Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  海鷹丸 第21次航海        東京海洋大学  海洋科学部

02月06日(火)
02月04日(日)
02月03日(土)
02月02日(金)
02月01日(木)
01月31日(水)
01月30日(火)
01月29日(月)
01月24日(水)
01月23日(火)
01月22日(月)
01月21日(日)
01月20日(土)
01月19日(金)
01月18日(木)
01月17日(水)
01月16日(火)
01月15日(月)
01月14日(日)
01月13日(土)
01月12日(金)
01月11日(木)
01月10日(水)
01月09日(火)
01月08日(月)
01月07日(日)
01月02日(火)
01月01日(月)
12月31日(日)
12月30日(土)


[最新の10件]


1月12日正午位置報告
正午位置: 08°39.0′S 172°33.2′E(南太平洋)
天気:半晴、 風:S/E 0.6m/s、
気温:31.4℃ 水温:30.7℃、
針路:速力:2日目マグロ延縄実習揚縄待機中(漂泊中)
 
昨日はそこそこの漁獲が有りました。メバチが多く、キハダは僅かでした。カジキは0でした。風が弱すぎても暑さによる熱中症が気がかりです。
2007年1月12日(金)

1月11日正午位置報告
正午位置: 09°08.0′S 172°57.3′E(南太平洋)
天気:半晴、 風:SW/W 6.1m/s、
気温:32.3℃ 水温:30.6℃、
針路:速力:マグロ延縄実習中(漂泊中)
 
昨日よりTurboMap,CTD等の海洋調査開始、本日は朝4時より延縄開始、マグロ延縄実習中です。午後より揚縄にかかります。朝方はサンダーストームでしたが、昼はかなりの暑さです。
2007年1月11日(木)

1月10日正午位置報告
正午位置: 10°01.1′S 175°05.7′E(南太平洋フィジー
海台北)
天気:半晴、 風:WSW 7.7m/s、
気温:30.7℃ 水温:30.6℃、
針路:285度 速力:12.5ノット(減速航走中)
 
気温・水温が上昇し、かなりの蒸し暑さです。明日からマグロ延縄実習を開始しますが、熱中症等学生・乗組員の健康にも留意しなければなりません。船内時UTC+12時間です。

2007年1月10日(水)

1月8日正午位置報告
正午位置: 11°29.1′S 179°58.4′W(南太平洋フィジー諸島北方)
天気:半晴、 風:S/W 1.0m/s、
気温:29.9℃ 水温:30.1℃、
針路:285度 速力:12.5ノット(減速航走中)
 
昨日に続き静かな南洋の海です。
マグロ延縄実習の準備を進めております。明日より海洋調査開始の予定です。サモア出港後少々体調を崩した者がいましたがほぼ回復しております。
船内時を30分遅らせUTC−12時間です。まもなく東経に入ります。船内では1月9日をスキップし、明日を1月10日とします。
2007年1月9日(火)

1月7日正午位置報告
正午位置: 12°46.1′S 174°44.6′W(南太平洋サモア西方)
天気:半晴、 風:SE 3.0m/s、
気温:29.3℃ 水温:29.9℃、
針路:305度 速力:12.5ノット(減速航走中)
 
マグロ延縄実習海域に向っております。低緯度海域の典型的な天気、層積雲、積雲が卓越し、所々スコール雲が見えます。風も弱く順調な航海です。
本日船内時を30分遅らせUTC−11.5時間です。
2007年1月8日(月)

アピア出港報告
予定を半日ほど早め本日1月6日21時12分アピアを出港致しました。
出港時にはJICA関係者多数が見送りに見えました。
アピアは心配したほど治安は悪くなく、サモアンピープルはフレンドリーで自然が美しい国で、物価も安く学生達にとってはやさしい寄港地だったようです。
入港中港内は風・波もなく、静かでしたが、うねりが入り上下に揺れられ、船体が傷つき落ち着かない日々でした。
川村先生他調査員2名が乗船されました。11日よりマグロ延縄実習を始める予定です。
2007年1月7日(日)

アピア入港報告
先ほど10時40分アピアに入港接岸致しました。
本学の練習船が寄港するのはおそらく始めてだと思いますが、自然がいっぱい、静かな港です。
とても暑くて大汗を掻いています。それでも今日は曇りで暑い日ではないそうです。ここからはまた調査員が3名乗船します。


調査のため,東京−シドニー間に乗船された神田先生より,シドニー停泊中の海鷹丸の写真が届きました。報告のところで見る事ができます。
http://www.s.kaiyodai.ac.jp/ship/cgi-bin/umitaka/umitaka21/houkoku.html
2007年1月2日(火)

2007年1月1日正午位置報告
正午位置: 14°39.7′S 173°21.3′W(南太平洋サモア近く)
天気:雨、 風:ESE 15.3m/s、
気温:26.9℃ 水温:29.4℃、
針路:Var.ly 速力:Var.ly(学生による海鷹丸操縦性能試験実施中)
 
明けましておめでとう御座います。本年も宜しくお願い申し上げます。
新年早々にはサモア近海に達し、本日は新年の祝賀行事の後、学生主体による操縦性能試験を行っております。夜にはサモアに向け航走を開始する予定で、明日サモア入港の予定です。

2007年1月1日(月)

12月31日正午位置報告
正午位置: 16°04.5′S 175°42.2′W(南太平洋トンガ近く)
天気:半晴、 風:SE/E 9.2m/s、
気温:28.5℃ 水温:
28.2℃、 針路:56度
速力:11.5ノット(減速航走中)
 
日本ではすでに新年を迎えた様子、時々聞こえるノイズ交じりの短波放送で偲んでおります。近年は年末・年始の共同ニュース船内FAXも休刊で情報不足です。
船内の清掃も進んで、新年を迎える準備は済ませています。
船内時計を30分進ませ、UTC−11.0時間で、西サモア時間です。
2006年12月31日(日)

12月30日(再)正午位置報告
正午位置: 18°16.9′S 179°55.0′W(南太平洋フィジー諸島間コロ海)
天気:快晴、 風:E/S 7.3m/s、
気温:27.1℃ 水温:27.1℃、
針路:81度 速力:11.8ノット(減速航走中)
 
南太平洋をのんびりとしたスピードで航海しています。昨夜フィジー諸島の水路に入り、サンゴ礁、諸島間を航走しています。船内時30日24時を30日0時に戻しました。日本より約1日遅れて新年を迎えます。昼前に経度180度を通過しました。時計を30分進ませ、UTC−11.5時間です。
2006年12月30日(土)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka