神鷹丸 第5次航海        東京海洋大学  海洋科学部

09月12日(火)
09月11日(月)
09月10日(日)
09月08日(金)
09月07日(木)
09月04日(月)
09月03日(日)
09月02日(土)
09月01日(金)
08月31日(木)
08月29日(火)
08月28日(月)
08月24日(木)
08月23日(水)
08月22日(火)
08月21日(月)
08月20日(日)
08月19日(土)
08月18日(金)


[最新の10件]


神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年8月28日 釜山出港
8月28日韓国海洋大学の練習船での訓練があるということもあり、6時前から調査員及び本船での出国手続きを行いました。

7時35分にパイロットが乗船し、7時45分韓国海洋大学専用岸壁を離岸出港しました。

韓国海洋大学PARK学長等のご厚意により練習船“HANNARA”を沖錨泊してもらっての岸壁をお借りするということで大変申し訳なく思っておりかつ大変感謝する次第です。

8月24日は、本学主体の日中韓海洋系大学とのシンポジュームと交流会、8月25日は、快鷹丸の慰霊碑参拝と慶州見学、8月26日は関係者への船内公開 (準備・案内・片付け)などを行いました。

学生達は座礁沈没した練習船の慰霊に献花して黙とうを行い、大学の歴史の一部として新たな認識を得たようです。
また一般公開では英語や簡単なハングル語で、見学者への対応を行い、学生にとっても良い交流ができたようです。

シンポジュームでは、竹内学長・東海理事・教務課や国際協力課の方々及び交流学生での挨拶や講演が行われた交流事業に本船も参加することができ、新しいタイプの練習船としての神鷹丸を紹介できたかと思います。

学内では、商船系や海洋警察学科などの学生対象にSOLASの退船訓練など数百人規模での訓練を実施しており、号令などの大きな声が学内に響き緊張感がよく伝わりました。

学生達は、それぞれ自由時間において釜山での有意義な時間を過ごし、リフレッシュしたようです。
本日は対馬西方海域において、漂流物観測を行いながら南下し、明日29日9時には長崎港に寄港する予定です。
現在代理店を通じて、日本への入国手続き(税関・検疫他)と資格変更手続きの準備を進めています。

8月28日7時45分 韓国海洋大学専用岸壁(釜山)出港

正午位置:34-33.95N 129-08.93E 対馬西方沖
天候:晴れ 風:南西 3.0m/s 波高:0.7m
針路:180° 船速:9.6ノット
気温:27.6℃ 水温:27.9℃ 気圧1012.9hPa

乗船者:乗船学生(男子14名、女子7名)   21名
乗組員               22名
調査員               1名
       計             44名
2017年8月28日(月)

copyright (c) 2005Umitaka