気象トレンドをつねに頭のすみにおいておく必要があるのではないかと思います。それは常にニュースの裏側にあります。いうまでもなく、気温、水温、CO2濃度は上昇しています。

 少なくとも45年位前にはこれくらいの大雪が降っているので、今回が異常気象というのは簡単ではなく、むしろ以前にはよくあった気象条件が見られたのかもしれません。しかし、今回のような大雪が降ることを忘れるくらい雪が降っていなかったことが異常なのかもしれません。
 地球は少しずつ、少しずつ、人間活動のせいで変化していることは間違いなく、それが不可逆的、加速度的に進んでいるようにみえます。海鷹丸が何をどこまでできるのかは分かりませんが、何をしないわけにはいかないのです。

 そんなことをひとり考えるシドニーでした。
2014年2月10日(月)

海鷹丸第41次航海(遠洋航海) ホバート出港報告 2月10日(月)
 本日08時36分、パイロットが乗船し、08時50分ホバート港を出港しました。現在、タスマニア島の南東沿岸を航行しています。

 入港中は水の補給、食糧の積込み、塵芥の陸揚げを行った他、2日目には午前中、豪日協会他、地元研究者の皆さんが来船し海鷹丸の船内見学を実施しました。この日はホバート市長さんが、お忙しい中、来船されました。午後からは場所を変え、恒例となった豪日協会他、現地の皆さんとの懇親BBQパーティーが郊外の公園で催されました。こうした様々なイベントは学生たちにとって非常に良い経験になり、オーストラリアの人々との交流を深める大変良い機会となっています。また1月7日にフリーマントルで乗船以来、南大洋調査で約1か月間の長期にわたり調査に携わってきた研究員21名はホバートでの学術研究集会など様々な行事を終えた後、日本へ帰国のため、8日にホバートで下船しました。

 海鷹丸は本日、ホバートを出港し、東京まで無寄港で北上するのみですが、帰港まで先は長く実習はたっぷり組まれていますので学生はまだまだ気が抜けません。 航海は残り22日となりましたが、気を引き締めて最後まで安全運航を続けます。

正午位置: 43゜15.48´S 147゜49.73´E(タスマニア島 南東沿岸)
天候: 晴れ、 風: SW 8.5 m/sec 、
波高: 2.6 m、 気温:15.8℃、水温:17.3℃
針路:093° 速力:12.1kt
船内時間:UTC+11h00m
2014年2月10日(月)

ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−Collaboration is hard work.−
 昨日、私以外の研究者は無事に帰宅の途につき、大雪の東京に帰っていきました。私はといえばこちらで残した仕事をひとり粛々とこなしているところです。ホバートでのこの数日間、いろんなことがありました。書くのをサボっていたので、少し振り返ってみたいと思います。

 まず、入港した当日の午後にはタスマニア大学が新しくウォーターフロントにつくった研究所Institute of Marine and Antarctic Science(IMAS)に、東京からやってきた副学長とご挨拶に行き、夜は地元研究者を交えてのディナー、翌日は地元市民や研究者による海鷹丸見学会(ホバート市長も来訪)と懇親BBQ大会、それから夕方にはタスマニアの総督邸にお呼ばれで、船長とディナーパーティーに出席、3日目はホバートの南極研究者とIMASで合同セミナー+BBQランチ(研究者全員)、夜は地元研究者とディナー、そして4日目、朝に研究者の出発を見送ったあと、オーストラリア南極局(AAD)の所長を海鷹丸にお迎えし船内を案内、きょうはAADの研究者と遅い朝食、夕方もお座敷がかかっており別のAADの研究者のお宅でディナーです。これですべてのミッションが終了で私も明日の飛行機で帰ります。海鷹丸も明朝、東京に向けて出港です。

 このようにホバートでの滞在がいつになく多忙になったのは、海鷹丸の入港がホバートでよく知られるようになりそれが歓迎されていること、海鷹丸の南極海における研究観測がオーストラリアの研究者に評価されるようになったことなどが理由として挙げられます。とくに3日目に行われたセミナーでは、オーストラリアと国立極地研究所、そして東京海洋大学が、研究協力の体制を強化することを盛り込んだ
公式書簡が取り交わされました。3者で南極海インド洋セクターにおける海鷹丸の重要性を改めて確認し、具体的にどのように研究をすすめるかなど前向きな議論が行われました。

 日本にはノミュニケーションというおそらくサラリーマンによって造られた、的を射た素晴らしい言葉があります。国際共同研究を進めるときにもこれはとても重要で、ノミュニケーションは日本だけの話ではありません。セミナーのあとのランチでもビールやワインが出されます。個人的にも呑んだり食べたりして信頼関係を築くことが継続的な共同研究の前提となるのです。今日の日誌のタイトルは、長年様
々な共同研究に携わってきたグラハム・ホージー博士のことばです。「コラボレーションハ、タイヘンナシゴトデス」(写真:タスマン・ブリッジと海鷹丸)
2014年2月9日(日)

「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−におい−
 どこの土地でもそうかもしれませんが、タスマニアの島の緑が見えるころになってくると、風向きによっては森のにおいのようなものが漂ってきます。とても良いにおいです。たくさん生えているユーカリの香りなのでしょうか。このような土地独特の香りはいつも嗅いでいる地元のひとは気づかないもので、遠い海から来た人だけが感じることができるのかもしれません。だとしたら少しだけ得した気分です。

 本日、海鷹丸はホバートに入港し、26日間のKARE17航海は幕を閉じます。とはいっても、KARE隊員は明日とあさって、市民との交流イベントがあったり、ホバートの研究者との学術交流集会に出席したりと、まだ任務は続きます。

 ホバートはオーストラリアのなかでもシドニーについで2番目に古い町です。大きな町としてはオーストラリアでもっとも南に位置し、捕鯨の基地として発展してきた歴史があります。捕鯨と同時に南極への窓口ともなっており、多くの南極探検家がここから出発しています。アムンセンも南極点到達後このホバートにもどり、本国ノルウェーに打電したのだそうです。今でもホバートは南極研究の拠点であり、Australian Antarctic Division(AAD)という大きな研究所があります。また、砕氷船Aurora Australisやd’Astrolabe(こちらはフランスの砕氷船)の基地でもあります。海鷹丸犬7回目の入港で、もはや我々にとっても馴染みの港です。ホバートはタスマニア州の州都にもかかわらず、ここに観光で遊びに来る日本人はひじょうに少ないようです。しかし、南極に携わる多くの日本人研究者にとっては有名なところで、かくいう私もAADで研究するために1年ほど滞在したことがあります。

 オーストラリは南極にいくつか基地を持っていますが、地元紙にはその基地の天気予報が出ます。役立てているひとがどれくらいいるのかは定かではありませんが、市民にとっても南極が身近な存在です。なので、酒場で南極海から戻ってきたところといってもあまり驚かれません。

 この「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」は船内にも掲示していましたが、この日をもって掲示を最後といたします。いつもそうですが、船長をはじめ海鷹丸の皆さんには、なんとお礼をいってよいのか分かりません。今回得られたデータでよい仕事をしていくことだけが、研究者がその恩に報いる方法のすべてです。専攻科の皆さんも悔いのないよう勉強し、残りの実習を楽しんでください。どうぞ東京までご安航を。

 なお、海洋大ホームページとFacebookページでお楽しみの方はもう数日間つづきます。どうぞ、もうしばらくご辛抱ください。
2014年2月5日(水)

海鷹丸第41次航海(遠洋航海) ホバート入港報告 2月5日(水)
 本日、久し振りの陸地を眺めながら、静かなタスマニアの東沿岸を北上し08時55分にパイロットが乗船、09時41分 ホバート港のMacquarie埠頭4番に入港着岸しました。着岸後、すぐに税関、検疫官、現地代理店が来船し入港手続きを開始、昼前には全ての手続きが滞りなく終了しました。ホバートでは燃料、水、食糧の積込みを行う他、豪日協会との交流イベントやホバート市長の海鷹丸来船、学術研究集会の開催など様々な行事が予定されています。日本からも賞雅理事他、本学教職員が参加の予定です。南大洋調査で乗船中の研究員21名は、無事任務を終えて帰国のためホバートで下船します。

 ホバート出港は2月10日の10時を予定しています。

 船内時間:UTC+11h00m
2014年2月5日(水)

「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−Blue days−
 いよいよ明朝に入港します。研究者はどんな気持ちなのでしょうか。専攻科の学生にとって南極航海はどうでしたか。私はといえば、ホバートでいくつか重要な仕事が待っており、なかなか気が休まりません。KARE17航海報告書の原稿が出そろい目を通しました。観測期間中や終了してからも、この航海はうまくいったのか、研究者は満足しているのか、観測終了後にようやくできた時間で○−ルを呑みながら、数日間ではありますが考えない日はありませんでした。

 観測期間には、観測機器類のトラブルや私の判断ミス、観測計画の削減・変更などうまくいかなかったことが多々あり、やや気分の重い日も続きました。しかし、出てきた報告書をみて改めて26日間の航海が実りあるものであったのかもと、自信を少し取り戻しました。こつこつと昼夜もなく取り続けたデータは必ず日の目をみることでしょう。

 観測期間中はこちらにあまり余裕が無く、専攻科生ともあまり話す機会が無かったのですが、ここへ来てようやく観測や研究について話すことができるようになりました。少しでも研究の意義を理解してもらい、この航海に参加したことを誇りに思ってもらえればうれしい限りです。

 オーストラリアの排他的経済水域に入っています。きょうは作業用ライフジャケットや合羽を洗って干しました。うねりはありますが天気
はよいです。今夜中にタスマニアの南端付近をかわし、明け方空が白んでくるころには25日ぶりの陸地が見えているはずです。
2014年2月4日(火)

海鷹丸第41次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月4日(火)
正午位置: 45゜40.63´S 145゜02.04´E(タスマニア南西沖)
天候: 晴れ、 風: SW 7.6 m/sec 、
波高:3.3 m、 気温: 12.8℃、 水温: 12.3℃
針路:042° 速力: 11.0kt
船内時間:UTC+11h00m

 低気圧が遠ざかり、強かった西風が南西風に変わったため、現在、完全な追手になり、ほとんど揺れが無く航行がだいぶ楽になりました。明日の9時にパイロットステーション到着を目指し船速を調整しながら航行しています。船上では明日のホバート入港に備え昨日、今日と内舷外舷の清掃と片づけを行っています。久し振りの寄港地ですので、学生は皆楽しみにしているのですが、最後の寄港地という事で複雑な思いもあるようです。

 残りの航海日数は1ヶ月を切りました。昨日は節分という事で船内の年男・年女が集合し盛大に豆撒きを執り行いました。総勢30人以上の豆撒きでしたので鬼はひとたまりもなく退散したのではないでしょうか。今朝も船内時計を30分進め、ホバート時間に合わせました。日本との時差は+2時間となります。
2014年2月4日(火)

「ペンギンさん そこのけそこのけ 海鷹丸が通る 2014夏」−豆−
 窓の外をワタリアホウドリが舞っていますが、今日でお別れでしょう。この鳥は南緯60度から45度くらいまで分布しますが、船は明日朝には45度くらいまで達しているはずです。翼を広げると3 m以上になる巨大な海鳥はイカや魚類などを食べているらしいですが、その巨体を維持するためにどれくらいの餌を採るのでしょうか。海を見ながら頭の中でなぞは深まるばかりです。それだけ、南の海が豊かであることは間違いありません。

 「これより節分の儀を始めます。年女、年男の方は学生教室にお集まりください」チーフ・オフィサーの声で船内アナウンスがあり、間もなく豆まきチームが船内を回ってきました。豆まきは容赦なく、ブリッジまでも襲っていました。当直士官が狙われているようです。船の上ではこういったイベントは重要で、むしろ陸にいるよりもきちんとやっているような気もします。私はあとでこっそり豆をもらって、それで一杯やったことは言うまでもありません。
2014年2月3日(月)

Page/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
copyright (c) 2005Umitaka