Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第30次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月01日(月)
02月26日(金)
02月25日(木)
02月24日(水)
02月23日(火)
02月22日(月)
02月21日(日)
02月20日(土)
02月19日(金)
02月18日(木)
02月17日(水)
02月12日(金)
02月11日(木)
02月10日(水)
02月09日(火)
02月08日(月)
02月07日(日)
02月06日(土)
02月05日(金)
02月04日(木)
02月03日(水)
02月02日(火)
02月01日(月)
01月27日(水)
01月26日(火)
01月25日(月)
01月24日(日)
01月23日(土)
01月22日(金)
01月21日(木)


[最新の10件]


3月1日(月)東京帰港報告
3/1 08:12 浦安沖抜錨
    09:38 東京豊海水産埠頭着岸

 09時38分東京豊海水産埠頭に着岸帰港いたしました。
 昨日はチリ地震津波警報が発令され船内も緊張して警戒態勢をとりましたが、無事何事も無く警戒態勢を解く事が出来ました。
 第30次遠洋航海はシーセパード問題等で対外的に緊張した場面もありましたが、皆様のご協力を仰ぎ無事終了することが出来ました。
感謝いたしております。
 また、寄港地でもいろいろの方々に便宜を図っていただきました。重ねて御礼申し上げます。
2010年3月1日(月)

2月26日(金)正午位置報告
船位:35°34.95′N,139°53.36′E(浦安沖)
天気:曇り     風 :SSW 11.5m/s  波高:0.8m
気温:14.3℃  水温:10.3℃
針路:速力:錨泊中

 11:46 浦安沖投錨仮泊

 浦安沖に投錨仮泊致しました。途中風が強くなってきましたが南風で追手でしたので楽でした。錨泊後風が強くなり、現在平均で18m/sの風です。とりあえず、全員元気で浦安沖まで帰ってきました。ここで帰港に備え整備作業を行います。
2010年2月26日(金)

2月25日(木)正午位置報告
船位:31°48.36′N,140°33.28′E(鳥島北方)
天気:快晴     風 :SE 04.5m/s  波高:1.0m
気温:21.8℃  水温:19.3℃
針路:345度   速力:11.5ノット 

 鳥島の北方を航走しています。高気圧の圏内で穏やかです。今夜から南風が強まりそうです。ポンペイ出港後から続けていた海洋観測は今日の15時で終了です。明朝8時過ぎに房総半島洲崎沖を通過し東京湾に入ります。学生乗組員全員元気です。
2010年2月25日(木)

2月24日(水)正午位置報告
船位:27°34.85′N,141°55.27′E(小笠婿島西方)
天気:快晴     風 :NE 10.5m/s  波高:1.2m
気温:18.4℃  水温:20.4℃
針路:345度   速力:11.5ノット 

 今朝小笠原父島の沖を通過しました。学生乗組員共に携帯電話のメールチェックに忙しかったようです。今朝から日本のBS放送が受信できる用になりました。気温が20度を下回り船内は長袖の冬の衣装に衣替えです。
 明日の夜には八丈島に達します。
2010年2月24日(水)

2月23日(火)正午位置報告
船位:24°09.32′N,144°56.89′E(小笠原南東390km)
天気:曇り     風 :NE/E 10.4m/s  波高:3.0m
気温:21.6℃  水温:23.8℃
針路:318度   速力:11.5ノット 船内時計:UTC+09.00

 昨夜は20m/sの風が吹き時化状態でしたが、今日午前中から幾分良くなってきました。今朝船内時計を30分遅らせ、日本と同じ時間となりました。
 明朝小笠原の側を通過します。
2010年2月23日(火)

2月22日(月)正午位置報告
船位:20°39.98′N,148°21.12′E(マリアナ諸島東方300km)
天気:晴れ     風 :SSE 03.6m/s  波高:1.5m
気温:26.6℃  水温:25.7℃
針路:318度   速力:11.5ノット 船内時計:UTC+09.30

 海況もよく順調に北上しています。気温も少しずつ下がり日本に近づいていることが感じ取れます。学生の課業も最後の追い込みにかかっています。
2010年2月22日(月)

2月21日(日)正午位置報告
船位:17°30.63′N,151°22.06′E(サイパン東北東630km)
天気:晴れ     風 :E 06.1m/s  波高:1.7m
気温:28.8℃  水温:26.8℃
針路:318度   速力:11.5ノット 船内時計:UTC+10.00

 今朝08時前に海洋研究開発機構(JAMSTEC)より今航海投入を依頼されていたアルゴブイ5個目を投入し、依頼されていた全てのブイの投入を終えました。我々が投入したアルゴブイは4年間10日に一度2,000m深から浮上し海洋のデータをセンターに送り続けることになります。
 船内では帰港に備えた書類作りが行われています。
2010年2月21日(日)

2月20日(土)正午位置報告
船位:14°44.94′N,153°18.43′E(グアム東北東500km)
天気:晴れ     風 :ENE 06.5m/s  波高:2.0m
気温:26.5℃  水温:27.0℃
針路:328度   速力:11.5ノット 船内時計:UTC+10.00

 1日2回の観測を行いながら北上しています。 海況も穏やかで、2日間穏やかなのはこの航海始まって以来です。あと数日は穏やかな天気が続くようです。昨日午後ポンペイ島に向う東海大学の望星丸とすれ違いました。
2010年2月20日(土)

2月19日(金)正午位置報告
船位:10°53.28′N,155°46.88′E(グアム東南東660km)
天気:晴れ     風 :E/N 09.5m/s  波高:2.0m
気温:28.7℃  水温:27.7℃
針路:328度   速力:12.2ノット 船内時計:UTC+10.30

 昨日夕刻ポンペイ島沖の8点目の観測を終了し北上を開始しました。途中1日2回の観測を行いながら北上します。 今日は朝からスコールも無く晴れています。久しぶりに太陽の隔時観測の実習を行っています。
2010年2月19日(金)

2月18日(木)正午位置報告
船位:07°00.72′N,158°25.61′E(ポンペイ島沖)
天気:晴れ     風 :ENE 10.0m/s  波高:1.9m
気温:29.0℃  水温:28.4℃
針路:334度   速力:12.0ノット  船内時計:UTC+11.00

 ポンペイ島沖のミクロネシアポンペイ州水域内でポンペイ州との共同海洋観測を行っています。現在7点目を観測しており夕刻8点目を終了後日本向け北上を開始します。
 学生、調査員、乗組員全員体調良好で観測を行っています。
2010年2月18日(木)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka