Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第30次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月01日(月)
02月26日(金)
02月25日(木)
02月24日(水)
02月23日(火)
02月22日(月)
02月21日(日)
02月20日(土)
02月19日(金)
02月18日(木)
02月17日(水)
02月12日(金)
02月11日(木)
02月10日(水)
02月09日(火)
02月08日(月)
02月07日(日)
02月06日(土)
02月05日(金)
02月04日(木)
02月03日(水)
02月02日(火)
02月01日(月)
01月27日(水)
01月26日(火)
01月25日(月)
01月24日(日)
01月23日(土)
01月22日(金)
01月21日(木)


[最新の10件]


2月17日(水)ポンペイ出航報告
10:11 ポンペイ港出港
 
 10時11分日本政府関係財団の職員、ミクロネシア大学職員の方々に見送られポンペイ港を出港致しました。
 ポンペイでは国際機関の中西部太平洋マグロ委員会を訪問し委員会の仕事などについて講義をしていただきました。ひっきりなしに転載のため入港する韓国、中国、台湾、日本の大型まき網漁船や台湾の小型マグロ漁船等を見ていると、資源が枯渇してしまうのではないかと思え、何がしかの規制も必要ではないかと思えてきました。出港時には8隻の大型まき網船が転載の順番待ちで入港していました。
 ポンペイ滞在中海鷹丸に外務大臣、在ミクロネシア日本国大使、ミクロネシア大学長、州政府関係者、中西部太平洋マグロ委員会会長等をお招きし交流会を行いました。学生もホスト役を務め外国の要人の方々と会話ができ、国際感覚を養う良い訓練になりました。また、ポンペイの遺跡、連邦政府庁舎や大統領府を見学し大変有意義なポンペイ寄港でした。
 ポンペイからは2名の研究員が乗船しました。ポンペイ州沖合い8点の海洋調査を今日明日と行いその後北上しながら日本近海まで調査を行う予定です。
 
乗船研究員2名(佐藤博雄准教授、Clayton Maluwelgiミクロネシア大学職員)
2010年2月17日(水)

copyright (c) 2005Umitaka