Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  神鷹丸 第70次航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月09日(水)
08月08日(火)
08月07日(月)
08月04日(金)
08月03日(木)
08月02日(水)
08月01日(火)
07月31日(月)
07月29日(土)
07月28日(金)
07月27日(木)
07月26日(水)
07月25日(火)
07月24日(月)
07月23日(日)
07月21日(金)
07月18日(火)
07月16日(日)
07月15日(土)
07月14日(金)
07月13日(木)
07月12日(水)
07月06日(木)


[最新の10件]


8月9日(水)東京港帰港報告
8月9日(水)14時15分 有明MP埠頭着岸
 
 東京有明MP埠頭に着岸帰港し第67次実習航海を終了致しました。台風7号の影響で昨夜から雨、風、うねりの影響を受け難儀しましたが何とか切り抜け無事東京に帰ってきました。
 学生は港内の静かな環境で今日明日と修了試験等を行い、合格した者は明日実習修了し下船の予定です。
2006年8月9日(水)

8月8日(火)正午位置報告 神鷹丸
船位:37°38.02′N、142°22.31′E(仙台沖)
天気:晴れ、    風 :SSW 6.0m/s、 波高:1.7m
気温:23.5℃、 水温:22.7℃
針路:195度、  船速:12.5ノット

 津軽海峡を抜け太平洋に入り南下しています。
 昨夜八戸沖から今日11時仙台沖までまで濃霧の中の航海でした。
 濃霧を抜けると今度は台風7号のうねりが来ており縦揺れしています。学生は揺れにも慣れ皆元気で甲板石摺りを行っています。
 台風7号が関東に接近しそうですので、東京帰港を1日は早め、明日13時過ぎ東京に帰港予定です。
2006年8月8日(火)

8月7日(月)青森港出港報告
8月7日(月)11時02分 青森港出港
 
 青森港より東京向け出航致しました。
 青森港では天候に恵まれ、青森ねぶた祭最中で学生も十分に青森を満喫したようです。青森港には神鷹丸入港中に客船パシッフィックビナス、にっぽん丸、飛鳥兇相次いで入港し、乗組員の本学卒業生が神鷹丸を訪ねて来て、近況を報告してくれました。
 これより東京向け南下しますが、台風7,8,9号が相次いで発生し台風7号の影響が考えられますが、何とか影響が少なく東京に着ければと思っています。学生も青森ねぶた祭り疲れたようですが皆元気です。
 これより実習の最終仕上げを行います。
2006年8月7日(月)

8月4日(金)青森港入港報告
8月4日(金)13時38分 青森堤埠頭着岸入港
 
 小樽沖から青森港までは少し風が強かったせいか濃霧にもならず無事青森港に入港しました。青森は東北3大祭りの一つ青森ネブタ祭りが開催されており、街はネブタ一色です。神鷹丸の着岸している岸壁も全国から集まった観光バスの駐車場になっており、数えきらないほどのバスが駐車しています。
 学生は課業終了後、待ちに待ったネブタの街青森に上陸して行きました。小樽から乗船した調査員も青森で下船します。
2006年8月4日(金)

8月3日(木)正午位置報告
船位:43°58.45′N、140°38.21′E(小樽沖)
天気:曇り、    風 :SW 12.3m/s、 波高:1.2m
気温:23.5℃、 水温:20.8℃
針路:204度   船速:11.4ノット

 今朝02時過ぎ宗谷海峡を抜け納沙布岬沖で最後の海洋観測をおこないオホーツク海での観測実習終えました。観測が順調に進み予定より1日早く終了しました。
 現在前線の影響で少々時化気味ですが青森向け航走しています。明朝青森港外に到着予定です。
2006年8月3日(木)

8月2日(水)正午位置報告
船位:44°51.82′N、143°17.70′E(雄武沖)
天気:曇り、    風 :SE/E 4.0m/s、 波高:0.8m
気温:15.4℃、 水温:14.0℃
針路:船速:Var’ly

 現在北海道東岸紋別北方の雄武沖で海洋観測を行っています。
昨日と同じくオホーツク海高気圧の影響で東からの涼しすぎる風が吹いており防寒ジャンパーを着て観測を行っています。今のところ霧も出ず順調に全員元気で観測を行っております。本日夕方雄武沖の観測終了の予定です。
2006年8月2日(水)

8月1日(火)正午位置報告
船位:44°43.77′N、143°05.19′E(雄武沖)
天気:晴れ、    風 :E 8.0m/s、 波高:0.8m
気温:17.3℃、 水温:19.0℃
針路:船速:Var’ly

 昨夜宗谷海峡を抜けオホーツク海に入りました。
 現在北海道東岸紋別北方の雄武沖で海洋観測を行っています。
 オホーツク海高気圧の影響で東からの涼しすぎる風が吹いており防寒ジャンパーを着て、霧が出ないことを祈って全員元気で観測を行っております。明日夕方観測終了の予定です。
2006年8月1日(火)

7月31日(月)小樽港出港報告
7月31日(月)10時56分 小樽港出港
 
 小樽港よりオホーツク紋別沖調査海域向け出航致しました。
小樽より北出助教授、D3大学院生2名、M2大学院生1名 計4名が乗船しました。
 小樽は天候に恵まれ、また潮まつり最中で昨夜は花火大会もあり、学生は小樽を満喫したようです。
 港外には13時入港の水産大学校耕洋丸が時間調整で錨泊しており、エールを交換し船首をオホーツク海に向けました。
2006年7月31日(月)

7月29日(土)小樽港入港報告
 7月29日(土)13時02分 小樽港入港
 昨夜は風も弱く絶好の実習日和になり昨夜20時より今朝の04時まで2回目のイカ釣り実習を行いました。お陰で神鷹丸としては近年になく多くのイカの顔を見ることが出来ました。
 実習終了後航走し、潮祭り真っ最中の小樽港に入港しました。、それも小樽潮祭りイベント会場のすぐそばの埠頭に横付けしました。結構人通りがあり両舷船側に東京海洋大学の横断幕を掲げていますので、大学の宣伝になるのではと思っております。明日はすぐ側で花火大会ありますので今日以上に賑やかになりそうです。
 出航は31日(月)11時の予定です。
2006年7月29日(土)

7月28日(金)正午位置報告
船位:41°05.24′N、138°30.20′E(津軽海峡西方)
天気:曇り、    風 :SE/E 6.5m/s、 波高:0.6m
気温:21.4℃、 水温:21.0℃
針路:013度、  船速:12.6ノット

 昨夜から今朝にかけイカ釣り実習を行いました。風もほとんど無く絶好の
イカ釣り日和でしたが朝02時頃より低気圧の影響で雨が降り出しました。
 スルメイカの型は小型ですが、学生の実習にはちょうど良いくらいの釣穫で、手釣りで10杯ほど釣り上げた学生もいましたが、雨がひどくなってきましたので実習時間を2時間ほど早く切り上げ、前線の北側の次の漁場に向け航走を開始しました。
12時頃雨域を抜け日差しが出てきました。風が少しありますがこれ以上強くならないことを祈って、次の実習海域に向かっています。今夜20時頃奥尻島北側の実習海域で実習を開始する予定です。
2006年7月28日(金)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka