神鷹丸 第98次航海        東京海洋大学  海洋科学部

03月28日(月)
03月27日(日)
03月26日(土)
02月25日(木)
01月28日(木)
01月26日(火)
01月25日(月)


[最新の10件]


神鷹丸平成27年度(2015年)乗船漁業実習個拘航海報告 2月25日 下関移動(シフト)
2月25日13時48分タグを横抱きして岬之町23号岸壁を離岸し、14時12分三菱重工業下関工場1号岸壁に着岸しました。気温は5℃と北寄りの風が吹く中、若干潮に押されながら岬之町岸壁を出港しました。今回は下関市や水産大学校の練習船の専用岸壁をお借りして、長期の滞在が可能となりました。関係各位にお礼申し上げます。また学生達にとっては最後の入出港作業となり、感慨深く感じていますが、皆元気に実習や作業に従事しております。
 
海技試験は、残念ながら課目合格の学生がほとんどでしたが、本日から気持ちを切り替えて、ドックでの実習や勉強に集中するようです。ドック内では、入渠中の他船や海上運転のあいまでの代船の見学等を行います。また実習の一環として28日に下関ポートラジオ、3月4日に関門マーチスの見学などを予定しています。

 現在、代船神鷹丸は、先週から海上運転を実施しております。今週も23日からJGでの海上試験があり、明日26日本船から数名乗船して、検査(システム操船)に立ち会う予定です。今後も2月29日から3月8日まで海上運転があり、本船からも交代で立会い検査や習熟運転に乗船する予定です。

3月14日から予備品検査や観測機器などの備品類を確認し、船に乗りきらない備品類を陸送品として艇庫に送る予定です。学生達は3月9日に上陸し、3海通の国家試験を受験する予定です。
2016年2月25日(木)

copyright (c) 2005Umitaka