Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第33次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月04日(金)
03月03日(木)
03月02日(水)
03月01日(火)
02月28日(月)
02月27日(日)
02月26日(土)
02月25日(金)
02月24日(木)
02月19日(土)
02月19日(土)
02月18日(金)
02月17日(木)
02月16日(水)
02月15日(火)
02月14日(月)
02月13日(日)
02月12日(土)
02月11日(金)
02月10日(木)
02月09日(水)
02月04日(金)
02月03日(木)
02月02日(水)
02月01日(火)
01月31日(月)
01月30日(日)
01月29日(土)
01月28日(金)
01月27日(木)


[最新の10件]


海鷹丸航海行動報告 2月9日(水)
 パイロット乗船後、09時40分オークランドを出港しました。入港日には当地駐在の同窓にお出迎えを頂き、あわせて日本国総領事館の表敬訪問も致しました。なお寄港期間中事故・トラブルなく、補給も順調に実施しました。 皆ニュージーランド最大の街オークランドや郊外にて十分休養したようです。海事英語スタッフが下船し船内が少し寂しくなりました。次の寄港地はミクロネシアのポンペイで19日入港の予定です。

正午位置: 36゜31.46S 174゜59.94 E
天候:曇り、風: SE/E 0.9 m/sec 、波高:0.4m
気温: +19.2℃、水温: +22.7℃、
針路:000、 速力:13.0Kt

行動海域:オークランド港・ニュージランド沿岸
船内時:UTC+13h00m

乗船者 専攻科学生:20名(男子14名・女子6名) 乗組員: 28名 計 48名
2011年2月9日(水)

海鷹丸航海行動報告 2月4日(金)
 朝9時前抜錨しパイロット乗船後、10時12分オークランドに入港いたしました。停泊岸壁はメインゲート近くのBledisloe-EasternSideです。東京からの航走距離は15215.6マイルです。当港で海事英語のスタッフは全員下船となります。なお入港後税関・検疫・入国審査・MINISTRY OF FISHERIESの手続きが迅速に行われ、午後からはポートステートコントロールが実施されました。

正午位置: 36゜50.49S 174゜46.54 E(接岸)
天候:曇り、風: W 7.4 m/sec 、波高:0.1m
気温: +24.4℃、水温: +22.6℃、
針路:―、 速力:―

行動海域:ニュージランド沿岸・オークランド港
船内時:UTC+13h00m
2011年2月4日(金)

海鷹丸航海行動報告 2月3日(木)
午前中は入港前の船内清掃を行いました。 午後は救命艇を降下し,退船訓練を海事英語と合わせて実施します。昨日の投錨作業も英語にて行われました。海事英語もいよいよ大詰めです。オークランドのビルやタワーが遠望でき,皆の期待が高まっています。

正午位置: 36゜42.06S 174゜51.27 E
天候:曇り、風: WSW 5.5 m/sec 、波高:0.4m
気温: +22.6℃、水温: +22.1℃、
針路:―、 速力:―

行動海域:ニュージランド沿岸・オークランド港錨泊中
船内時:UTC+13h00m
2011年2月3日(木)

海鷹丸航海行動報告 平成23年2月2日(水)
 19時09分(UTC+13時間)オークランド港外に投錨いたしました。4日9時まで錨泊の予定です。
海事英語の実習は英会話だけでなく、英国版水路図誌からオークランド入港に必要情報も収集し,それを取りまとめての英語でのプレゼンテーションもあるため,学生は準備に追われています。海事英語スタッフとの会話にも慣れてきたようです。

正午位置: 35゜50.27S 175゜00.18 E
天候:曇り、風: WSW 7.0 m/sec 、波高:0.5m
気温: +21.5℃、水温: +20.9℃、
針路:180、 速力:10.0Kt

行動海域:ニュージランド沿岸・オークランド北方
船内時:UTC+13h00m
2011年2月2日(水)

海鷹丸航海行動報告 平成23年2月1日(火)
 学生の発音の変化から,タスマニアから始まった集中的な海事英語実習の効果が感じられます。トランシーバを使っての通信の実習や様々な場面を想定しての会話練習が行われております。船内ではすべての業務放送が英語にて行われています。高気圧の圏内のため穏やかな海況が続いております

正午位置: 34゜50.88S 170゜54.95 E (タスマン海)
天候:晴、風: W/S 6.0 m/sec 、波高:1.8m
気温: +22.3℃、水温: +21.1℃、
針路:065、 速力:11.0Kt

行動海域:TASMAN SEA・ニュージーランド北西海域
船内時:UTC+13h00m
2011年2月1日(火)

海鷹丸航海行動報告 1月31日(月)
 1月も今日が最後です。昨日で航海日数80日が終わり、残り33日となりました。ここから二つの港に寄るので時間の経過は早く感じられるかもしれません。学生は残りほぼひと月の航海を充実して過ごす事が大事と自覚し頑張っています。タスマン海は今日も波穏やかです。

正午位置: 36゜35.36S 166゜22.96 E(タスマン海)
天候:晴、風: W/N 9.0 m/sec 、波高:1.9m
気温: +21.8℃、水温: +21.0℃、
針路:065、 速力:10.0Kt

行動海域:TASMAN SEA
船内時:UTC+12h30m
2011年1月31日(月)

海鷹丸航海行動報告 平成23年1月30日(日)
 本日朝08:30、船内時刻を30分進めUTC+12時間となりました。日本との時差は3時間です。船内時刻変更にともなう船内の壁時計は自動的に修正されますが、個人の目覚まし時計や腕時計、デジタルカメラなどの時計機能は各自で直さなければなりません。
 本日は日曜日なので朝食にパンが配膳され、一週間が過ぎたことを実感しました。朝食と昼食の間は30分短くなりますが腹時計は修正できません。

正午位置: 38゜18.68S 161゜50.67 E(タスマン海)
天候:晴、風: NW/N 9.0 m/sec 、波高:1.9m
気温: +19.8℃、水温: +20.4℃、
針路:065、 速力:10.0Kt

行動海域:TASMAN SEA
船内時:UTC+12h00m
2011年1月30日(日)

海鷹丸航海行動報告 1月29日(土)
本日朝船内時刻を30分進めました。この後,4日連続で進めてUTC+13時間(オークランドのローカルタイム)とする予定です。学生は毎日海事英語のトレーニングが続いています。会話主体ですが,様々な方法でより実践的な内容となっています。

正午位置: 39゜56.83S 157゜19.51 E(タスマニア東方)
天候:曇り、風: SW 5.5 m/sec 、波高:1.9m
気温: +19.1℃、水温: +19.3℃、
針路:065、 速力:10.0Kt

行動海域:オーストラリア・タスマニア東方、TASMAN SEA
船内時:UTC+11h30m
2011年1月29日(土)

海鷹丸航海行動報告 1月28日(金)
 昨日ホバート出港後、20時までの海況は1〜2と穏やかでした。昨夜21時から正午までは海況4が続います。SWよりの風が平均11〜17m/sで変化しています。うねりは右舷後方からです。この時期のタスマン海としては、良い方の状態で船体はそれほど揺れてはいません。 2種類のアホウドリが飛来し本船を追尾しています。学生は皆元気です。

正午位置: 41゜38.01S 152゜35.18 E(タスマニア東方)
天候:晴、風: SSW 12.8 m/sec 、波高:2.8m
気温: +16.6℃、水温: +19.0℃、
針路:065、 速力:10.0Kt

行動海域:オーストラリア・タスマニア東方、TASMAN SEA
船内時:UTC+11h00m
2011年1月28日(金)

海鷹丸航海行動報告 1月27日(木)
 本日09時、オーストラリア・タスマニア・ホバート港を離岸出港しました。入港中事故・トラブル等一切無く、学生は十分に有意義な寄港期間を過ごしたようです。南極洋研究員は全員下船し、新たに海事英語の教育のために、オーストラリアマリタイムカレッジ(AMC)から2名と本学から2名の教員、AMCの学生1名が乗船しました。2月4日オークランド入港まで英会話のトレーニングです。なおホバートでは豪日友好協会(33名来船)の海鷹丸見学がありました。

正午位置: 43゜13.02S 147゜39.76 E(タスマニア東方)
天候:晴、風: W/N 2.0 m/sec 、波高:0.2m
気温: +19.0℃、水温: +16.7℃、
針路:112、 速力:10.0Kt

行動海域:オーストラリア・タスマニア沿岸
船内時:UTC+11h00m

乗船者 専攻科学生:20名(男子14名・女子6名)
 海事英語関係:教員4名 AMC女子学生 1名
  乗組員: 28名
計 53名
2011年1月27日(木)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka