神鷹丸 第3次航海        東京海洋大学  海洋科学部

02月24日(金)
02月23日(木)
02月22日(水)
02月21日(火)
02月20日(月)
02月19日(日)
02月18日(土)
02月17日(金)
02月16日(木)
02月15日(水)
02月14日(火)
02月13日(月)
02月12日(日)
02月11日(土)
02月10日(金)
02月09日(木)
02月08日(水)
02月07日(火)
02月06日(月)
02月03日(金)
02月01日(水)
01月31日(火)
01月30日(月)
01月29日(日)
01月28日(土)
01月27日(金)
01月26日(木)
01月25日(水)
01月24日(火)
01月23日(月)


[最新の10件]


神鷹丸乗船漁業実習(長期航海)航海報告 2月07日(火)カロリン諸島沖公海(west carolin basin)
 2月7日油を流したような、海面に微妙に映る船体の陰に、赤道無風帯に入ったことが実感できます。気象庁の天気図の熱帯低気圧は、発達して台風になることなく、フィリピンの東沖でとどまっており、北緯4度まで離れた本船海域では影響がないようです。

 パラオから200マイル離れ、午後から漁労機器のカバーを外し、事前運転や漁具等の陳列を行います。本日は、旗付きボンデンを岸壁や落水者に見立てて、操船訓練を行っています。一人ひとり全学生が船長役として、神鷹丸を自由に操船し、ボンデンの脇で船体を止める訓練を行っています。

 昨年乗船時に行った、操縦性能試験のデータをもとに、ウイリアムソンターンやツーターン、シンク゛ルターンやシャルノーターンを駆使して操船していますが、船を止めるタイミングが難しく何名かの学生は行き過ぎてしまいます。再チャレンジを希望する学生もおり、船橋は活気づいています。

 夕方から明日予定の漁場に到着し、明日4時から延縄漁具の投縄を開始します。周囲には他の漁具や漁船は見当たらず、海況は静かですが、湿度が非常に高く、汗だくの中、暑さに中止して実施したいと思います。

位置 04-56.57N、137-02.17E
天候:晴れ 風:南東 3.6m/s 針路:133 速力:8.0ノット
気圧 1006.4hPa 波高:1.3m 気温:29.4℃ 水温:29.8℃
2017年2月7日(火)

copyright (c) 2005Umitaka