神鷹丸 第4次航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月10日(木)
08月09日(水)
08月08日(火)
08月07日(月)
08月06日(日)
08月05日(土)
08月04日(金)
08月03日(木)
08月02日(水)
08月01日(火)
07月31日(月)
07月28日(金)
07月27日(木)
07月26日(水)
07月25日(火)
07月23日(日)
07月22日(土)
07月21日(金)
07月20日(木)
07月19日(水)
07月16日(日)
07月15日(土)
07月14日(金)
07月13日(木)
07月12日(水)


[最新の10件]


神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年8月3日 三陸気仙沼沖 流し網操業終了
8月2日水温17℃の許可海域(岩手県沖合)において午後から流し網(1000m)を投網して設置しました。

日没後は、他船から避航してもらうために甲板上の作業灯を点灯し、またサーチライトで流し網の位置や存在を明示しました。

設置時間的に短かったのですが、21時から揚網して、イワシ・サバ・イカなど計数百匹の漁獲を得ました。
学生達からは歓声が上がり、漁労作業の辛さも忘れて、計測や網の整備に従事していました。

計測データは水研などに送り、資源調査資料として有効に使用されます。
網に刺さった魚は、頭部が切れるものが多く、計測の後、船内での消費や延縄の餌として使用する予定です。
今回も漁業情報サービスセンター及び近海カツオマグロ協会からの貴重な情報によって安全操業ができました。
操業後は夜中まで網や漁労装置の片付けを行い、気仙沼に向けて航行しています。

3日は霧の予報もありましたが、空は晴れて、船首の波切の音が心地よく体に響き渡ります。
午前中、組み立て式の流し網漁労装置の片付けやうろこがついた網洗いなど行っています。

14時前に気仙沼港の入口に到達し、カキ養殖いけすなどに十分注意して、15時、気仙沼の商業岸壁(朝日埠頭)に寄港着岸する予定です。

正午位置:38-56.11N 141-49.94E 三陸気仙沼沖
天候:晴れ 風:北東 5.8m/s 波高:1.0m
針路:232度 船速5.1ノット
気温:20.6℃ 水温:19.9℃ 気圧1013.8hPa
2017年8月3日(木)

copyright (c) 2005Umitaka