Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第28次航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月10日(月)
08月09日(日)
08月08日(土)
08月07日(金)
08月06日(木)
08月05日(水)
08月03日(月)
08月02日(日)
08月01日(土)
07月29日(水)
07月28日(火)
07月27日(月)
07月26日(日)
07月25日(土)
07月24日(金)
07月22日(水)
07月21日(火)
07月20日(月)
07月18日(土)
07月17日(金)
07月16日(木)
07月15日(水)
07月14日(火)
07月13日(月)
07月12日(日)


[最新の10件]


8月10日(月) 東京帰港報告
09:43 豊海水産埠頭着岸帰港
 
 台風9号の影響で雨が激しく、東京西航路も視界が良くありませんでしたが、無事東京豊海水産埠頭に着岸帰港致しました。
 岸壁には途中まで乗船した調査員が機材搬出のため待ち受けており、乗船中の高知大学安田先生は、台風の影響で高知までの飛行機が欠航になる前に高知に帰り着きたいと言うことで着岸早々下船されました。
 午後からは大型機材の荷降ろしを行います。学生はその後修了試験合格後夕刻下船となります。
 東京港には学生48名、調査員3名、乗組員28名 計79名 全員病気
怪我無く元気で帰港致しました。
2009年8月10日(月)

8月9日(日) 浦安沖投錨報告
10:44 浦安沖投錨
 
 昨日三宅島沖の観測を予定通り終え北上、22時50分相模湾北部で漂泊し、今朝06時航走を開始して東京湾に入り10時44分浦安沖に投錨仮泊しました。途中浦賀水道では三崎港を出て東京に向かっている青鷹丸を追い越しました。浦賀水道第2海堡の変針点で間に速力の遅い外国船が入り込んで来たため蔭になり、いつの間にか青鷹丸を追い越してしまいエールの交歓も出来ず、残念でした。
 学生、研究者、乗組員全員元気です。
 明朝09時の東京西航路の入航信号で入航し豊海水産埠頭に向かいます。
2009年8月9日(日)

8月8日(土) 館山出航報告
07:09 館山抜錨
 
 館山湾を抜錨し三宅島沖で観測中です。
 館山出港時には客船パシフィックビーナスが船形の沖に投錨しました。
今夜は館山の花火大会だそうで2,000発の打ち上げだそうです。夕刻までに花火大会見物のため客船にっぽん丸、飛鳥兇投錨するそうで、学生はせっかく特等席に投錨していたのに出航とは残念と悔しがっていました。
 三宅島沖観測は18時頃終了の予定で花火大会には間に合いませんので、23時頃相模湾北部で漂泊し、明日朝東京湾に入り午前中に浦安沖に投錨の
予定です。

2009年8月8日(土)

8月7日(金) 館山投錨報告
14:48 館山湾投錨
 
 昨日の銚子沖の観測点では台風8号からのうねりが大きく危険なため観測出来ませんでした。そのまま相模湾北部に向かい、今朝10時過ぎから、東京湾口の観測を2点行いその後館山湾に投錨しました。
 明朝抜錨し三宅島西部の観測点に向かいます。
2009年8月7日(金)

8月6日(木) 正午位置報告
船位:36°38.88′N,141°59.35′E(太平洋尻屋崎東方)
天気:曇り     風 :NE 02.0 m/s 波高:2.5m
気温:19.6℃  水温:18.8℃
針路:197度   速力:16.5ノット

 銚子沖の観測点向け南下中です。台風8号と北の低気圧からのうねりを受け揺れています。体が慣れたはずの学生も青い顔をして午後の課業のストン摺りに精を出しています。大きい声を出すと船酔いも吹き飛んでしまいます。
 実習も大詰めに近づき提出レポートや調べ物が多く、やることが多すぎて船酔
いしている暇は無いようです。
 うねりが大きいため今日のピストンコアー(水深1500m・黒潮の軸流の中)の観測は船位が保てないため無理のようです。
2009年8月6日(木)

8月5日(水) 青森出航報告
08:51 青森港出航
 
 青森港より出航致しました。青森港は「ねぶた祭り」真っ盛りで客船も昨日は「パシフィクビーナス」が入港し、今春専攻科を修了し同船に三等航海士として乗船している同窓が船に尋ねてきました。今朝は客船日本丸が入港しました。日本丸にも同窓が乗船しています。明日は飛鳥兇反逝覺櫃入港します。
 11時過ぎ陸奥湾の観測点に到着し観測を行っています。
 青森では小池専任教員が下船し武田教授が専任教員として乗船しました。また、調査員3名が新たに乗船しました。調査地点は陸奥湾、銚子沖、三宅島、
東京湾湾口を予定しています。 

 乗船者: 学生  48名
      乗組員 28名
      調査員  3名{今田教授、安田教授(高知大学)、篠塚(D3)}
      総計  79名
2009年8月5日(水)

8月3日(月) 青森入港報告 海鷹丸
13:14 青森港堤埠頭10m岸壁着岸
 
 今朝04時まで奥尻島西方でイカ釣り実習を行いました。計測が間に合わな
いくらいの釣獲でした。近くに海洋研究開発機構(JAMSTEC)の調査船「かいよう」がメタンハイドレートの調査を行っていました。「かいよう」には小樽で下船したメタンハイドレート研究チームが乗船しています。松本団長よりメールがあり集魚灯を付けて操業している海鷹丸がよく見えるとの報告がありました。
 操業を終え漁場を離れ予定通り13時過ぎ青森港に入港いたしました。岸壁には青森から専任教員として乗船する武田教授の出迎えを受けました。岸壁は観光バスの駐車場となっているため「青森ねぶた」見物のバスが続々と集まってきています。学生もねぶた見物に外出しました。 
 出航は8月5日09時を予定しています。
2009年8月3日(月)

8月2日(日) 正午位置報告 海鷹丸
船位:42°15.97′N,138°25.99′E(北海道奥尻島西方)
天気:曇り     風 :ENE 06.9 m/s 波高:0.6m
気温:19.6℃  水温:18.8℃
針路:速力:  漂泊中

 昨日13時半過ぎ神鷹丸と行き会いました。学生は大喜びで声を掛け合っていました。19時に漁場に着き19時半からイカ釣り実習を開始しました。少し肌寒いものの風も弱く実習には最適の環境でした。
 少し小振りのスルメイカでしたが思っていた以上に釣れ、日付が変わってからは計測、胃の内容物の確認等が間に合わないくらいでした。
 本日はあまり南に下がると雨がひどくなることが予想されるため45マイル南で明日午前4時まで実習を行い、終了後青森に向かいます。
 青森着は明日13時半を予定しています。
2009年8月2日(日)

8月1日(土) 小樽出航報告 海鷹丸
09:04 小樽港第2埠頭10番離岸
 
 09時04分小樽港より出航いたしました。調査員22名が下船したため船内が広々と感じられます。夕刻イカ釣り漁場に到着の予定です。13時40分頃小樽港に向かって北上する神鷹丸にすれ違う予定です。
2009年8月1日(土)

7月29日(水) 小樽入港報告
09:14 小樽港第2埠頭10番着岸
 
 予定した全測点の観測を終了し北上、昨夜2時間ほど濃霧になりましたが、予定通り朝9時過ぎ無事小樽に入港しました。学生も濃密な課業や作業で疲れたようですが良好な結果出て満足しているようです。
 小樽港には気象庁清風丸、中央水研蒼鷹丸、日本海区水研みずほ丸が日本海調査のため入港しており、知り合いが来船し情報交換を行っていました。
 お昼過ぎ,調査員は調査結果に満足し全員下船しました。学生は明日息抜きのため旭山動物公園方面に見学に出かけます。
 出航は8月1日09時を予定しています。
2009年7月29日(水)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka