Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第37次航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月10日(金)
08月09日(木)
08月08日(水)
08月07日(火)
08月05日(日)
08月04日(土)
08月01日(水)
07月31日(火)
07月29日(日)
07月28日(土)
07月27日(金)
07月26日(木)
07月24日(火)
07月23日(月)
07月22日(日)
07月19日(木)
07月18日(水)
07月17日(火)
07月16日(月)
07月15日(日)
07月14日(土)
07月13日(金)
07月12日(木)


[最新の10件]


海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月27日(金)
正午位置: 42゜47.06´N 139゜43.68´E (北海道 積丹半島沖)
天候: 曇り、 風:SSW 12.0 m/sec 、
波高: 1.3 m、気温:22.1℃、水温:20.4℃
針路:028°、速力:16.3Kt

 昨晩から本日の早朝にかけて日本海の青森県沖で2回目のイカ釣り実習を実施しました。今回は1回目の漁場からかなり北に上りましたので、そこそこの漁獲がありました。学生も自動イカ釣り機に負けず、手釣りで健闘していました。この航海のイカ釣り実習はこれをもって終了となります。現在は北海道の積丹半島沖を、調査海域であるオホーツク海へ向け北上中です。明日の午前中には観測地点に到達の見込みです。
2012年7月27日(金)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)新潟出港報告 7月26日(木)
 本日7月26日09時03分 新潟港北埠頭を離岸出港しました。出港時には海鷹丸と並んで北埠頭に停泊中の水産庁の照洋丸から、暖かいお見送りを受けました。入港中は新潟楽水会の皆様の歓迎を受け、昨日はOBでもある日本海区水産研究所の石田所長に来船いただき、学生のために特別講義をしていただきました。中一日の滞在ではありましたが学生達は有意義な時間を過ごせたようです。
 新潟では博多から乗船していた研究員7名が下船し、新たに21名の研究員がオホーツク海での調査のため乗船しました。今晩は2回目のイカ釣り実習を実施する予定です。

正午位置: 38゜38.19´N 139゜01.77´E (日本海 新潟県粟島沖)
天候: 晴れ、 風: WSW 4.5 m/sec 、
波高: 0.5 m、気温:25.6℃、水温:25.3℃
針路:357°、速力:15.9Kt

乗船者
 実習生:男子30名・女子23名               53名
 研究員:松本良先生  明治大学 東京大学 千葉大学
     家政学院大学 熊本大学 海洋大学 大阪大学
     信州大学 北見工業大学            21名
 教務補佐員:                      1名
 乗組員:                       27名
                          計  102名
2012年7月26日(木)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)新潟入港報告 7月24日(火)
 本日7月24日13時48分 新潟港北埠頭F2に着岸入港しました。昨日の夕方は上越沖の観測を終了後、19時半過ぎからイカ釣り実習を開始し、本日の早朝まで行いましたが、漁獲は残念な結果に終わりました。今日の午前中、入港前に新潟港沖で海洋観測を実施し、博多・新潟間で予定されていた観測はすべて終了しました。現在乗船中の研究員は新潟で下船し、新たに新潟・小樽間で実施する調査のため21名の研究員が乗船予定です。 新潟では清水、食糧の補給、見学上陸などを行い、出港は7月26日9時を予定しています。

正午位置: 38゜00.03´N 139゜07.07´E (新潟港沖)
天候: 曇り、 風: S 4.0 m/sec 、
波高: 0.3 m、気温:25.9℃、水温:25.6℃
針路:Var.、速力:Var.(観測中)
2012年7月24日(火)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月23日(月)
正午位置: 37゜24.42´N 136゜40.99´E (能登半島 輪島沖)
天候: 晴れ、 風: SE 2.0 m/sec 、
波高: 0.5 m、気温:26.6℃、水温:26.3℃
針路:069°、速力:18.0Kt

 今朝8時前に最初の観測地点に到着、海洋観測を実施し、現在、次の測点へ向け能登半島の北端沖を航走中です。午後に上越沖の観測を行った後、夜間はイカ釣り実習を実施し、明日は午後、新潟港へ入港予定です。日本海は天気が良く海上も静かで順調な航海を続けています。
2012年7月23日(月)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)博多出港報告 7月22日(日)
 本日7月22日08時53分 博多港箱崎埠頭を離岸出港しました。博多入港中は雨か曇りで天気はけっして良くありませんでしたが、学生達は上陸の自由時間を使い、各自様々な場所へ行き、見聞を広めてきたようです。清水の補給も終わり、昨日は研究員7名が乗船しました。次の寄港地新潟へ向かう途上では海洋観測とイカ釣り実習を計画しています。現在、凪の日本海を針路を北東へ向け航走していますが、明朝、最初の観測地点に到着予定です。

正午位置: 34゜10.39´N 130゜37.20´E (日本海 響灘)
天候: 晴れ、 風: ENE 5.5 m/sec 、
波高: 0.9 m、気温:26.6℃、水温:26.1℃
針路:035°、速力:16.0Kt

乗船者
実習生:男子30名・女子23名           53名
研究員:海洋大(今田先生、海洋観測支援センター他)5名
    芝浦工大 2名
教務補佐員:                    1名
乗組員:                     27名
              計 88名
2012年7月22日(日)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)博多入港報告 7月19日(木)
 本日7月19日08時24分 博多港検疫錨地を抜錨し、港内の航路を通った後 09時24分 箱崎埠頭1号岸壁に入港接岸しました。 防波堤近くの航路入口では丁度、出港していく神鷹丸とすれ違い、信号旗と汽笛で、お互いに安全な航海を祈念しました。また、久し振りに会う同級生達を船上に確認して学生からは歓声が上がりました。今日は午前中、船内清掃と日本海で実施するイカ釣り実習の準備を行い、午後の課業の後、学生は博多の街へ両舷上陸となります。博多では清水等の補給と調査員7名の乗船があり、出港は7月22日(日)の9時を予定しています。
2012年7月19日(木)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月18日(水)
正午位置: 33゜37.85´N 130゜19.38´E (博多港検疫錨地 錨泊中)
天候: 晴れ、 風: SE 11.0 m/sec 、
波高: 0.3 m、気温:32.1℃、水温:24.8℃

 昨日18時42分に福江島玉之浦 荒川漁港沖を抜錨後、九州北西沿岸を航行し、本日7月18日08時46分 博多港検疫錨地に投錨しました。明朝、抜錨し9時過ぎに博多港へ入港着岸予定です。明日の朝まで沖で錨泊ですが、学生は停泊当直の他に、今日1日たくさんの課業が用意されています。
2012年7月18日(水)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月17日(火)
正午位置: 32゜40.04´N 128゜39.29´E (福江島玉之浦 錨泊中)
天候: 晴れ、 風: ESE 7.0 m/sec 、
波高: 0.3 m、気温:29.9℃、水温:26.4℃

 昨日17時前に最後の揚網が終了し、トロール実習は怪我・事故なく無事に終えることが出来ました。網洗いの後、漁場を出発し、今朝7月17日07時15分 福江島の玉之浦 荒川漁港沖に投錨しました。この静かな入り江の中で、トロール操業で使った網など漁具の片付けや船体の手入れを行っています。また、南にあった熱帯低気圧が台風7号となり近づいて来ていますので、今日の夕方には抜錨し、早めに博多方面へ向かう予定です。
2012年7月17日(火)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月16日(月)
正午位置: 30゜54.42´N 127゜31.69´E(東シナ海)
天候: 晴れ、 風: SW 1.7 m/sec 、
波高: 1.3 m、気温:29.1℃、水温:27.8℃
針路:200°、速力:2.0Kt(操業中)

本日08時18分 東シナ海の漁場に到着し、トロール操業実習を開始しました。最初の投網前に御神酒をまき、安全操業を祈願した後、 09時33分より一回目の操業を行いました。12時38分に最初の網が揚がり、学生達は漁獲物の選別や処理に懸命に取り組んでいます。二回目の操業は12時48分から投網を開始、現在、曳網中です。風弱く穏やかな東シナ海でのトロール実習となりました。
2012年7月16日(月)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)屋久島宮之浦出港報告 7月15日(日)
 本日7月15日18時21分 屋久島の宮之浦港を離岸出港しました。宮之浦は1泊の滞在でしたが、天候にも恵まれ、学生は昨夕の両舷上陸や今日のバス見学で屋久島の世界遺産を堪能し、これから始まるトロール実習へ向けリフレッシュできたことと思います。現在は東シナ海のトロール漁場に向け西へ航走中で、明日の朝には漁場に到着しトロール操業実習を開始する予定です。
2012年7月15日(日)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka