神鷹丸 第3次航海        東京海洋大学  海洋科学部

02月24日(金)
02月23日(木)
02月22日(水)
02月21日(火)
02月20日(月)
02月19日(日)
02月18日(土)
02月17日(金)
02月16日(木)
02月15日(水)
02月14日(火)
02月13日(月)
02月12日(日)
02月11日(土)
02月10日(金)
02月09日(木)
02月08日(水)
02月07日(火)
02月06日(月)
02月03日(金)
02月01日(水)
01月31日(火)
01月30日(月)
01月29日(日)
01月28日(土)
01月27日(金)
01月26日(木)
01月25日(水)
01月24日(火)
01月23日(月)


[最新の10件]


神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告 2月15日(水)パラオ北東海域
 2月14日海上は時化て船は大きく揺れ、居室のいろいろな物が、床上を左右に走っています。2月15日になり更に風が強まり、うねり等のため、エンジンの負荷は大きいものの、船速はFULLで走れなくなり、やむなく沖ノ鳥島経由の針路を変更して航行しています。高気圧の張り出しのためか、北東の風が強く、うねりを伴い、海上は大しけです。アンチローリングタンクはフル稼働していますが、船は左右に最大32度傾き、机のものが飛ばないよう、床に降ろして固縛したり、手で押さえたりしている状態です。

 海鷹丸新船時の遠洋航海も大しけで、旧神鷹丸のはじめての長期航海もマラッカ海峡から日本まで大しけだったと聞いています。ずっと時化が続くことはないことを願いつつも、遅れないように調整していきたいと思います。

 学生達は、出港時より、船酔いするものはいなくなり、頼もしくなった感じがします。食事の時も活気があり、残りの作業ができるよう、海況が静まるのを心待ちにしているようです。明日も北上を続け、少し西寄りの針路として、風の影響が小さくなるよう航行したいと思います。

位置 11-46.74N、136-21.78E
天候:雨 風:北東 16.0m/s 針路:339 速力:7.8ノット
気圧 1012.5hPa 波高:6.4m 気温:26.7℃ 水温:28.4℃
2017年2月15日(水)

copyright (c) 2005Umitaka