神鷹丸 第4次航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月10日(木)
08月09日(水)
08月08日(火)
08月07日(月)
08月06日(日)
08月05日(土)
08月04日(金)
08月03日(木)
08月02日(水)
08月01日(火)
07月31日(月)
07月28日(金)
07月27日(木)
07月26日(水)
07月25日(火)
07月23日(日)
07月22日(土)
07月21日(金)
07月20日(木)
07月19日(水)
07月16日(日)
07月15日(土)
07月14日(金)
07月13日(木)
07月12日(水)


[最新の10件]


神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月13日 大王崎沖
7月12日夕方東京湾を出て、相模湾の神子元島灯台から駿河湾に入り、以前衝突事故のあったことも教訓に、輻輳する船舶に注意して航行しました。
南寄りの風が強いものの、うねりは小さく、船橋当直での学生実習には最適な海況となっています。
船酔いの学生も見当たらず、正規での航海当直業務を覚えようと、学生達はみんな集中して実習に向かっています。
本日からニューストンネット観測においてマイクロプラスチックの採集と船橋から目視による漂流物観測を行っています。
天気予報では午後から梅雨前線の影響で雨となっており、尾鷲湾錨泊後の操練が心配ですが、現在のところ、どんより曇っていますが天候及び海況は穏やかです。
操練終了後抜錨して、明日未明には本州南端の潮岬灯台にて針路を変更し、紀伊水道を横断して、土佐湾を目指します。
航路に沿って多くの船舶が往来し、黒潮本流が潮岬に接岸して強い東流となっている速報がでており、どの程度の船速で乗り切れるかまだ分かりませんが、
明日明けてから足摺岬や室戸岬を見ることができると思っております。

正午位置:34-07.50N 136-36.55E 針路257度、速力8.5ノット
天候:曇り 風:南東 5.7m/s 波高:0.7m
気温:26.5℃ 水温:26.3℃ 気圧1010.2Pa
2017年7月13日(木)

copyright (c) 2005Umitaka