Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第37次航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月10日(金)
08月09日(木)
08月08日(水)
08月07日(火)
08月05日(日)
08月04日(土)
08月01日(水)
07月31日(火)
07月29日(日)
07月28日(土)
07月27日(金)
07月26日(木)
07月24日(火)
07月23日(月)
07月22日(日)
07月19日(木)
07月18日(水)
07月17日(火)
07月16日(月)
07月15日(日)
07月14日(土)
07月13日(金)
07月12日(木)


[最新の10件]


海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)東京入港報告 8月10日(金)
 本日8月10日09時51分 東京豊海水産埠頭F5に無事、帰港しました。昨日21時前、房総沖の観測を終了し、今朝、久し振りに静かな東京湾に入りました。学生はこの実習航海で日本をほぼ一周し全員元気で東京へ戻ってきました。
 午前中は入港作業後、今航海で使用した観測機材・資材の陸揚げなどを行い、昼過ぎには研究員の方々は下船しました。午後は学生の貸与品回収や下船前の諸手続き、整理片付け、清掃を行った後、下船式を実施して学生全員が下船の予定です。本日で一ヶ月にわたった乗船漁業実習兇終了となります。
 海鷹丸では8月15日から専攻科学生が乗船し7ヶ月の乗船実習が始まります。
2012年8月10日(金)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 8月9日(木)
正午位置: 34゜59.81´N 142゜00.69´E (太平洋 房総半島沖)
天候: 雨、 風: NNW 14.5 m/sec 、
波高: 3.0 m、気温:23.5℃、水温:27.6℃
針路:速力:漂泊 観測中

 昨日の日没前から経度142°を南下しながらXBT,CTD,TurboMAP等の観測機器を使用し黒潮横断連続観測を開始しました。また遠洋航海の南大洋調査で使用するRMTネットやIONESSネットの曳網試験も行います。関東の東海上に停滞している低気圧のため、荒天が続いていますが、安全運航、安全作業に留意しながら観測は継続中です。学生は修了試験も終わり、今日の午後からは明日の東京入港、下船に備えて船内の大掃除を行っています。
2012年8月9日(木)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 8月8日(水)
正午位置: 38゜14.85´N 142゜01.66´E (太平洋 金華山沖)
天候: 晴れ、 風: ENE 7.0 m/sec 、
波高: 2.0 m、気温:21.0℃、水温:20.1℃
針路:180°、速力:15.1Kt

 昨日、午後に津軽海峡から太平洋へ抜け、三陸沿岸を南下し始めました。今日の朝5時には岩手県大槌湾に到着し湾奥から湾口にかけてUnderway-CTDによる観測を実施しました。現在は金華山沖合を南下中で、今夕には次の観測地点に到着の見込みです。静かだった日本海に比べ太平洋の本州沿岸は波浪があり、久し振りの船体の揺れで船酔いをしている学生もいます。しかし確実に東京に近づいていますので、もうひと踏ん張り、最後までしっかり実習を続けてもらいたいものです。
2012年8月8日(水)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)青森出港報告 8月7日(火)
 本日8月7日09時53分 最後の寄港地 青森港を出港しました。青森では本学の研究員21名が乗船し、明日から青森-東京間で海洋観測を実施します。現在、津軽海峡へ向け下北半島沿岸を北上中で夕方には久し振りに太平洋側へ出ます。最初の観測点がある岩手県大槌湾には明日の早朝に到着予定です。航海も残り少なくなり、学生は実習の総仕上げに入っていて、修了試験に向けて必死に勉強をしている姿を多く見かけるようになりました。

正午位置: 41゜12.88´N 140゜43.00´E(陸奥湾)
天候: 曇り、 風: NNE 5.5 m/sec 、
波高: 0.9 m、気温:20.6℃、水温:23.9℃
針路:013°、速力:11.7Kt

乗船者
実習生:男子30名・女子23名       53名
研究員:海洋大教員(石丸、山崎、長井) 3名
    海洋大学生 17名
    海洋観測支援センター      1名
教務補佐員:             1名
乗組員:               27名
              計  102名
2012年8月7日(火)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)青森入港報告 8月5日(日)
 本日8月5日09時10分 青森港堤埠頭に入港着岸しました。青森では給水と観測準備、学生の見学上陸などを予定しています。また、太平洋の東北沿岸と黒潮域で実施する海洋観測のため、研究員21名が青森から東京まで乗船することになっています。学生は本日、課業終了後、ねぶた祭りで賑わう青森に両舷上陸となります。出港は8月7日の10時を予定しています。
2012年8月5日(日)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)小樽出港報告 8月4日(土)
 本日8月4日09時55分 小樽港第2埠頭を離岸出港しました。現在、最後の寄港地 青森港へ向け積丹半島沖を航行中です。実習航海も残りあと1週間となりましたが、今までのところ台風の影響もなく順調に予定表通りの航海を続けています。青森入港は明日の午前中を予定しています。

正午位置: 43゜28.60´N 140゜45.82´E (石狩湾 積丹半島沖)
天候: 曇り、 風: ESE 10.5 m/sec
波高: 0.9 m、気温:22.2℃、水温:21.5℃
針路:315°、速力:12.1Kt


乗船者
実習生:男子30名・女子23名             53名
研究員:海洋観測支援センター           2名
教務補佐員:                    1名
乗組員:                     27名
                       計   83名
2012年8月4日(土)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)小樽入港報告 8月1日(水)
 本日8月1日13時09分 小樽港第2埠頭に入港着岸しました。昨日は17時過ぎにオホーツク海でのガスハイドレート調査を無事終了し網走沖を出発、今朝2時頃、北海道北端の宗谷海峡を通過し南下を開始しました。昨日から雨が降ったり止んだりの天候で今日も残念ながら、小雨の中での小樽入港となりました。小樽では清水・食糧の補給や学生の見学上陸等を予定していますが、乗船中のガスハイドレート調査グループの松本先生をはじめ21名はこの小樽で下船となります。学生は午後の作業終了後、新潟港以来、久し振りの嬉しい上陸となります。小樽出港は8月4日の10時を予定しています。

正午位置: 43゜22.13´N 141゜04.14´E (石狩湾)
天候: 曇り、 風:NW 3.3 m/sec 、
波高:1.1 m、気温:20.3℃、水温:21.5℃
針路:186°、速力:12.7Kt
2012年8月1日(水)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月31日(火)
正午位置: 44゜13.19´N 144゜33.27´E(オホーツク海 網走沖)
天候: 晴れ、 風:ESE 2.0 m/sec 、
波高:1.2 m、気温:25.6℃、水温:13.0℃
針路:Var. 、 速力:Var.

オホーツク海でのガスハイドレート調査は今日が最終日です。今日も天候に恵まれ、穏やかなオホーツク海で観測は進められています。夕方には全観測を終え網走沖を出発、次の寄港地小樽へ向かいます。機関ワッチ実習も今日で終了し、学生は久し振りの寄港をとても楽しみにしているようです。小樽入港は明日の午後を予定しています
2012年7月31日(火)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月29日(日)
正午位置: 44゜16.84´N 144゜33.39´E(オホーツク海 網走沖)
天候: 曇り、 風:NNE 4.5 m/sec 、
波高: 1.2 m、気温:15.6℃、水温:11.7℃
針路:038°、 速力:0.3Kt

 本日、オホーツク海のガスハイドレート調査の2日目です。べた凪のオホーツク海で順調に観測は続いています。学生も元気で、航海当直実習や機関当直実習に取り組んでいる他、観測作業にも参加しています。
2012年7月29日(日)

海鷹丸第37次航海(乗船漁業実習)正午位置報告 7月28日(土)
正午位置: 44゜16.48´N 144゜32.51´E(オホーツク海 網走沖)
天候: 晴れ、 風:NW 4.0 m/sec 、
波高: 0.3 m、気温:21.4℃、水温:14.0℃
針路:Var.、 速力:8.4Kt

 宗谷海峡を0時頃通過し本日10時前に観測点に到着、オホーツク海のガスハイドレート調査を開始しました。日中はピストンコアラーによるコアの回収(海底の採泥)など、夜間は計量魚探を使用したデータ取りを行います。学生は航海ワッチの他、この観測作業にも従事しています。本日から非直舷学生による機関ワッチも始まりました。
2012年7月28日(土)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka