Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  神鷹丸 第85次航海        東京海洋大学  海洋科学部

09月14日(水)
09月13日(火)
09月12日(月)
09月10日(土)
09月09日(金)
09月07日(水)
09月06日(火)
09月05日(月)
09月04日(日)
09月02日(金)
08月31日(水)
08月30日(火)
08月29日(月)
08月27日(土)
08月26日(金)
08月25日(木)
08月24日(水)
08月23日(火)
08月22日(月)
08月21日(日)
08月20日(土)
08月19日(金)
08月18日(木)
08月17日(水)


[最新の10件]


9月14日神鷹丸航海行動報告
 9月13日火曜日南風に押されながら東京湾を北上し14時27分に浦安沖に錨泊しました。約1ヶ月ぶりに東京の夜景につつまれたもののほっとする間もなく教室では修了試験を実施しました。翌9月14日水曜日08時31分に抜錨し、09時38分に東京豊海埠頭に帰港しました。今航海は、台風や大雨による漂流物等があり、ご心配及び貴重な情報をいただき誠にありがとございました。皆様のご支援によって無事帰港できましたこと大変感謝しております。
 明日9月15日に学生22名は、最後の整理整頓し下船式を行い、乗船漁業実習靴禄了します。

正午位置:東京港 35-39.1N、139-46.2E
天候:晴れ、 南の風、 風力2、 気圧 1015.0hpa
気温:32.4℃、 水温:27.9℃

2011年9月14日(水)

9月13日神鷹丸航海行動報告
 9月12日月曜日17時02分に相模湾宇佐美沖に錨泊し、夜は各班による瀬戸内海航路の航路状況の発表会を行いました。9月13日火曜日08時39分に宇佐美沖を抜錨し、相模湾を横断し久々の東京湾に入り、夕方千葉県浦安沖に錨泊予定です。明日14日は、08時30分抜錨し、09時30分東京帰港の予定です。
 乗船漁業実習靴詫眛まで行い学生は9月15日に下船式となります。

正午位置:東京湾 35-09.8N、139-46.3E
天候:晴れ、 南西の風、 風力4、 気圧 1015.0hpa
気温:28.6℃、 水温:27.8℃、 有義波高 0.5m
2011年9月13日(火)

9月12日神鷹丸航海行動報告
 9月11日日曜日10時から10月の共同利用実習について静岡大学との打合せを行い、翌9月12日月曜日9時36分清水港江尻埠頭2号を離岸出港しました。天候に恵まれ、駿河湾を南下し石廊崎沖を通過して伊東沖に錨泊したあと、瀬戸内海などの海上交通安全法での航路の班別の発表会を行う予定です。明日13日は、8時30分頃抜錨し、相模湾を横断して東京湾に入り、浦安沖に錨泊予定です。
 東京帰港は9月14日午前の予定です。

正午位置:駿河湾 34-40.2N、138-42.1E
天候:晴れ、 南南西の風、 風力1、 気圧 1017.5hpa
気温:27.7℃、 水温:27.1℃、 有義波高 0.3m
2011年9月12日(月)

9月10日神鷹丸航海行動報告
 9月9日金曜日大阪港を出港し、9月10日土曜日12時41分に清水港江尻埠頭2号に着岸しました。紀伊水道では、台風の影響で若干うねりがありましたが、潮の岬を越えてからは、穏やかな海での航海でした。明日9月11日は清水港でもテロ対策のため港湾担当者によるSOLAS対応岸壁の巡回が予定されているとのことです。この岸壁は漁港のためフェンス等はありませんが、本船も保安規定によるEVEL1で対応しております。
 明日は大学からもお世話していただく先生に来船をお願いし、共同利用実習として静岡大学との打合せ(10月26日〜10月31日分)を予定しております。

正午位置:駿河湾 34-58.4N、138-32.3E
天候:晴れ、 南東の風、 風力3、 気圧 1019.7hpa
気温:27.6℃、 水温:26.4℃、 有義波高 0.3m
2011年9月10日(土)

9月9日神鷹丸航海行動報告
 9月9日金曜日8時49分海遊館の方に見送られ、大阪港天保山埠頭を出港しました。11時45分頃友が島水道を通過し、紀伊水道を南下しております。天気は晴朗ですが、台風の影響か湿った南寄りの風とうねりが出てきております。明日は、共同利用での静岡大学との打合せも兼ね、13時頃に静岡県清水港江尻埠頭(漁港)に入港予定です。

正午位置:紀伊水道 34-14.5N、134-58.0E
天候:晴れ、 東南東の風、 風力3、 気圧 1017.1hpa
気温:27.7℃、 水温:26.5℃、 有義波高 0.8m
2011年9月9日(金)

9月7日神鷹丸航海行動報告
9月7日水曜日8時に船を出発し、尼崎のヤンマー工場(マリンエンジン等)の見学を行いました。午前中は涼しい気候でしたが、午後から気温は上昇し暑い日差しとなっております。明日以降船内座学と自由上陸とし、9月9日金曜日9時に大阪港天保山を出港し、静岡県清水港に向かう予定です。

正午位置:大阪港 34-39.4N、135-25.8E
天候:晴れ、 南西の風、 風力3、 気圧 1007.7hpa
気温:25.8℃、 水温:26.7℃、 有義波高 0.1m

2011年9月7日(水)

9月6日神鷹丸航海行動報告
9月5日月曜日瀬戸内海の備讃瀬戸航路などを航行した後、16時13分香川県小豆島内海湾に錨泊しました。
翌9月6日7時7分に抜錨し、11時に明石海峡(東経135度)を通過し、大阪湾に入りました。本日は天候も良く漁船が多く出漁しておりましたが、視界も良く、航路の研修には最適でした。9月6日13時15分に大阪港天保山埠頭3号の海王丸のとなりに着岸しました。代理店の話では、3月の震災以来、海外からの客船の入港がなくなり、非常にさびしいとのことでした。
夕方には、大阪港での入出港を管制している大阪ポートラジオを見学し、明日7日は、尼崎のヤンマーの工場見学を行う予定です。


正午位置:大阪湾 34-35.2N、135-11.9E
天候:晴れ、 南南東の風、 風力3、 気圧 1003.2hpa
気温:25.8℃、 水温:25.6℃、 有義波高 0.3m
2011年9月6日(火)

9月5日神鷹丸航海行動報告
9月4日日曜日19時28分愛媛県今治市の小部湾に錨泊し、翌9月5日月曜日8時35分抜錨し、潮流約4ノットの来島海峡航路を航行して各信号所や連絡事項を確認するなど海洋交通安全法の実習を実施しております。午後から備讃瀬戸航路(水島航路交差部、宇高東西航路交差部)を航行しながら各法規を確認し、日没前には小豆島内海湾に錨泊予定です。台風一過で穏やかな天候に恵まれて、視界も良く、各航路の信号所や来島海峡大橋、瀬戸内海の島々も確認することができ説明する士官も助かっています。
明日は小豆島を抜錨し、明石海峡航路から大阪湾に入り大阪港などの航法を実習しながら、大阪港に午後着岸予定です。着岸場所は海王丸と同じ天保山の予定です。

正午位置:備後灘 34-15.7N、133-28.5E
天候:晴れ、 南東の風、 風力3、 気圧 1000.9hpa
気温:28.2℃、 水温:27.2℃、 有義波高 0.6m
2011年9月5日(月)

9月4日神鷹丸航海行動報告
 9月2日金曜日、ニチモウの工場見学を行いました。14時からは、水産大学校専攻科希望の4年次学生28名と教員4名が来船し、約1.5時間ほど神鷹丸見学会を行いました。台風のため、9月3日土曜日の出港を延期し、9月4日日曜日09時49分に関門港岬之町岸壁を出港しました。水産大学校天鷹丸には先日より専攻科学生約50名(甲板・機関25名)が乗船しており、本船出港時には、半舷の学生が「綱外し」など出港作業を手伝っていただきました。感謝いたします。
 台風の影響で出港時は、霧雨で北西の風が強かったですが、徐々に天気は回復していく模様です。本日から瀬戸内海の海上交通安全法での航路を実習するため、関門海峡を通過し、釣島水道を超えて、来島海峡手前の小部湾で錨泊の予定です。明日は、来島海峡を通過し、水島航路や宇高東西航路を確認しながら備讃瀬戸航路を航行し、小豆島に錨泊予定です。

正午位置:周防灘 33-49.5N、131-21.1E
天候:晴れ、 北西の風、 風力4、 気圧 1000.7hpa
気温:26.8℃、 水温:26.5℃、 有義波高 0.7m
2011年9月4日(日)

9月2日神鷹丸航海行動報告
 9月1日防災の日のため、安全旗を掲揚し、船内安全の再認識を行いました。9月2日8時20分からバスをチャーターし、ニチモウ工場での漁網の作成過程や、トロール網の水槽実験、ロープ類の材質や破断試験を見学を行う予定で出発しました。あいにく午後は雨の予報となっております。また今回の台風12号の本船への影響について、大変ご心配をおかけしております。台風の進路が思いのほか、西寄りの予報となったため、代理店を通じてこの岸壁での延長許可をいただき、9月3日の出港を9月4日10時に延期いたします。卒業生で内海水先人の方からも助言をいただき、小部湾等に避難している船舶が多数いる可能性、瀬戸内海の主要航路を夜間や大雨により学生実習の見学できないことを考慮し、1日延期いたします。
 途中小豆島で時間調整を行い、予定表通り、9月6日日火曜日大阪入港、清水も予定表通り9月10日土曜日入港予定といたします。よろしくお願いいたします。

乗船者:乗船漁業実習珪菫コ慇22名(男子15名・女子7名)、乗組員22名 合計44名
2011年9月2日(金)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka