Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第26次航海        東京海洋大学  海洋科学部

10月14日(火)
10月13日(月)
10月12日(日)
10月11日(土)
10月09日(木)
10月08日(水)
10月07日(火)
10月06日(月)
10月05日(日)
10月04日(土)
10月03日(金)
10月02日(木)


[最新の10件]


10月14日海鷹丸実習航海帰港報告
 本日09時55分、所定の実習・観測調査を滞りなく終え、東京豊海水産埠頭に帰港着岸いたしました。

実習・調査項目
1.航海当直
2.船内・船体清掃
3.観測機材陸揚げ

本日にて上記乗船者全員下船し、平成20年度大学院特別実習を終了いたしました。
2008年10月14日(火)

10月13日(月)正午位置報告
正午位置:33-42.6N  136'-52.7E(熊野灘沖)
天候:晴れ、風:南南東、2.0m/sec, 波高:2.5m
水温:23.9℃, 気温:22.6℃
針路: 067度 11.4kts

実習・調査項目(紀州沖)
1.航海当直
2.ピストンコアラー採取(紀州沖、2000m深)
  (地下圏微生物調査)
3.観測機材片付け・収納

 2000m深の海底に400kgのウエイトを掛けた長さ約6m、直径約10cmのピストンコアラーが突き刺さると、コアラーを吊り下げたクレーンが揺れ、船体が幾分のショックを受け、採取は半ば成功したことがわかります。
 それでもある場合には、船上に揚げてみたらコアラーの先端が曲がっていたりして不首尾に終わることもあります。
 海底の岩盤に当たったりすると、そんな憂き目にも会います。本航海ではすべて上首尾に行きました。
 本日で漁業実習、観測は終了いたいました。これから針路を東北東へ向け帰路につきます。
2008年10月13日(月)

10月12日(日)正午位置報告
正午位置:32-33.8N  132'-58.2E(足摺岬沖)
天候:晴れ、風:北北西、1.0m/sec, 波高:2.3m
水温:28.9℃, 気温:24.0℃
針路: 073度 12.0kts

実習・調査項目(四国沖)
1.航海当直
2.CTD観測(100〜 2000m深)
3・RMTネット(3段遠隔開閉式)曳網(表層〜2000m深)
2008年10月12日(日)

10月11日海鷹丸鹿児島港出港報告
10月11日(土)本日10時50分 鹿児島港より出港いたしました。

正午位置:31°-40'.4N  130'-44.9E(鹿児島湾)
天候:晴れ、風:北北西、4.0m/sec, 波高:0.1m
水温:25.5℃, 気温:25.3℃
針路: 073度 12.0kts

実習・調査項目(鹿児島湾奥櫻島北側)
1.航海当直
2.地下圏微生物採取(ピストンコアラー)

乗船者:教員(今田、塩出、田中、武田、甘糟、
              安田(高知大学))
                    6名
    専攻科             27名    
    院生              26名
    T.A.            3名
    実習補助            2名 
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    計               64名
2008年10月11日(土)

10月9日(木)正午位置報告
本日08時00分 口永良部島、西浦
より抜錨・出航し、
本日13時25分 鹿児島港北埠頭2号岸壁に接岸いたしました。

正午位置:31°-21'.1N  130'-41.1E(鹿児島湾)
天候:晴れ、風:北、8.0m/sec, 波高:0.4m
水温:25.0℃, 気温:25.4℃
針路: 338度 速力:16.0 kts

実習・調査項目
1.航海当直、データ解析およびレポート作成(大学院)
2008年10月9日(木)

10月8日(水)正午位置報告
本日08時15分 口永良部島、西浦に錨を打ちました。
本日はここでトロール網天日干し、オッターボードの船内収納等を行います。明朝08時に錨を揚げ、14時、鹿児島港入港の予定です。  

正午位置:30°-28'.8N  130'-11.5E()
天候:晴れ、風:東北東、4.5m/sec, 波高:0.5m
水温:27.5℃, 気温:25.4℃

実習・調査項目
1.トロール漁具収納・手入れ
2.科学魚探校正
3.講義(データ解析、北門教員)
2008年10月8日(水)

10月7日(日)正午位置報告
正午位置:30°-03'.1N  127'-46.0E(東シナ海)
天候:雨、風:北北東、6.5m/sec, 波高:0.7m
水温:27.4℃, 気温:23.6℃
針路: 023度、速力: 4.0 kts


実習項目
1.航海当直,目視観測(大学院生)
2.トロール操業実習(水深約300m、大陸斜面)
3.海洋観測(CTD,水温、塩分その他)
4.XBT観測(水温)

 本日は昨日と同じく、大陸斜面での等深線に沿っての曳網です。水温は昨日より低く、約10℃程度です。約300m深の大陸斜面でも水温約10℃の水温均一層(厚さ40m程度)がみられます。漁獲魚種は昨日とほぼ同じでした。比較的スルメイカが多く獲れます。
2008年10月7日(火)

10月6日(日)正午位置報告
正午位置:30°-02'.3N  127'-47.0E(東シナ海)
天候:晴れ、風:北、5.3m/sec, 波高:1.1m
水温:27.6℃, 気温:26.1℃
針路: 120度、速力: 3.0 kts

実習項目
1.航海当直,目視観測(大学院生)
2.トロール操業実習(水深約300m、大陸斜面)
3.海洋観測(CTD,水温、塩分その他)
4.XBT観測(水温)

 本日は大陸斜面での等深線に沿っての曳網です。水温は大陸棚海底付近(水深約120mで約14℃)よりも低く、約12℃程度です。漁獲される魚種が多くなり、カニ類は無く、イカが目立つようになりました。

 一操業での曳網時間を短いもの(30分曳き)にして所を変えながら多くの箇所での分布を調べています。
2008年10月6日(月)

10月5日(日)正午位置報告
正午位置:30°-20'.7N  127'-25.5E(東シナ海)
天候:晴れ、風:南、10m/sec, 波高:1.5m
水温:27.3℃, 気温:27.2℃
針路: 120度、速力: 3.0 kts

実習項目
1.航海当直(大学院生)
2.トロール操業実習
3.海洋観測(CTD,水温、塩分その他)
4.ドレッジ(海底泥、生物採取)

 日中漁業協定による暫定措置水域(操業許可手続き済み)にて操業しています。200m等深線付近では底延縄漁具が設置されており、漁船も多くおりました。遠かったため国籍までは確認できませんでした。
2008年10月5日(日)

10月4日(土)正午位置報告
正午位置:31°-07'.9N  131°-20'.8E(大隈海峡東方)
天候:晴れ、風:北北東、8.0m/sec, 波高:1.6m
水温:26.4℃, 気温:25.8℃
針路: 245度、速力: 10.5 kts

実習項目
1.航海当直,目視観測(大学院生)
2.多段式中層網曳網試験
3.トロール漁業概要(夕別課)
2008年10月4日(土)

Page/ [1] [2]
copyright (c) 2005Umitaka