Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第39次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月04日(月)
03月03日(日)
03月02日(土)
03月01日(金)
02月28日(木)
02月27日(水)
02月26日(火)
02月25日(月)
02月24日(日)
02月23日(土)
02月18日(月)
02月17日(日)
02月16日(土)
02月15日(金)
02月14日(木)
02月13日(水)
02月12日(火)
02月11日(月)
02月10日(日)
02月06日(水)
02月06日(水)
02月05日(火)
02月04日(月)
02月03日(日)
02月02日(土)
02月01日(金)
01月31日(木)
01月30日(水)
01月29日(火)
01月24日(木)


[最新の10件]


海鷹丸第39次航海(遠洋航海) ホバート出港報告 1月29日(火)
 本日09時42分、パイロットが乗船し、10時20分ホバート港を出港しました。現在、タスマニア島の南東沿岸を航行中です。

 入港中は水の補給、食糧の積込み、塵芥の陸揚げを行った他、入港日の夕方にはホバート市長より海鷹丸乗組員、専攻科生、研究員全員が招待され、港近くに建つタウンホールにおいてホバート市主催のレセプションが執り行われました。日本からも鶴田理事他3名が海洋大から出席し、在メルボルン日本国総領事館からはお忙しい中、千葉首席領事が参加され盛大な催しとなりました。

 2日目には午前中、豪日協会の皆さんが来船し海鷹丸の船内見学を実施、午後からは恒例となりつつある協会主催のBBQパーティーが郊外の自然豊かな公園で催されました。こうした様々なイベントは学生たちにとって非常に良い経験になり、オーストラリアの人々との交流を深める良い機会にもなったと思います。

 南大洋調査で昨年末から約1か月間の長期にわたり乗船し調査に携わってきた研究員18名は27日に海鷹丸を下船、無事帰国の途に就きました。またホバートから海事英語実習のため4名(海洋大 2名・オーストラリア海事大学 2名 )が新たに乗船しました。昨日から早速、英語実習が始まっていますが、次港ニューカレドニアのヌーメアまでは毎日が英語漬けの航海となります。

正午位置: 43゜04.83´S 147゜24.06´E(タスマニア島 南東沿岸)
天候: 曇り、 風: E 4.5 m/sec 、
波高: 0.5 m、 気温:14.4℃、水温:18.1℃
針路:143° 速力:10.0kt
船内時間:UTC+11h00m
2013年1月29日(火)

copyright (c) 2005Umitaka