神鷹丸 第5次航海        東京海洋大学  海洋科学部

09月12日(火)
09月11日(月)
09月10日(日)
09月08日(金)
09月07日(木)
09月04日(月)
09月03日(日)
09月02日(土)
09月01日(金)
08月31日(木)
08月29日(火)
08月28日(月)
08月24日(木)
08月23日(水)
08月22日(火)
08月21日(月)
08月20日(日)
08月19日(土)
08月18日(金)


[最新の10件]


神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年9月12日 東京帰港
9月12日は大島から東京湾に入り、浦賀水道航路や中の瀬航路を北上して、東京西航路から12時42分月島埠頭F5に帰港着岸しました。

学生達は終了試験も終わり、今日は外舷清掃や雨具などの片付けを行っています。
東京西航路から東京港に入り、最後のレインボーブリッジをくぐって、海鷹丸となりのF5岸壁に帰港しました。

入港時は、海鷹丸の乗組員・専攻科学生に作業のお手伝いをいただきました。
学生達は、明日明後日の無線関係の国家試験準備のため、もうひと頑張りしています。

明日はごみ収集や燃料積込みなど行い、15日に下船式を行い乗船漁業実習靴亮遜を終了します。

今航海では、釜山での韓国海洋大学との交流や快鷹丸遭難碑訪問では、学長をはじめ大学関係者やOB会の皆様に大変お世話になりました。
また韓国海洋大学の学長をはじめ練習船の皆様には、岸壁利用を許可いただき大変助かりました。

東シナ海でのトロール操業の後、ニチモウの研究所見学や下関大学校との交流会は、学生達にとって大変有意義な時間となったと思います。
関係各位にお礼申し上げます。

9月12日12時42分 東京月島埠頭F5 着岸
9月15日下船予定

正午位置:33-39.09N 139-46.03E
天候:晴 風:南西 9.0m/s 波高:1.0m
針路:306°船速:8.5ノット
気温:27.3℃ 水温:23.6℃ 気圧1006.0hPa
2017年9月12日(火)

神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年9月11日 熊野灘から遠州灘沖
9月11日明石海峡航路から大阪湾(友ヶ島水道)を抜け紀伊水道を南下し、潮岬で変針して神子元島灯台変針点をめざしています。

前線の影響で今日未明から大雨となりましたが、朝には晴れて、風はありますが、太平洋岸としては穏やかな海況となっています。

昨日は内海航路を各班でまとめて発表会を行いました。海上交通安全法や港則法において瀬戸内海での重要航路を体験し、それぞれの認識を共有するため、
学生達は、保安部の各マーチス等の最新安全情報を調べて、各班で整理・取りまとめて、今回神鷹丸の航跡から航路航法の説明を行いました。

13日と14日は東京での無線の国家試験受験のため、今日から修了試験を行っており、学生達は忙しく試験対応に励んでいます。
台風によるうねりもなく順調に航行しており、12日13時の東京帰港に合わせ時間調整を行いながら航行しています。

今夜には伊豆沖の神子元島変針点に到達し、翌朝東京湾に入域して浦賀水道航路・中の瀬航路を経由して昼に東京西航路に入る予定です。

正午位置:33-54.15N 137-17.76E
天候:晴 風:南東 8.9m/s 波高:1.0m
針路:064°船速:8.5ノット
気温:27.1℃ 水温:27.3℃ 気圧1014.4hPa
2017年9月11日(月)

神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年9月10日 高松港出港
9月10日9時02分フェリーの入出港をまって高松港サンポート5万トン岸壁を出港し、備讃瀬戸東航路に入り、小豆島東の播磨灘から明石海峡に向かって、東航しています。

高松港では、SOLAS対応として仮設したフェンスの中にタラップをおいて、常時ガードマンが警備に従事していました。
学生達は上陸して、金毘羅さんやうどんを楽しみ、リフレッシュできたようです。

寄港地では、街の方々からよく声をかけていただくことが多いですが、
高松では、特に日本将来を期待している旨のことばをかけられた学生もおり、引き締まった思いで、今後も頑張る気持ちになっているようです。
天候は安定して、穏やかな海況で航行してます。本日は本船で航行し体験した瀬戸内海航路についての発表会を行います。

船は行きと同じ航路を逆に進む明石海峡航路、大阪湾から友ヶ島水道(由良瀬戸)を抜け紀伊水道を南下して潮岬で変針して東京湾をめざします。

9時02分 高松港出港

正午位置:34-25.90N 134-27.93E
天候:晴 風:北東 3.9m/s 波高:0.3m
針路:068° 船速:8.6ノット
気温:26.2℃ 水温:27.3℃ 気圧1015.1hPa

乗船者:乗船学生(男子14名、女子7名)  21名
乗組員               22名
       計              43名
2017年9月10日(日)

神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年9月08日 備讃瀬戸航路から高松港着岸
9月7日伊予灘から釣島水道を通過して19時09分愛媛県今治市小部湾に錨泊しました。

9月8日5時33分に抜錨して、来島海峡航路(西水道)を航行し、来島海峡大橋をくぐって燧灘(ひうちなだ)から備後灘を東航し、備讃瀬戸航路(備讃瀬戸南航路-水島航路接合部-塩飽瀬戸-備讃瀬戸東航路)を航行して瀬戸大橋をくぐって、宇高西航路から高松港をめざして航行しています。
13時10分のフェリーの出港を待って、高松港航路に入ります。
学生達は朝早くからスタンバイで配置につき約2時間の来島海峡航路を実際に体験しました。

本日は天候に恵まれて、大変さわやかな朝を迎えました。日の出の太陽をあび、眠い目をこすりながら長い一日が始まりました。

これより内海航路における海上交通安全法にあるさまざまな航路を実体験することができました。
13時29分に高松港サンポート公共ふ頭に着岸しました。

出港は、9月10日9時の予定です。

19時09分 小部湾錨泊
05時33分 小部湾抜錨
13時29分 高松港着岸

正午位置:34-17.63N 133-48.02E
天候:晴天 風:北 3.9m/s 波高:0.3m
針路:079° 船速:10.5ノット
気温:25.8℃ 水温:27.2℃ 気圧1010.3hPa
2017年9月8日(金)

神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年9月07日 下関港出港伊予灘
9月7日6時50分下関港第一突堤を離岸出港し、関門大橋をくぐって、関門港航路から周防灘そして伊予灘を東に航行しています。

本日日没後、愛媛県小部湾に錨泊して、明日早朝に来島海峡を通過し午後高松港に向かう予定です。

下関寄港中は、IDチェックの厳しいSOLAS岸壁に着岸し、学生達は外航船での保安状態を経験できました。

6日にはニチモウ工場(トロール網と巻き網の研究施設やロープ素材の研究所などを見学し)、午後から水産大学校との交流会を実施しました。
水産大学校理事や校長先生、学科長や校務部長の方々にご挨拶いただき、同じ専攻科を目指す航海系の4年次学生24名との意見交換会や学校施設見学も行いました。
学生達は、近い将来、同じ船舶職員としてのお互いに交流し有意義な時間を過ごしたようです。

また4日には下関では三菱重工業下関造船所の保証担当者と、読み合わせを行い、保証工事の整理を行いました。
まだ様子見のままの項目やなお修理必要な項目を整理しできるだけ早い解決をお互い確認しました。

5日にはバラスト水条約の検査を行い、翌日に海防法の新たな証書を発行していただきました。

前線の影響で本日はあいにくの雨となり、もやの中での関門航路や周防灘・伊予灘となっています。
トロールウインチの整備が終わり、トロール網の巻込み作業を行い、元の広い後部甲板に戻りました。
大雨注意報が出ており、湿気も多いですが、皆元気で実習に励んでいます。

6時50分 関門港下関区出港

正午位置:33-44.63N 131-48.02E
天候:雨 風:南 7.7m/s 波高:0.3m
針路:102° 船速:8.5ノット
気温:25.2℃ 水温:25.4℃ 気圧1004.3hPa

乗船者:乗船学生(男子14名、女子7名)  21名
乗組員               22名
       計              43名
2017年9月7日(木)

神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年9月04日 関門港下関区入港
9月4日8時41分に六連沖を抜錨し、関門海峡航路に入りました。
9時35分に関門港下関区(SOLAS商業岸壁)第一突堤13号に着岸しました。

本日4日は三菱重工業と本学の両者で、今年3月までの保証期間内で解決しなかった継続項目について最終確認を行います。
なおいくつかの保証工事について下関にて施行します。

明日5日はバラスト水条約のJG検査を受験し、またトロールウインチの点検作業と底引き網の巻き込み作業を行います。

6日学生達は、ニチモウの編網工場や研究所などを見学して、午後から水産大学校において学生交流会を行います。
下関出港は、9月7日の潮流が変わる時間帯の7時予定です。

8時41分 六連沖抜錨
9時53分 関門港下関区入港

正午位置:33-56.63N 130-55.46E
天候:曇り 風:東 6.7m/s 波高:0.5m
針路:船速:停泊中
気温:25.0℃ 水温:26.9℃ 気圧1015.6hPa

乗船者:乗船学生(男子14名、女子7名)   21名
乗組員                   22名
調査員(下関にて下船)           2名
       計             45名
2017年9月4日(月)

神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年9月03日 六連東方錨地
9月2日16時30分に関門海峡日本海側の六連東方沖の錨地に錨泊しました。
9月3日は気圧も上がり高気圧の中に入って、穏やかに晴れた天気となりました。

本日は、朝からトロールネットワイヤーの撚り抜き作業やオッタ―ボードやウインチの整備作業及び網干しを行っています。

午後からもカッパや作業用救命胴衣の清水洗いや船体の外舷清掃を行います。
学生達は、今回初めて大しけに遭遇し、揺れの中で大変でしたが作業や課業を経験して、個々の揺れへの対応が体験できたと思います。
明日は、8時30分から抜錨して、関門海峡を日本海側から航路に入り、関門海峡大橋の手前の関門港下関区第一突堤13号に10時頃着岸予定です。

着岸後は、三菱重工業と保証工事の残工事についての整理を行います。

16時30分 六連沖錨泊

正午位置:33-47.45N 130-53.84E
天候:晴れ 風:北東 3.4m/s 波高:3.0m
針路:船速:錨泊中
気温:26.5℃ 水温:26.5℃ 気圧1013.0hPa
2017年9月3日(日)

神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年9月02日 玄界灘
9月1日東シナ海でのトロール操業実習を終了し、下関に向けて航行しています。

昨夜は、高気圧の張り出しか、瞬間風速23m/sの北東の強風が吹き、波高はすぐに5m
を越えて海は大しけになりました。
船はピッチングが続き、船首から海水をすくい上げ、砕けた海水は船体ハウスを越えて船尾の甲板に打ち込みました。

学生達には少し辛い航海当直となったようです。
風が真向いの進路を避けて五島列島の島影に沿って東進し、日が変わることやっと平均18m/sあった風速は16m/s以下になりました。

朝方には強風海上警報は解除となり、揺れもやや収まって朝食には、茹でたヒラツメガニや有頭エビの味噌汁、イカの煮つけ、レンコダイの刺身など、量は少ないですが、みんなで分け合って東シナ海のサカナを賞味することができました。

日没頃には六連島沖に投錨し、明後日の9月3日は、オッタ―ボードワイヤーやウインチの整備及び網干しを行います。

正午位置:33-47.11N 130-07.40E
天候:晴れ 風:北東 10.0m/s 波高:3.0m
針路:055°船速:10.0ノット
気温:25.2℃ 水温:26.4℃ 気圧1009.9hPa

2017年9月2日(土)

神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年9月01日 東シナ海 男女群島西方
8月31日MN頃に東シナ海の北部漁場に到着し、漂泊して時間調整を行い、8時30分からトロール操業作業を開始しました。

台風15号と大陸からの高気圧に挟まれて、北寄りの風が強く、うねりは2mほどになっています。
天気は青空が見えてよいのですが、海況は白波が立ってあまり良くありません。

夕方からの更に海況が悪化する予報のため、明日のトロール操業実習を取りやめて、針路を東として東シナ海から離脱します。

学生達は、魚種や魚体測定、トロール漁労装置の把握、オッタ―ボードやワイヤー作業を体験し、トロールの操業の手順を理解しています。
漁獲されたレンコダイ・マトウダイやアジ、ヒラツメガニ・ウチワエビなど魚種別に魚体長を測定するなどデッキはパンに仕分けされた魚でいっぱいとなり整理に忙しくしています。
キダイは鱗を落とされ焼き物用として冷凍します。

これより網洗いを行い、オッタ―ボード固縛後、航走を開始して明日以降、トロール機器やワイヤーやオッターボードの整備のため六連沖の錨地に向かいます。

正午位置:31-57.53N 127-26.98E
天候:晴れ 風:北東 10.7m/s 波高:1.8m
針路:205°船速:3.0ノット
気温:27.7℃ 水温:29.8℃ 気圧1009.1hPa
2017年9月1日(金)

神鷹丸(乗船漁業実習掘帽匈す堝以鷙陝 (神29年8月31日 長崎出港
8月30日に漂流物の調査員が1名乗船して計2名となり、漂流物と底引き網に入る海底のごみ調査も行います。

8月31日8時47分に長崎港出島埠頭を離岸して、長崎港航路を出港して、一路東シナ海の漁場を目指しています。
学生達は、釜山とはまた違った雰囲気の長崎の街にて、各々に自由時間を満喫し、中には軍艦島など見識を深くする学生もいたようです。

現在天気は、晴天ですが、明日以降、大型の台風15号から遠く離れた九州西部にも影響がでる予報がでています。
既に北寄りの風が強く、うねりも少しずつ大きくなってきているようです。

明日未明には漁場に到着し、時間を調整して、朝8時30分からオッタ―ボードのチェーン固縛を開放してトロール準備作業を開始します。
当初、数日間の予定でしたが、海況が悪化することから、トロール操業実習は明日の状況次第で操業実施を考慮したいと思います。

8月31日8時47分 長崎港出港

正午位置:32-33.97N 129-21.79E
天候:晴れ 風:北北東 12.0m/s 波高:1.1m
針路:245°船速:9.0ノット
気温:26.8℃ 水温:27.3℃ 気圧1007.2hPa

乗船者:乗船学生(男子14名、女子7名)   21名
乗組員                    22名
調査員                    2名
       計              45名
2017年8月31日(木)

Page/ [1] [2]
copyright (c) 2005Umitaka