神鷹丸 第4次航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月10日(木)
08月09日(水)
08月08日(火)
08月07日(月)
08月06日(日)
08月05日(土)
08月04日(金)
08月03日(木)
08月02日(水)
08月01日(火)
07月31日(月)
07月28日(金)
07月27日(木)
07月26日(水)
07月25日(火)
07月23日(日)
07月22日(土)
07月21日(金)
07月20日(木)
07月19日(水)
07月16日(日)
07月15日(土)
07月14日(金)
07月13日(木)
07月12日(水)


[最新の10件]


神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月31日 函館港出港24時間延期
大型の台風5号の進路が不安定のため、日本海側か太平洋側のどちら側を北上するか判断が難しく、出港を24時間延期して様子を見ることにいたします。

出港予定変更 8月1日9時 函館港出港予定

乗船者:乗船学生(男子20名、女子16名)  36名
乗組員               22名
        計  58名
2017年7月31日(月)

神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月28日 函館港
7月27日19時から28日4時までイカ釣り操業を実施しましたが、前線による強風とうねりのため、「漁獲無し」と残念な結果となりました。
おとといから北寄りの風が強く、昨日からうねりの出てきており、気温は下がり、涼しいというより肌寒い体感となっております。

イカ釣り操業での漂泊中には、うねりによるローリングによって、この航海初めて船酔いする学生も数名いました。
航走してからは、津軽海峡の潮流にも乗り、28日6時には右舷に竜飛岬と左舷に白神岬を航行して、霧の中に見える緑の木々の断崖を見ながら、函館港に針路を向けました。

昼から函館港内に入り、12時37分に函館港中央ふ頭1号に着岸しました。
着岸後は、イカ釣り漁労機器の整備と次に行う流し網漁業の準備として、長さ40mの送網管の組立及びボールローラー等の設置及び作動運転を行います。
14時からは預けてある流し網を受け取り、1反40mの網を25反つなぎ、長さ1000mの流し網を作成します。

学生達は、夕方には作業を終了し、上陸の予定です。
7月31日月曜日に出港予定ですが、台風5号の台風情報に十分注意し、進路によっては、予定を変更することも考慮して対応したいと思います。

7月28日12時37分 函館港中央ふ頭1号岸壁
7月29日09時00分 同中央埠頭突端にシフト予定
7月31日09時00分 出港予定

正午位置:41-37.59N 140-32.93E 函館港
天候:曇り時々雨 風:北東 7.0m/s 波高:1.0m
気温:20.7℃ 水温:23.3℃ 気圧1010.9hPa

乗船者:乗船学生(男子20名、女子16名)  36名
乗組員                    22名
調査員              7名(当港にて下船)
     計                65名
2017年7月28日(金)

神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月27日 秋田沖
7月26日航海当直と半舷で機関当直を行い、18時から5時まで山形沖にてイカ釣り操業実習を行いました。
北東の風が強く、船は圧流され、イカ釣り漁具がまっすぐに水中に入らないため、イカの群れから餌木が遠ざかり操業に苦労しました。
数杯釣り上げた学生もいましたが、漁獲は100杯に至らず、残念な結果となり、漁業の難しさを痛感しています。

今夜は、津軽海洋の西側の許可水域でスルメイカ対象としては最後のイカ釣り操業となります。

明日午後には、一日早く函館港に寄港する予定です。
天候は、風がやや強くうねりも少しありますが、気温は25度と涼しく、過ごしやすい気候となっています。
天気図上では、複数の台風や熱帯低気圧が存在し、今後の台風の進路が心配です。

航海予定と気象庁予報を考慮し、十分注意して航海の判断をしていきたいと思っています。

正午位置:40-01.59N 139-05.93E 秋田沖
天候:晴れ 風:南東 4.5m/s 波高:1.0m
気温:25.4℃ 水温:24.8℃ 気圧1010.6hPa
2017年7月27日(木)

神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月26日 佐渡沖
7月25日16時から26日6時まで富山湾での音響調査を終了し、ネット観測と漂流物観測を行い、北上しています。

久々に晴れて青空のもと涼しい日本海となっています。
昨日から乗船実習の一環として機関当直に入直し、機関関連の業務の理解を深めています。

日没には漂泊して、イカ釣り実習を行います。

複数の台風や熱帯低気圧の進路や大きさが心配ですが、気象情報に注意して航行していきます。
明日はネット観測等行い、津軽海峡沖でのイカ釣り漁場に向かう予定です。

正午位置:37-03.99N 137-32.49E 佐渡沖
天候:晴れ 風:北北東 4.3m/s 波高:0.2m
気温:25.9℃ 水温:26.2℃ 気圧1008.7hPa
2017年7月26日(水)

神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月25日 伏木富山港出港
7月25日9時23分大雨で霧の富山港を出港しました。
寄港中はどしゃぶりの雨が降ったり止んだりを繰り返し、衣類の乾く暇がありませんでした。

それでも学生達は各々にイカ釣り操業実習の合間の休息として富山上陸を楽しんだようです。
本日は、ネット観測の後、CTDの海洋観測を行い、日没から明日朝まで富山湾直江津沖海域での音響調査を行います。

明日は、ネット観測を行いながら新潟沖に移動してイカ釣り操業を実施する予定です。

7月25日9時23分 伏木富山港富山区10号岸壁 出港

正午位置:36-45.63N 137-13.66E 富山湾
天候:雨のち曇り 風:北東 4.8m/s 波高:0.2m
気温:24.2℃ 水温:26.6℃ 気圧1003.6Pa

乗船者:乗船学生(男子20名、女子16名)  36名
乗組員                   22名
調査員                  7名
      計      65名
2017年7月25日(火)

神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月23日 伏木富山港入港
7月22日ネット観測の後、富山湾の許可水域にて、イカ釣り実習を行いました。
今回は、型のいいスルメイカが、少しですが揚りました。
2時30分に漂泊イカ釣り操業を終了して、7月23日9時18分伏木富山港富山区公共岸壁の10号に着岸しました。

前線の影響で、入港前から横殴りの土砂降りとなり、視界は真っ白で、ずぶぬれになっての入港作業となりました。
作業終了後、雨は上がり、神通川の風景を突然目の当たりにして、スタンバイの時間が雨の時間帯とずれていればとつくづく感じています。
明日の天候も心配ですが、バスにて富山での見学を予定しています。

本日は、これより課題の戻出の後、学生達は上陸します。
富山県公共岸壁ではSOLAS対応(無人のため21:45-8:00の間施錠)となっており、学生・乗組員は、門限の時間まで専用のカードキイによってゲートでの出入りすることになっています。

出港は、7月25日火曜日9時30分の予定です。

7月23日日曜日9時18分 伏木富山港富山区10号岸壁 着岸
正午位置:36-45.63N 137-13.66E 富山港
天候:曇り 風:西 5.4m/s 波高:0m
気温:25.8℃ 水温:27.1℃ 気圧1007.2Pa

宮津湾2区 18時31分 抜錨
乗船者:乗船学生(男子20名、女子16名)  36名
乗組員                  22名

    計                58名
2017年7月23日(日)

神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月22日 能登沖
7月21日午後から保安部にも連絡し、ボート上陸で日本三景の天橋立を見学しました。
18時31分宮津湾を抜錨し、能登半島の西側を北上しています。
南西の風により、この航海初めて、船体が緩やかですが横揺れ(ローリング)しています。
少し荒れ気味の海況ですが、視界は良く、ネットや漂流物の目視観測も順調に実施しています。
学生達は揺れる中ですが、航海当直や作業にも慣れ、各々の役割をこなしているようです。
今夜、富山湾での許可水域内で、イカ釣り実習を行います。

明日は、伏木富山港(富山区)に入港する予定です。

正午位置:37-39.61N 137-09.39E 能登半島北部

天候:曇り 風:南西 7.5m/s 波高:0.1m
気温:29.7℃ 水温:27.1℃ 気圧1010.6Pa

宮津湾 2区 18時31分 抜錨

乗船者:乗船学生(男子20名、女子16名)  36名
乗組員                    22名
     計                 58名
2017年7月22日(土)

神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月21日 宮津湾錨泊

7月20日20時から7月21日4時まで、兵庫県沖(水深800m)の日本海にてイカ釣り実習を行いましたが、自動イカ釣り機のみの26杯となり、学生達の手釣りも残念ながら不漁でした。
4時から航行して、宮津湾に入り10時53分投錨しました。
天候には恵まれて、静かな海を航行しています。
台風がはるか日本の東方にできる予報となっており、今後気象庁など関連した情報に注意したいと思います。
昼からボート訓練と天橋立見学のためボート上陸の予定です。
日没前には、抜錨し、富山沖の漁場を目指します。

正午位置:35-32.85N 135-11.87E 宮津湾錨泊
天候:晴れ 風:南東 5.9m/s 波高:0.1m
気温:32.9℃ 水温:28.5℃ 気圧1011.0Pa

宮津湾2区 10時53分 錨泊
2017年7月21日(金)

神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月20日 隠岐諸島
もやのかかった中、水平線からの朝日が、風もなく湖のような水面の上に長く伸びています。
若干、霧の注意報が出ていますが、昼にかけて次第に青空となり、穏やかな日本海を航行しています。
漂流物での目視観測やネット観測や実施しながら、航海当直やイカ釣り準備を行っています。
日没頃から明日の日出前まで漂泊してイカ釣り操業実習を開始します。
自分達で選択した漁具がどの程度、効果があるか楽しみの様です。

正午位置:35-56.31N 132-57.61E 隠岐の島
天候:晴れ 風:南西 2.0m/s 波高:0.4m
気温:29.6℃ 水温:28.0℃ 気圧1009.3Pa
2017年7月20日(木)

神鷹丸(乗船漁業実習供帽匈す堝以鷙陝 (神29年7月19日 博多出港
博多港では、イカ釣り機や漁業灯漁具の準備とクレーンの保守作業を実施し、保証工事での船橋部分の塗装作業を行いました。

7月19日8時51分に博多港須崎5号を離岸出港して、航路を抜け、玄界灘を北北東に針路をとり航行しています。
寄港中、夕立程度はありましたが、ほとんど晴れており、学生達は各々に上陸して英気を養ったようです。
また船橋当直での見張りや航海日誌などのつけ方も少しづつ慣れてきているようです。

本日も天候に恵まれて、穏やかな日本海を航行しています。
漂流物観測を行いながら、明日からのイカ釣り操業実習を前に各自の漁具作成を行います。

博多港 須崎ふ頭5号 8時51分 出港

正午位置:34-02.57N 130-22.70E 出港
天候:晴れ 風:南西 4.8m/s 波高:0.5m
気温:28.8℃ 水温:28.0℃ 気圧1007.3Pa

乗船者:乗船学生(男子20名、女子16名)  36名
乗組員               22名
      計 58名
2017年7月19日(水)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka