Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  神鷹丸 第72次航海        東京海洋大学  海洋科学部

02月28日(木)
02月27日(水)
02月26日(火)
02月25日(月)
02月24日(日)
02月23日(土)
02月22日(金)
02月21日(木)
02月18日(月)
02月17日(日)
02月16日(土)
02月15日(金)
02月14日(木)
02月13日(水)
02月12日(火)
02月11日(月)
02月10日(日)
02月09日(土)
02月08日(金)
02月07日(木)
02月06日(水)
02月05日(火)
02月04日(月)
02月03日(日)
02月02日(土)
02月01日(金)
01月31日(木)
01月30日(水)
01月29日(火)
01月28日(月)


[最新の10件]


2月28日(木)浦安沖投錨報告
2/27 23時23分 浦安沖投錨
 
東京湾に入るまで強風に見舞われましたが、無事浦安沖に投錨しました。 浦安沖にて帰港に備えた整備準備作業を行います。明日抜錨し09時の東京西航路の入航信号で東京月島水産埠頭F6で向かいます。

大学から神鷹丸までの距離:約8マイル(約15km)
海鷹丸から神鷹丸までの距離:約3244マイル(約6008km)
2008年2月28日(木)

2月27日(水)正午位置報告
船位:34°04.22′N、138°18.46′E(御前崎南方55km)
天気:晴れ、    風 :W/N  22.0m/s、  波高:4.5m
気温:05.9℃、 水温:15.0℃
針路:065度   船速:10.5ノット

 発達した低気圧の影響で大時化です。有義波高4.5mで風速25m/sを超え難儀しました。正午に風と波を船尾から受けるように変針しましたので楽になりました。今夜東京湾に入り浦安沖に投錨予定です。
2008年2月27日(水)

2月26日(火)正午位置報告
船位:29°48.55′N、137°19.00′E(鳥島西方270km)
天気:晴れ、    風 :SW/Wm/s、  波高:2.0m
気温:17.0℃、 水温:19.4℃
針路:015度   船速:12.0ノット

風が北から南に変わり今夜発達しながら東に進低気圧の影響を受け始めました。一日で発達しながら経度20度進む低気圧で、今夜から明日にかけて相当時化られる見込みです。新島付近で4mを超える波が予想されています。

大学から神鷹丸までの距離:約370マイル(約685km)
海鷹丸から神鷹丸までの距離:約3301マイル(約6113km)
2008年2月26日(火)

2月25日(月)正午位置報告
船位:25°18.87′N、136°47.29′E(硫黄島西方440km)
天気:晴れ、    風 :N  10.1m/s、  波高:2.2m
気温:17.1℃、 水温:20.8℃
針路:020度   船速:10.0ノット

 海図で小笠原諸島が見えるようになってきました。
有義波高は2.2mと小さめですが、前方より先日発達した低気圧からの4mを超すうねりが押し寄せ、速力を上げることが出来ません。学生は2日間の甲板石擦り体が慣れたようで船酔いの学生は見あたりません。課業の提出課題未消化分の作成や、新たな課業で活字漬けになりしばらく離れていた現実に戻りつつあります。
2008年2月25日(月)

2月24日(日)正午位置報告
船位:21°11.60′N、136°13.54′E (沖ノ鳥島北方92km)
天気:晴れ、    風 :N  11.6m/s、  波高:1.3m
気温:22.8℃、 水温:24.9℃
針路:012度   船速:11.4ノット

 今朝沖ノ鳥島の1マイル沖を通り、できたばかりの日本最南端の灯台を確認しました。学生も滅多に来ることが出来ない場所なので手作りのプラカードを持って記念撮影を行っていました。近くには海上保安庁の灯台補給船つしまが漂泊していました。北の高気圧からの風に変わりましたので気温が昨日より4℃下がり日本が近いことが感じ取れます。
2008年2月24日(日)

2月23日(土)正午位置報告
船位:16°20.51′N、135°22.78′E (GUAM島西北西)
天気:晴れ、    風 :E/N  08.5m/s、  波高:2.1m
気温:27.1℃、 水温:27.4℃
針路:007度   船速:10.5ノット

 少し風は弱くなってきましたが相変わらず横揺れしています。
 機関当直実習も終わり、今日から2日間甲板の石摺りです。例年ですとこれから北上に伴って1日に2℃気温が下がっていきます。海が凪ぐのを待っていると寒くなってしまいますので波をかぶりながらの石摺りです。
 今日は16時20分頃ブロードバンド衛星の打ち上げです。前方の北緯30℃付近に切り離したロケットの落下危険水域がありますが、本船には影響ありません。
2008年2月23日(土)

2月22日(金)正午位置報告
船位:12°10.91′N、134°51.43′E (パラオ北方)
天気:晴れ、風 :ENE10.0m/s、 波高:3.0m
気温:28.5℃、 水温:28.5℃
針路:007度   船速:10.7ノット

 天気は晴れですが高気圧の縁の高波高域に入っていますので揺れています。学生の1/3は青い顔をしています。昨日から機関入直が始まりました。油くさい機関室は慣れない学生には大変なようです。
高気圧の中に入ってしまえば少しは凪ぐと思われますが、東京入港前は大時化が予想されますので、ここで我慢して体を慣らしておけばその時は大分楽になると、学生に叱咤激励しています。

大学から神鷹丸までの距離:約1431マイル(約2651km)
海鷹丸から神鷹丸までの距離:約3364マイル(約6231km)
2008年2月22日(金)

2月21日(木)パラオ出航報告
船位:07°38.61′N、134°24.75′E (パラオ西岸)
天気:晴れ、風 :ENE 09.6m/s、 波高:1.5m
気温:29.1℃、 水温:28.9℃
針路:347度   船速:12.0ノット

 09:53 マラカル港出航
 11:22 パイロット下船
 
パラオマラカル港を出港しました。現在パイロットが下船し北上を開始したところです。今回のパラオ滞在は天候も良く、何のトラブルもなく見学休養補給終えました。学生乗組員もパラオを満喫した様です。出港時は少々風が強かったものの天候も良くリーフが色鮮やかに見えていました。

写真は2001年にパラオ寄港の際に撮影した,リーフ内の航路からの景色になります。

大学から神鷹丸までの距離:約1740マイル(約3156km)
海鷹丸から神鷹丸までの距離:約3110マイル(約5760km)
2008年2月21日(木)

2月18日(月)パラオ入港報告
10時44分パラオ マラカル港に入港しました。入港時天候も良く環礁の鮮やかな色を見る事ができ、学生は我慢して来た甲斐があるといっていました。昨年ほど湿気もなく過ごしやすいパラオです。
船長機関長で日本大使館を表敬訪問し注意事項等の情報交換を行い、聞いた情報を元に乗組員学生に注意事項を伝達し、上陸を許可しました。学生は15時半からパラオ国際珊瑚礁センターの水族館を見学に出かけました。

大学から神鷹丸までの距離:約1721マイル(約3187km)
海鷹丸から神鷹丸までの距離:約3092マイル(約5726km)
2008年2月18日(月)

2月17日(日)正午位置報告
船位:05°07.86′N、135°40.32′E (パラオ南東130海里)
天気:曇り、    風 :NW  06.0m/s、  波高:1.9m
気温:27.2℃、 水温:28.9℃
針路:310度   船速:10.0ノット

 パラオ向け航走を開始しました。入港時間調整のため速力を落として航走しています。明日09時パイロットが乗船しリーフの中に入り10時40分頃入港着岸の予定です。 学生乗組員は入港に向けての船体外舷清掃を行っています。
2008年2月17日(日)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka