Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第39次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月04日(月)
03月03日(日)
03月02日(土)
03月01日(金)
02月28日(木)
02月27日(水)
02月26日(火)
02月25日(月)
02月24日(日)
02月23日(土)
02月18日(月)
02月17日(日)
02月16日(土)
02月15日(金)
02月14日(木)
02月13日(水)
02月12日(火)
02月11日(月)
02月10日(日)
02月06日(水)
02月06日(水)
02月05日(火)
02月04日(月)
02月03日(日)
02月02日(土)
02月01日(金)
01月31日(木)
01月30日(水)
01月29日(火)
01月24日(木)


[最新の10件]


海鷹丸第39次航海(遠洋航海)東京帰港報告 3月4日(月)
 本日3月4 日08時34分 東京4区の錨地を抜錨し09時38分 東京豊海水産埠頭F-4 に無事、入港接岸しました。、接岸時には寒い中、多くの方々からの出迎えを受けました。

 接岸後はすぐに税関・植物検査他の入港手続きが行われ、昼前に滞りなく終了しております。

 午後にはお忙しい中、岡本学長他、本学教職員や文科省、極地研からも多くの方々が来船し、14時から帰港式が学生教室で執り行われました。

 本日にて第39次遠洋航海が無事終了です。航海中、多くの皆様方の陸からのご支援、ご協力誠にありがとうございました。学生の実習は3月14日の下船日まで続きます。
2013年3月4日(月)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 3月3日(日)
正午位置: 35゜34.32´N 139゜50.44´E (京浜港東京4区 錨泊)
天候: 曇り、 風: NNW 5.6 m/sec 、
波高: 0.3 m、 気温:8.4℃、水温:10.0℃ (錨泊中)
船内時間:UTC+09h00m(日本時間)

 本日も京浜港東京区第4区にて錨泊中です。未明まで15 m/sec前後の北風が吹いていましたが、明るくなってやっと弱まってきました。今日も引き続き清掃や片づけなど、入港前の準備を進めています。

 いよいよ明日は入港日で、朝8時半に抜錨し、東京西航路経由で9時半頃、113日振りの豊海水産埠頭に着岸を予定しています。約8マイルほどの航程ですが、最後まで安全運航に努めたいと思います。明日は豊海で、元気な学生達の姿をお見せしたいと思っております。
2013年3月3日(日)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 3月2日(土)
正午位置: 35゜34.32´N 139゜50.44´E(京浜港東京4区 錨泊)
天候: 晴れ、 風: NNW 13.2 m/sec 、
波高: 0.5 m、 気温:9.7℃、水温:10.2℃(錨泊中)
船内時間:UTC+09h00m(日本時間)

本日朝07時、東京湾に入域し、浦賀水道航路、中ノ瀬航路を通った後、10時25分に京浜港東京区第4区に投錨しました。昨日は夕方から南の風が徐々に強くなり、20 m/sec前後の強風が明け方まで続き、海上は時化模様でしたが、東京湾に入る頃には北風に変わり波浪もだいぶ治まりました。まだ湾の中は強い北風が吹いていますが、今日は空気が澄んでいるためか、久し振りに白い富士山を遠くに望むことができました。

 今日・明日は東京入港に備えて、大掃除や片づけなどを行います。豊海水産埠頭着岸は4日(月)の朝9時半を予定しています。
2013年3月2日(土)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 3月1日(金)
正午位置: 31゜45.81´N 140゜41.20´E(南方諸島 須美寿島 北東沖)
天候: 曇り、 風: S 8.1 m/sec 、
波高: 1.8 m、 気温:16.8℃、水温:18.7℃
針路:345° 速力:12.0kt
船内時間:UTC+09h00m(日本時間)

 今朝、鳥島の沖合を通過し、うねりは多少ありますが、風弱く穏やかな海上を北上しています。つい最近まで暑かったデッキも日を追うごとに気温が下がり、今朝の学生起床後の体操では涼しさを感じるようになってきました。今晩から関東の南を通る前線の影響で天気が崩れ雨、風が強まる見込みですが、このまま船速を調整しながら北上し、明朝、東京湾に入域後、午前中に京浜港東京4区に投錨する予定です。

 長かった航海も終わりに近づき、学生達の気持ちも様々で、東京帰港の嬉しさと終わってしまう寂しさがあり、複雑なようです。
2013年3月1日(金)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月28日(木)
正午位置: 27゜20.93´N 142゜00.55´E(小笠原諸島 父島沖)
天候: 曇り、 風: WSW 5.6 m/sec 、
波高: 1.3 m、 気温:18.4℃、水温:20.1℃
針路:345° 速力:13.1kt
船内時間:UTC+09h00m(日本時間)

 本日、朝から小笠原群島の陸影が見え始め、久し振りに日本の陸地の近くを通りながら、帰ってきたという実感が湧いてきました。海上は穏やかになり、静かな小笠原諸島近海を順調に北上しています。

 朝までは天気が良く北の夜空にはかなり高くなってきた北極星が確認できましたが、日出後あたりから曇り始め、現在、周囲は雨雲に覆われ断続的に雨が降っています。

 今朝も船内時計を30分遅らせ、今日で日本時間と一緒になりました。
2013年2月28日(木)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月27日(水)
正午位置: 23゜38.21´N 145゜48.47´E(北太平洋 火山列島南東)
天候: 晴れ、 風: ENE 9.0 m/sec 、
波高: 4.1 m、 気温:23.2℃、水温:23.9℃
針路:313° 速力:12.5kt
船内時間:UTC+09h30m

 海図が英版から日本版に切り替わり、いよいよ日本に近づいてきた感じがします。間もなく日本のEEZ(排他的経済水域)に入り、明日の朝には小笠原諸島近海に到達予定です。北東の風は弱まりましたが、まだ波が高く海上は静かとはいえないものの、船体の動揺はだいぶ治まってきました。実習は今日から様々な試験が始まり、学生にとっても気の抜けない航海が続きます。今朝、船内時計を30分遅らせ、日本との時間差は+30分となりました。
2013年2月27日(水)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月26日(火)
正午位置: 20゜09.44´N 149゜48.95´E(北太平洋 マリアナ諸島北東)
天候: 曇り、 風: NE 13.0 m/sec 、
波高: 4.8 m、 気温:24.0℃、水温:25.8℃
針路:313° 速力:12.1kt
船内時間:UTC+10h00m


 昨日夕方より北東の風が強くなり、現在、北からの大きな波浪でピッチングを繰り返しながら航行中です。けっこう揺れていますが、南大洋調査で暴風圏を乗り越えてきた専攻科生ですから、全く問題なく実習を続けています。

 本日の午前中に海洋研究開発機構(JAMSTEC)より依頼を受けていたアルゴフロート1台の投入を完了しました。アルゴフロートは20カ国を超える国際共同のアルゴ計画により3000台を全世界の海洋に展開して海面から2000m深までの水温・塩分の分布をリアルタイムに観測し全世界に即時に通報するものです。海鷹丸は過去の航海でも、かなりの数を投入してきており、この計画に協力しています。
2013年2月26日(火)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月25日(月)
正午位置: 16゜00.09´N 152゜33.90´E(北太平洋 マリアナ諸島東方)
天候: 晴れ、 風: ENE 8.7 m/sec 、
波高: 2.5 m、 気温:28.4℃、水温:27.7℃
針路:328° 速力:12.2kt
船内時間:UTC+10h00m

 マリアナ諸島の遥か400マイルほど東方の海上を北上しています。相変わらずうねりがあり船体はゆっくり動揺していますが、予定通りの速力を保っており、明日の午前中には海洋研究開発機構(JAMSTEC)から投入依頼を受けているアルゴフロート(海洋観測機器)の投入地点に到達の見込みです。

 遠洋航海もあと残り1週間となりましたが、最後まで安全運航に努めたいと思います。今朝も船内時計を30分遅らせ、日本との時間差は+1時間となりました。
2013年2月25日(月)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) 正午位置報告 2月24日(日)
正午位置: 11゜40.77´N 155゜18.02´E(北太平洋 カロリン諸島北東海域)
天候: 晴れ、 風: ENE 8.5 m/sec 、
波高: 2.5 m、 気温:27.8℃、水温:28.1℃
針路:328° 速力:12.1kt
船内時間:UTC+10h30m

 昨日から強く吹いていた北東の風は、だいぶ弱まってきましたが、現在も3m近い波浪で船体はそこそこ揺れています。無線講習などの実習は揺れに関係なく今日も続けられています。航海も残り少なくなってきましたので実習は纏めの段階に入ってきていて、学生達には課せられた課題もあり、ラストスパートがかかっています。
 本日から船内時間を日本時間に合わせるため、時間改正を開始しました。今朝、船内時計を30分遅らせ、日本との時間差は+1時間30分です。
2013年2月24日(日)

海鷹丸第39次航海(遠洋航海) ポンペイ出港報告 2月23日(土)
 本日09時00分 代理店、入国管理局が来船し出港手続きを無事終えたのち、09時40分にパイロットが乗船、09時52分 ポンペイ港 を出港しました。離岸時には大使館、留学生、現地社員など日本人の方々の御見送りを受け、リーフの外では入れ違いでポンペイに入港する気象庁の啓風丸がパイロット待ちをしており、お互いに信号旗と汽笛で安全な航海を祈念しました。

 ポンペイ入港期間中はミクロネシア大学への訪問やミクロネシア大学の学生の海鷹丸見学など2日間にわたる現地学生との交流を行い、海洋大の代表として専攻科生は立派に親善大使の役割を果たしてくれました。また、有名なナンマトール遺跡などを巡る島内周回のツアーも実施しました。

 専攻科生は最後の寄港地ポンペイで、様々な経験をし、生涯忘れえない貴重な時間を過ごせたのではないでしょうか。寄港中に大変お世話になった在ミクロネシア大使館の方々に感謝致します。

 現在、カロリン諸島東部海域を日本へ向け北上を開始していますが、今日から早速、無線講習などの課業が始まり、東京まで忙しい航海が続きます。


正午位置: 07゜15.28´N 158゜01.67´E (北太平洋 カロリン諸島東部海域)
天候: 曇り、 風: NE 10.5 m/sec 、
波高: 2.7 m、 気温:28.6℃、水温:29.3℃
針路:328° 速力:12.3kt
船内時間:UTC+11h00m
2013年2月23日(土)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka