Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第40次航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月10日(土)
08月09日(金)
08月08日(木)
08月07日(水)
08月06日(火)
08月05日(月)
08月02日(金)
08月01日(木)
07月31日(水)
07月30日(火)
07月29日(月)
07月26日(金)
07月25日(木)
07月24日(水)
07月23日(火)
07月22日(月)
07月21日(日)
07月18日(木)
07月17日(水)
07月16日(火)
07月15日(月)
07月14日(日)
07月13日(土)
07月12日(金)


[最新の10件]


海鷹丸第40次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月15日(月)
正午位置: 34゜20.27´N 138゜18.30´E (静岡県御前崎沖)
天候: 晴れ、 風: WNW 12.4 m/sec 、
波高: 1.3 m、気温:27.3℃、水温:24.9℃
針路:205°、速力:3.0Kt

 本日も学生は航海当直実習と機関当直実習を行っています。昨日、伊豆半島の石廊崎を過ぎたあたりから西寄りの風が強くなり、波浪のため、船体が揺れ始め、船酔いをしている学生も見受けられましたが、実習に支障が出る程ではなく予定通りの日程を進めています。

 昨日は午後、駿河湾沖、御前崎沖でCTD、採水、採泥を実施した後、夜間は漂泊し、今日も午前から御前崎沖で海洋観測を行っています。
2013年7月15日(月)

海鷹丸第40次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月14日(日)
正午位置: 34゜34.54N 138゜59.27E (神子元島沖)
天候: 晴れ、 風: WSW 2.5 m/sec 、
波高: 1.3 m、気温:26.0℃、水温:23.2℃
針路:207°、速力:11.8Kt

 現在、伊豆半島の南端にある神子元島沖を西へ向かって航走中です。昨晩は相模湾で漂泊し、今朝から初島沖でCTD、採水などの海洋観測を実施後、航走を開始しました。

 本日から航海当直実習と並行し機関当直実習を行っています。

 今日も風弱く海上は穏やかなのですが、相変わらず南西からのうねりがあり、船酔いをしている学生も多少見受けられますが、元気に実習を続けています。
2013年7月14日(日)

海鷹丸第40次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月13日(土)
正午位置: 35゜14.12N 139゜23.44E (相模湾 北部)
天候: 晴れ、 風: SSW 2.4 m/sec 、
波高: 1.4 m、気温:25.5℃、水温:24.6℃
針路:338°、速力:10.6Kt

 昨日は14時22分、館山湾に投錨後、消火訓練、退船訓練を行い、夕食後は実習航海のための基礎的な課業を行いました。

 本日、06時54分に抜錨し、午前中から相模湾においてCTDや採水などの海洋観測を実施しています。相模湾での観測後は西へ航走しながら航海当直などの実習や様々な課業を行っていきますが、大分までの途上、駿河湾沖や遠州灘でも海洋観測の予定が組まれています。

 今日も海上は穏やかで多少のうねりはありますが船酔いする学生もほとんどなく元気に実習を続けています。

乗船者
実習生:(男子32名・女子23名)    55名
研究員:(海洋大8名・芝浦工大8名)  16名
乗組員:               28名

            計 99名
2013年7月13日(土)

海鷹丸第40次航海(乗船漁業実習)東京出港報告 7月12日(金)
 本日7月12日(金)10時06分 第40次航海(乗船漁業実習供砲里燭疆豕晴海埠頭HJを出港しました。

 昨日11日(木)13時に学生55名が乗船し今年度も予定通り乗船漁業実習兇始まりました。2日目の今日は午後、館山湾に錨泊後、消火訓練、退船訓練等基礎訓練を行い、明日の朝、抜錨し、相模湾へ向かう予定です。

 今日は天気が良く風も弱くて航海初日としては穏やかで最高の海況ですが、相変わらずの猛暑が続いていますので、デッキ上での実習は無理をせず様子を見ながら実施していきたいと思っています。

正午位置: 35゜24.06N 139゜42.71E (東京湾中ノ瀬西方)
天候: 晴れ、 風: SW 4.0 m/sec 、
波高: 0.4 m、気温:28.0℃、水温:26.2℃
針路:205°、速力:11.8Kt

乗船者
実習生:(男子32名・女子23名)    55名
研究員:(海洋大8名・芝浦工大8名)  16名
乗組員:               28名
            計 99名
2013年7月12日(金)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka