Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第27次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月06日(金)
03月05日(木)
03月04日(水)
03月03日(火)
03月02日(月)
03月01日(日)
02月28日(土)
02月27日(金)
02月26日(木)
02月25日(水)
02月24日(火)
02月23日(月)
02月18日(水)
02月17日(火)
02月16日(月)
02月15日(日)
02月14日(土)
02月13日(金)
02月12日(木)
02月11日(水)
02月06日(金)
02月05日(木)
02月04日(水)
02月03日(火)
02月02日(月)
02月01日(日)
01月31日(土)
01月30日(金)
01月29日(木)
01月28日(水)


[最新の10件]


平成21年2月24(火)海鷹丸航海行動報告
正午位置:7°-42'.0S 133°-56'.9E (ARU SEA )
天候:曇り、風:西北西、6.4m/sec 波高:0.5m
水温: 28.5℃, 気温: 28.0℃
針路:305 度 :17 .0kts

船内使用時(UT+9時間)
実習・作業項目
1.航海当直
2.機関当直(非直絃)
3.海賊警戒体制当直
 インドネシア海域では多島間シーレーン(ASL)航路を航行しています。海賊襲撃があった場合、この航路上に存在していれば、本船位置通報を速やかに把握してもらうには役にたつとおもいます。
気象上の不安定のみならず、社会的不安定も航行の安全を脅かします。ダーウインではKAKADU国立公園の滝つぼで元気一杯に泳いでいた学生も残す航海日数もおしつまり、いろいろとまとめに追われています。
人員・船体・機関・プロペラほか全て異常ありません。
2009年2月24日(火)

平成21年2月23(月)海鷹丸ダーウイン出港報告
本日11時55分、ダーウイン港より出港いたしました。
正午位置:12°-28'.3S 130°-50'.9E (ダーウイン港 )
天候:曇り、風:南南西、0.6m/sec 波高:1.0m
水温: 29.4℃, 気温: 28.8℃
針路:var 度 :3 .0kts

船内使用時(UT+9時間30分)
実習項目
1.出港作業
2.航海当直
3.海賊警戒配置体制設定作業

 ダーウイン港では事故も無く、予定通りの港泊期間を過ごすことができました(燃油60kls補給)。 バス見学では北部オーストラリアの広々した大自然(滝、樹林帯など)を見学できました。高台から樹林帯を遠望したときに、果てしない海と見間違えるほどの広大さでした。
明日からは再びインドネシア海域での警戒航海がはじまります。
人員・船体・機関・プロペラほか全て異常ありません。
2009年2月23日(月)

平成21年2月18日(水)海鷹丸ダーウイン入港報告
2月18日 11時 ダーウイン港へ入港いたしました。(STOKES HILL WHARF)
 
天候:晴れ、風:西北西、4.2m/sec 波高:0.5m
水温: 28.8℃, 気温: 28.0℃
針路:度 .、速力:.ts

船内使用時(UT+9時間30分)

実習・調査項目
1.航海当直
2.入港手続き・入港作業

やや蒸し暑いところです。入港中、なんとなくベノアと似た感じをうけました。樹木も似ています。チモール海をはさんでインドネシアは目と鼻の先
ですので、同じ気候のようです。
2009年2月18日(水)

平成21年2月17(火)海鷹丸航海行動報告
正午位置:12°-13'.8S 126°-43'.0E (TIMOR SEA 南部 )
天候:雨、風:西北西、3.0m/sec 波高:1.0m
水温: 27.9℃, 気温: 25.3℃
針路:67 度 :8 .5kts

船内使用時(UT+9時間30分)
実習項目居
1.航海当直
2.船内清掃・入港準備

 入港時間調整のため昼間、減速しています。 明日の入港を控え、午後からは船内清掃です。 ダーウインは潮流・潮差が大きいことで知られていますが、幸い、本船入港期間はほとんど両弦期にあたっているため、さほど潮流・潮差は大きくありません。 また週間天気予想をみても低気圧等の襲来はないようです。 少し安堵しております。
人員・船体・機関・プロペラほか全て異常ありません。
2009年2月17日(火)

平成21年2月16(月)海鷹丸航海行動報告
正午位置:14°-37'.7S 123°-04'.6E (Indian Ocean )
天候:曇り、風:東北東、5.0m/sec 波高:1.0m
水温: 28.1℃, 気温: 28.3℃
針路:57 度 :8 .0kts
変針点:16°-29'.4S 120°-05'.4E

船内使用時(UT+9時間30分)
実習項目
1.航海当直
2.衛生管理者講習

 静かな海を静かに航走しております。ダーウイン入港予定日時(18日10時)への調整のため減速しています。1日に一回ぐらいオーストラリア税関プロペラ機が飛んでいます。 沿岸一帯の監視をしていて、VHFにより航行船舶を呼び出し、国籍、寄港地等の確認業務を行っています。
人員・船体・機関・プロペラほか全て異常ありません。
2009年2月16日(月)

平成21年2月15(日)海鷹丸航海行動報告
正午位置:17°-05'.2S 114°-24'.4E (Indian Ocean )
天候:晴れ、風:北北東、11.0m/sec 波高:2.0m
水温: 28.9℃, 気温: 29.0℃
針路:48 度 :10 .5kts
変針点:18°-00'.6S 116°-46'.6E

船内使用時(UT+9時間30分)
実習項目
1.航海当直
2.衛生管理者講習

 今朝8時頃、リーフに囲まれた小島(Cunningham Id)近傍を通過しました。環礁の近くの水色は沖とは異なる緑色域が広がってまことに綺麗ですが、航海者にはとっては危険領域となります。 浅瀬があったり、風も無いのに大きな白波が立ち騒ぎ、強潮流の存在を示しています。 海図記載の水深が本船の実測の水深と異なることもあり、要注意海域です。 当然ながら、さらに環礁の多い海域では航海者のために推薦航路などが設けられています。学生は参考写真をとっていました。
人員・船体・機関・プロペラほか全て異常ありません。
2009年2月15日(日)

年2月14(土)海鷹丸航海行動報告
正午位置:19°-25'.7S 115°-20'.9E (Indian Ocean )
天候:曇り、風:東南東、14.0m/sec 波高:2.6m
水温: 28.8℃, 気温: 28.4℃
針路:43 度 :11 .0kts

船内使用時(UT+9時間30分)
実習項目
1.航海当直
2.衛生管理者講習

 航路右舷側には水深100m未満位の所々にガス田が散在しています。明日以後、リーフ、島の多い海域に入ります。 潮流の強いところが多く要注意航行となります。
 人員・船体・機関・プロペラほか全て異常ありません。
2009年2月14日(土)

平成21年2月13(金)海鷹丸航海行動報告
正午位置:22°-34'.3S 112°-49'.7E (Indian Ocean )
天候:晴れ、風:南、12.5m/sec 波高:1.9m
水温: 27.1℃, 気温: 27.4℃
針路:22 度 :12 .0kts

船内使用時(UT+9時間)
実習項目
1.航海当直
2.ホリーストーン

 リーウイン海流(南流)に押されて速度が落ち気味ですが、ダーウイン入港日時調整に都合よい位です。南緯21度あたり(North West Point岬)から南緯35度あたりまでの約600海里の長い距離の大陸棚を流れる(5〜8月max)この暖かく、低塩分のこの海流域でロックロブスターが籠(直径1m位)漁で漁獲されます。
餌は大きなサバの切り身(ニュージーランド産など)です(フリーマントルの漁港で見聞)。とても興味深いことです。 オーストラリアは大事にこのロックロブスターの資源管理をしているのだとおもいます。学生はチャート記載のリーウイン海流の存在を始めて知ったようです。ローカルな海流なのであまり知られていないのだと思います。
2009年2月13日(金)

平成21年2月12(木)海鷹丸航海行動報告
正午位置:27°-45'.2S 111°-47'.0E(Indian Ocean )
天候:晴れ、風:南南西、7.0m/sec 波高:1.0m
水温: 23.5℃, 気温: 24.9℃
針路:351 度 :14 .0kts

船内使用時(UT+9時間)
実習項目
1.航海当直
2.ホリーストーン

 学生は昨日、今日と連日デッキ上でストン摺りです。よく晴れたオーストラリア西岸の青空のもと、南風に吹かれながら汗を流しています。人員・船体・機関・プロペラほか全て異常ありません。
2009年2月12日(木)

2月11日(水)フリーマントル出港報告
本日2月11日 10時、フリーマントル港より出港いたしました。

正午位置:31°-54'.0S 115°-26'.9E(ロットネスト島沖 )
天候:晴れ、風:北東、5.1m/sec 波高:0.5m
水温: 21.5℃, 気温: 26.9℃
針路:287 度 、:13 .5kts
変針点:31°-56'.9S 115°-39'.0E

船内使用時(UT+9時間)
実習項目
1.航海当直
2.ホリーストーン 
    
 フリーマントルは古い糧物が多く残されていて赴きのある街です。街では鯨類に関係したトラブルはありませんでした。また町にも表立ってそのようなキャンペーン広告はほとんどみあたらず、目立ったのは東オーストラリアの山火事被害への募金運動でした。 
 学生達は少し北のパース(電車で30分ほど)へも行っていました。パースのキングスパーク(バス見ルート)は海、スワン川、街が見渡せる見晴らしのよい公園です。
 フリーマントル付近から南緯24度あたりの大陸棚には、暖かく低塩分
のリーウイン海流(5〜8月MAX)というローカルな南流があって、また
その陸棚一帯はロックロブスターの好漁場になっています。 海面には漁具
のフロートが散見されます。 夜間は見えにくいため、漁場を遠く離して
水深1000m以上の遥沖合いの航路を計画しました。
(調査員28名は全員、2月8日、フリーマントルで下船しました。) 
人員・船体・機関・プロペラほか全て異常ありません。
2009年2月11日(水)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka