Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第39次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月04日(月)
03月03日(日)
03月02日(土)
03月01日(金)
02月28日(木)
02月27日(水)
02月26日(火)
02月25日(月)
02月24日(日)
02月23日(土)
02月18日(月)
02月17日(日)
02月16日(土)
02月15日(金)
02月14日(木)
02月13日(水)
02月12日(火)
02月11日(月)
02月10日(日)
02月06日(水)
02月06日(水)
02月05日(火)
02月04日(月)
02月03日(日)
02月02日(土)
02月01日(金)
01月31日(木)
01月30日(水)
01月29日(火)
01月24日(木)


[最新の10件]


海鷹丸第39次航海(遠洋航海) ヌーメア津波警報における報告 2月6日(水)
 本日、発生したソロモン沖での地震でニューカレドニアにも津波警報が発令されましたが、本日、学生は1日のツアーで一等航海士が引率し外出中です。一等航海士と連絡は取れており学生全員の無事は確認できております。

 現在、津波到達予定時間を過ぎていますが、港内の水位に大きな変化はありません。以上、現状をご報告いたします。
2013年2月6日(水)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) ヌーメア入港報告 2月5日(火)
 本日08時58分、ニューカレドニア島を囲むリーフの外側にあるパイロットステーションよりパイロットが乗船し、リーフ内の航路を14マイル程航走後、10時16分、ヌーメア港(Petite Rade Quai FED)に入港接岸しました。接岸後は代理店、検疫官が来船し、すぐに入港手続きが行われ、午前中に滞りなく終了しました。

 ヌーメアでは燃料、水、食糧の積込みを行う予定です。また、海事英語実習のためホバートから乗船していた海洋大とオーストラリア海事大の4名の教員・学生はヌーメアで下船します。今日、学生は午後からの作業を終えた後、両舷上陸となります。ヌーメア出港は2月10日の10時を予定しています。
2013年2月5日(火)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月4日(月)
正午位置: 24゜39.33´S 164゜40.78´E(珊瑚海 ニューカレドニア島南方海域)
天候: 曇り、 風: SSW 1.8 m/sec 、
波高: 2.0 m、 気温:25.7℃、水温:26.0℃
針路:032° 速力: 8.5kt
船内時間:UTC+11h00m

 現在、穏やかな珊瑚海をニューカレドニア・ヌーメアのパイロットステーションへ向け、明朝の到着に合わせるため、船速を調整しながら航行中です。昨日は節分のため、年男年女の学生たちが集まり、盛大に豆撒きを執り行いました。これで船内の全ての鬼を追い払い、残りの航海も安全に過ごすことが出来るでしょう。オーストラリア海事大学の学生もこの日本の不思議なセレモニーを一緒に楽しんでいました。

 今日の海事英語実習は学生による英語でのプレゼンテーションです。それぞれテーマが決められていて皆の前で発表するのですが、学生にとってこれが入港前の最大の試練となります。
2013年2月4日(月)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月3日(日)
正午位置: 27゜50.58´S 162゜30.25´E(タスマン海)
天候: 晴れ、 風: W 5.3 m/sec 、
波高: 1.8 m、 気温:25.4℃、水温:25.5℃
針路:032° 速力: 11.2kt
船内時間:UTC+11h00m

 今日は風が弱まり、海上はホバートを出て以来、一番穏やかになり、船体の揺れもほとんど無くなりました。天気も快晴で雲が少なく絶好の天測日和です。本日も午後から実習を兼ねた安全点検を行っています。また海事英語実習も終盤に入り、学生は明日実施予定の英語でのプレゼンテーションへ向けて準備を進めています。英語漬けの船内生活にも、ずいぶん慣れてきた様子です。
2013年2月3日(日)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月2日(土)
正午位置: 31゜10.08´S 160゜07.88´E(タスマン海)
天候: 晴れ、 風: NNE 12.0 m/sec 、
波高: 3.1 m、 気温:23.6℃、水温:24.9℃
針路:032° 速力: 10.1kt
船内時間:UTC+11h00m

 今朝、タスマン海のロードハウ島沖で久し振りの島影を確認しながら変針し、針路をニューカレドニアのヌメアへ真っ直ぐ向けました。たまにスコールがあるぐらいで天気は良く、海上のうねりは小さくなってきて船体の動揺もだいぶ治まってきました。
今日は午後から海事英語実習を兼ねた安全点検を実施します。今回も定期点検として火災警報など非常時に鳴る各種アラームのテスト、非常用消防ポンプ、水密扉、防火扉、放水銃などの作動テストを行います。
2013年2月2日(土)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月1日(金)
正午位置: 34゜20.66´S 157゜15.63´E(タスマン海)
天候: 晴れ、 風: NNE 10.8 m/sec 、
波高: 2.2 m、 気温:23.6℃、水温:24.7℃
針路:039° 速力: 9.1kt
船内時間:UTC+11h00m

 北上するにつれて外気温も徐々に上がってきて、船内の空調は冷房に切り替わっています。海鷹丸に再び暑い季節がやってきました。先月は南大洋で観測をしていたのが嘘のような陽気ですが、早いもので今日から2月に入り、この航海もあと1ヶ月あまりとなりました。この時期は航海の疲れや気の緩みが出てくる頃なので十分に注意し気を引き締め直さなければなりません。そして学生は東京までしっかり実習に取り組んで、残された貴重な時間を大切に使ってほしいと思います。
2013年2月1日(金)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 1月31日(木)
正午位置: 37゜31.28´S 154゜09.24´E(タスマン海)
天候: 曇り、 風: SSW 4.0 m/sec 、
波高: 3.8 m、 気温:21.0℃、水温:21.9℃
針路:039° 速力: 10.1kt
船内時間:UTC+11h00m

 本日も周期の長い大きなうねりを受け船体はゆっくりピッチングを繰り返しながらタスマン海を北上しています。気温も上がり、肌寒かったデッキはだいぶ暖かくなってきました。昨日まで船尾近くを飛んでいたアホウドリは、今日は姿を消しています。

 現在、航海ワッチにはホバートから乗船しているオーストラリア海事大学の女子1名が専攻科学生と一緒に入直していて、ブリッジでの仕事を教わったり聞いたり、お互いに英語でコミュニケーションを取りながら航海当直実習が行われています。その他、船の設備を使用し、船内やデッキでの海事英語実習が毎日、続けられ、学生達は懸命に取り組んでいます。
2013年1月31日(木)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 1月30日(水)
正午位置: 40゜36.22´S 150゜56.74´E(タスマン海)
天候: 晴れ、 風: WNW 8.6 m/sec 、
波高: 2.9 m、 気温:18.6℃、水温:20.3℃
針路:039° 速力: 9.5kt
船内時間:UTC+11h00m

 在、タスマニア島の北東沖合をニューカレドニア島へ向け航行中です。オーストラリアの東部都市部に大洪水の被害をもたらした低気圧はタスマニアの東へ遠ざかり、タスマン海には大きなうねりが残っていますが、風は弱く順調な航海です。本日も海事英語実習が続けられていますが、午後はホバートからの新しい乗船者を加え、応急部署訓練(火災、退船)を実施します。
2013年1月30日(水)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) ホバート出港報告 1月29日(火)
 本日09時42分、パイロットが乗船し、10時20分ホバート港を出港しました。現在、タスマニア島の南東沿岸を航行中です。

 入港中は水の補給、食糧の積込み、塵芥の陸揚げを行った他、入港日の夕方にはホバート市長より海鷹丸乗組員、専攻科生、研究員全員が招待され、港近くに建つタウンホールにおいてホバート市主催のレセプションが執り行われました。日本からも鶴田理事他3名が海洋大から出席し、在メルボルン日本国総領事館からはお忙しい中、千葉首席領事が参加され盛大な催しとなりました。

 2日目には午前中、豪日協会の皆さんが来船し海鷹丸の船内見学を実施、午後からは恒例となりつつある協会主催のBBQパーティーが郊外の自然豊かな公園で催されました。こうした様々なイベントは学生たちにとって非常に良い経験になり、オーストラリアの人々との交流を深める良い機会にもなったと思います。

 南大洋調査で昨年末から約1か月間の長期にわたり乗船し調査に携わってきた研究員18名は27日に海鷹丸を下船、無事帰国の途に就きました。またホバートから海事英語実習のため4名(海洋大 2名・オーストラリア海事大学 2名 )が新たに乗船しました。昨日から早速、英語実習が始まっていますが、次港ニューカレドニアのヌーメアまでは毎日が英語漬けの航海となります。

正午位置: 43゜04.83´S 147゜24.06´E(タスマニア島 南東沿岸)
天候: 曇り、 風: E 4.5 m/sec 、
波高: 0.5 m、 気温:14.4℃、水温:18.1℃
針路:143° 速力:10.0kt
船内時間:UTC+11h00m
2013年1月29日(火)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) ホバート入港報告 1月24日(木)
 今朝、久し振りの陸地を左舷に見ながら穏やかなタスマニアの東沿岸を北上し09時00分にパイロット乗船後、09時43分 ホバート港のMacquarie埠頭2番に入港接岸しました。接岸後すぐに入港手続きが行われ、午前中に滞りなく終了しました。

 ホバートでは水、食糧の積込みを行う他、ホバート市主催のレセプションや豪日協会との交流イベントが予定されています。また日本からも鶴田理事他教職員が参加の予定です。そして南大洋調査で乗船中の研究員18名は、無事任務を終えて帰国のためホバートで下船し、新たに海事英語実習のため4名(教員3・学生1)がホバートから乗船することになっています。

ホバート出港は1月29日の10時を予定しています。

船内時間:UTC+11h00m
2013年1月24日(木)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka