Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  神鷹丸 大型クラゲ調査航海 東京海洋大学   海洋科学部

11月14日(水)
11月13日(火)
11月12日(月)
11月08日(木)
11月07日(水)
11月06日(火)
11月05日(月)
11月04日(日)
11月03日(土)
11月02日(金)
11月01日(木)
10月31日(水)
10月30日(火)
10月28日(日)
10月27日(土)
10月26日(金)
10月25日(木)
10月24日(水)
10月23日(火)
10月22日(月)
10月19日(金)
10月18日(木)
10月17日(水)
10月16日(火)
10月15日(月)
10月12日(金)


[最新の10件]


11月14日(水)東京帰港報告
11/14 09:37 東京豊海水産埠頭着岸帰港
 
 豊海水産埠頭に着岸帰港し、神鷹丸平成19年度大型クラゲ等有害生物出現調査及び情報提供委託事業に係る航海を終了いたしました。
 今年の調査では昨年の調査に比べ、大型クラゲの出現数、目視数も少ないと言う結果でした。CTD観測でも昨年と海洋構造が少し違っている様でした。今後の解析に期待しています。

大型クラゲ調査航海の様子を報告のページ(以下のアドレス)にアップしました。是非こちらもご覧下さい。

http://www.s.kaiyodai.ac.jp/ship/cgi-bin/shinyo/shinyoku/kurage%2007%20HP/indexf.htm
2007年11月14日(水)

11月13日(火)正午位置報告
船位:32°58.15′N、137°08.18′E(大王崎南方)
天気:晴れ 、   風 :NW/N 08.5m/s、 波高 1.9m
気温:19.5℃、水温:25.6℃
針路:090度  船速:14.9ノット
 
 今朝紀伊半島の南で冬型の気圧配置の影響で北よりの風が強く平均18m/sを記録し有義波高が3.5mに達し、一時どうなることかと気をもみましたが今は風も収まり、黒潮に乗り東京に向かっています。入港は明朝09時40分の予定です。先ほど南海地震の震源の探査のため海底をドリリングしている「探査船ちきゆう」のそばを通過しました。
2007年11月13日(火)

11月12日(月)正午位置報告
船位:33°47.39′N、131°32.79′E(国東半島沖)
天気:晴れ 、   風 :NW/N 07.4m/s、 波高 0.8m
気温:15.7℃、水温:21.9℃
針路:154度  船速:13.4ノット

11月12日(月)08:58 下関港出航
 下関港を出航しました。出港時気圧の谷の影響で雨が降っていましたが
現在は晴れていますが、追い風の北西の風が少し強くなってきました。今後豊後水道、四国南沖を経由し東京に向かいます。
2007年11月12日(月)

11月8日(木)下関入港報告
11/8 04:27 S18測点観測終了
     12:57 下関港入港第一突堤13号岸壁着岸
 
 今朝04時27分 S18測点の観測を終了し、後半予定した全ての測点の観測を終了し、12時57分漁具陸揚げ、調査員等下船のため下関港に入港しました。前半34点、後半45点 計79点の観測を故障、怪我人もなく無事終了することが出来ました。
 教員、調査員、調査補助員計13名は明日午前中下船の予定です。
 神鷹丸下関出航は11月12日(月)09時を予定していますが、天候悪化が予想されれば、1日早め11日に出航するかもしれません。
2007年11月8日(木)

11月7日(水)正午位置報告
船位:34°03.61′N、129°02.09′E(対馬南西方)
天気:晴れ 、   風 :NE 07.3m/s、 波高 1.7m
気温:19.8℃、水温:23.5℃
針路:332度  船速:12.6ノット

11月7日(水)07:02 郷ノ浦港抜錨
 
 風が少し弱まってきましたので郷ノ浦港を抜錨し観測を開始しました。 昨日S18から観測を開始する旨報告しましたが、うねりがまだ収まっていないためS21,S22が対馬の蔭になり観測が楽になるS23から逆回りで観測を開始しました。午前中にS23を観測し対馬西方のS22に向かっています。2マイルほど離れたところが韓国と日本の漁業専管水域の中間線にあたるため中間線に沿って航走し警備している水産庁取締船とすれ違いました。
 クラゲは九州沖は目視も採集もなくなりました。
 観測は順調に進んでいますので、気象の急変がない限り明早朝全ての測点の観測が終了しますので、予定より1日早く明日11月8日13時下関港に入港予定です。
2007年11月7日(水)

11月6日(月)壱岐郷ノ浦投錨報告
11/6 11:57 壱岐郷ノ浦港沖投錨

船位:33°44.45′N、129°40.02′E(壱岐郷ノ浦港沖)
天気:曇り 、   風 :NE 07.3m/s、 波高 0.5m
気温:19.1℃、水温:22.1℃
針路: 船速:錨泊中

  観測も大詰めに近づき張り切って観測を行っていましたが、壱岐北の測点に達した頃、風が16m/sを連続して記録するようになり、波高うねりも大きくなって船体動揺が激しく観測継続が不可能になりましたので、近くの壱岐郷ノ浦港沖に投錨し天気の回復を待つことにしました。明日天候が回復したら抜錨しS18から観測を再開する予定です。
2007年11月6日(火)

11月5日(月)正午位置報告
船位:35°59.99′N、131°15.04′E(日本海南西部)
天気:曇り 、   風 :E/N 10.5m/s、 波高 1.4m
気温:17.6℃、水温:21.7℃
針路: 船速:観測中

 水深1,500mの測点S13を観測しています。1,000m以深の観測はこれが最後で以降浅い観測です。本船のそばで日本のカニ籠漁船が操業中です。水産庁の航空機が飛来旋回し漁船を確認していました。気圧の谷の影響で海上風警報が出されていますが、これ以上海況が悪くならないことを期待しています。クラゲはほとんど入網しません。昨日から24時間で3個体のみです。観測点も残り10ポイントとなりました。
2007年11月5日(月)

11月4日(日)正午位置報告
船位:36°28.69′N、131°59.75′E(竹島南93km)
天気:晴 、   風 :NE 07.4m/s、 波高 1.0m
気温:15.8℃、水温:20.3℃
針路: 船速:観測中

 昨夜から今日にかけ竹島に一番近い水域にいます。視界内には多くのハングル文字のボンデンやブイを見ましたが、昼近くには見えなくなりました。 日御碕、隠岐付近では底引き船が多くいましたがボンデンが見あたらなかったので夜間観測を行い、凪も手伝い順調に観測が進んでいます。
2007年11月4日(日)

11月3日(土)正午位置報告
船位:36°29.68′N、133°29.82′E(隠岐島東)
天気:快晴 、   風 :W/N 02.9m/s、 波高 1.6m
気温:15.4℃、水温:21.8℃
針路:180度  船速:12.3ノット

 昨日午後から観測を再開しました。西の方に来ると漁船や漁具が多く見受けられる様になりました。現在隠岐島東側に来ています。やはり浅いところに来ますと漁具の敷設が多く観測点を少し移動せざる得なくなっています。やはり浅場は夜の観測は漁具を引っかける可能性がありますので、無理のようです。鳥取県の沿岸に近づいてきたらクラゲの入網数が増えてきました。
2007年11月3日(土)

11月2日(金)正午位置報告
船位:36°28.86′N、134°17.26′E(隠岐島東北東)
天気:晴れ 、   風 :WNW 08.9m/s、 波高 2.4m
気温:15.4℃、水温:21.8℃
針路:310度  船速:02.0ノット

 昨夜M17測点を観測終了しM18測点に到着しましたが、昨日からの寒冷前線と高気圧からの風の吹き出しが強く、うねりが大きくなり、横揺れが激しくなったため観測を中止し、船を風にたてて微速で行き足を保ち海況の回復を待っています。風も少し収まってきましたので、午後には何とかなるのではないかと思っています。
2007年11月2日(金)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka